子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年05月11日

お風呂の基本的な掃除方法。汚れをためない工夫や便利グッズなど

お風呂の基本的な掃除方法。汚れをためない工夫や便利グッズなど

毎日家族が利用するお風呂は、素肌に触れる場所のため清潔にしておきたいと考える方もいるかもしれません。今回は、お風呂掃除の基本的な方法や便利なグッズについてご紹介します。

お風呂の掃除の方法、仕方

お風呂は水を使うので、湿りやすくカビが発生しやすい場所でもあるため、日々の掃除が大切になります。特に汚れがたまりやすい浴槽や排水口は、短い頻度で掃除を行う方がよいかもしれません。

汚れはためると頑固なものになり、後から掃除をするのが大変だったという声も聞きます。床や壁、鏡などの場所は毎日とはいかなくても、週に1回程度は掃除しておくとよいかもしれません。

お風呂の掃除方法の手順

お風呂の基本的な掃除方法
© hiroshiteshigawara - Fotolia

お風呂掃除についての具体的な手順を確認していきましょう。

1.床や壁

はじめに専用の洗剤を吹きかけてスポンジなどでこすります。汚れがしつこい場合は、洗剤をかけて少し時間を置くと、カビなどを取り除けることもあるので試してみましょう。

スポンジでこすり終わったらシャワーで一気に洗剤を落とします。全体のお風呂掃除が終わったらタオルなどで水気をとるとカビが発生しにくくなるかもしれません。

2.浴槽

直接肌に触れる場所なので、お風呂の中でも特に清潔を保ちたい場所ではないでしょうか。こちらも床や壁同様に専用の洗剤を吹きかけて、スポンジなどでこすっていきましょう。

なかには、スポンジでこすらなくても洗剤のみで汚れが落ちるという便利アイテムも販売されています。

3.排水口

排水口は、お風呂掃除の中でも汚れがたまりやすいところのようです。はじめにたまった髪の毛を取り除きます。

その後、スポンジなどで汚れをこすって落としていきましょう。専用の洗剤や重曹を使うと汚れが取りやすくなるかもしれません。

あると便利なお風呂の掃除道具

お風呂の基本的な掃除に便利な掃除道具
i Stock.com/Jevtic

お風呂掃除に便利なアイテムをご紹介します。

重曹

重曹は汗や皮脂などの汚れ落としにも使われているので、お風呂掃除に役立つといえるかもしれません。使い方は、浴槽にたまった残り湯に重曹を溶かします。その後、バスチェアや洗面器などを入れてつけおきすると汚れがとれやすくなるようです。他にも重曹をペースト状にして汚れを落とす方法もあります。

はじめに重曹と水を3対1の割合で溶かしましょう。ペースト状になった重曹を浴槽や壁、床などに直接塗りつけます。そのまま30分程度放置した後スポンジで軽く磨いて流すと、汚れが取れやすくなるようです。

歯ブラシ

使い古した歯ブラシは、掃除に役立つアイテムのようです。壁や床などがタイルになっている家庭は、その溝や、排水溝の細かな部分もこすりやすくなるでしょう。

ラップ

キッチンで使うイメージのあるラップですが、実はお風呂掃除にも役立つアイテムのようです。使い方は、黒カビが発生している場所に専用のカビ取り洗剤を噴きかけ、その上からラップでパックします。パックしたあとはシャワーでしっかり流し、掃除完了です。

お風呂掃除の体験談

実際にお風呂掃除で大変だった経験があるママたちの体験談をご紹介します。

お風呂の黒カビ掃除

「お風呂掃除は小まめに行っているつもりでしたが、ある日床の境目にあるゴムパッキンに黒カビが発生していることを見つけました。一般的な洗剤を使ってもほとんど汚れが落ちなかったので、カビを落とす専用の洗剤を購入し、スプレーで吹きつけたあと、20分ほど放置してスポンジでこすったらきれいにとれました。

カビは掃除するのは大変なので、発生しにくくするために乾燥を徹底しようと思います」(30代/5歳男の子と3歳女の子ママ)

お風呂の天井を掃除

「お風呂の中でも、手が届かない天井掃除は気になっていたところです。役立ったアイテムは、持ち手部分が長いお掃除ワイパーです。その先にキッチンペーパーをつけます。洗剤を使用するときは、天井に直接噴きかけると自分の上に落ちてきてしまうため、キッチンペーパーに洗剤をつけて掃除をするよう注意しました。洗剤を塗るようにお掃除ワイパーで天井をこすり、10~15分程度放置してから洗い流しました。

シャワーで一気に洗い流すと手間がないと聞いたのですが、落ちてくる水が気になったため、濡れ雑巾で拭いていきました。毎日は難しいけれど、週に1回程は天井の掃除を行っていきたいです」(40代/8歳と5歳女の子ママ)

ついでの掃除で時間を短縮

「子どもがまだ小さく他の家事も時間がかかるため、お風呂掃除にあまり時間が取れません。そのため、お風呂の入浴中に必ず1カ所ついでに掃除をするように心がけています。

自分の体を洗ったあとついでに蛇口を洗うようにしました。1カ所だけなので、あまり時間もかからず、毎日繰り返していくとお風呂全体が常にピカピカになったように感じます」(20代/3歳男の子と1歳女の子ママ)

汚れをためないように気をつけよう

お風呂の基本的な掃除方法
i Stock.com/JazzIRT

お風呂掃除で大敵となるのは、カビや水垢ではないでしょうか。水を使い湿気が多い場所だからこそカビが発生しやすいのかもしれません。家には掃除する場所が多くあり、お風呂掃除だけに十分な時間をとるのが難しいというママもいるでしょう。

短い頻度で少しずつ掃除をすることで頑固な汚れになりにくいかもしれません。基本的な掃除の方法を目安にし、自分なりに掃除しやすい方法を見つけられたらよいですね。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧