子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年03月04日

梅雨前や年末などにやっておきたい押入れのお掃除。手順や方法とあると便利な道具

梅雨前や年末などにやっておきたい押入れのお掃除。手順や方法とあると便利な道具

布団や衣類、多くのものを収納できる押入れ。ふすまや扉はついていても定期的には掃除をしたいですよね。今回は、押入れの基本的な掃除方法をご紹介します。

押入れの掃除の方法、仕方

押入れは湿気がこもりやすいともいわれているので、定期的に掃除をしておくと安心かもしれません。基本的な掃除の方法や、あると便利な掃除道具をご紹介します。

押入れの掃除の手順

まずは押入れの掃除の手順を見てみましょう。

1.押入れの中にある荷物を全て出す

最初に布団や衣類、季節家電など押入れの中に収納している荷物を全て出しましょう。押入れの中に入っている大量の荷物を広げられるように、事前に部屋を片づけておくと掃除がしやすいかもしれません。

2.掃除機をかける

押入れの中が空っぽになったら掃除機をかけましょう。意外とホコリがたまりやすいので、上段の四隅もしっかりかけるとすっきりするかもしれません。掃除機をかけながら、床や壁だけでなく天井にもカビが生えていないかよく注意して見てみましょう。

3.拭き掃除をする

拭き掃除
©976photo- Fotolia

掃除機をかけ終わったら、固く絞った雑巾を使って拭き掃除をしましょう。水拭きするだけでなく、アルコール除菌スプレーを吹きかけたり漂白剤を染み込ませた雑巾で拭いたりするママもいるようです。

アルコール除菌スプレーなどを使うことでカビ発生の予防になるかもしれませんね。押入れの床だけでなく壁も含めて全体を隅々まで拭きあげるようにするとよいでしょう。

4.乾燥させる

拭き掃除が終わったら、すぐにものを入れずに押入れの中をしっかりと乾燥させましょう。部屋の窓を全開にしたり、扇風機などを使ったりしてもよいかもしれません。

5.整理整頓して再度収納する

押入れの中を乾燥している間に、押入れに収納する荷物を整理整頓しましょう。季節家電の凹凸、衣類ケースの裏側やふちなどにもホコリがたまりやすいので、再度収納する前に拭いてきれいにしておくとよいかもしれません。

「今は使わないけどいつか使うかもしれない」と押入れの奥にしまい込んでいたものは、本当に必要かどうか検討する良いきっかけにもなりますよね。細かいものはプラスチックケースや段ボールに入れるなど、出し入れがしやすいようにして収納しておくと、次回に掃除するときに便利かもしれません。

あると便利な押入れの掃除道具

掃除機や雑巾など家にあるものだけでも押入れの掃除はできますが、以下の掃除道具もあると便利です。

アルコール除菌スプレー

押入れ掃除
©976photo- Fotolia

押入れの中を雑巾で拭き上げる際、カビの発生予防のためにアルコール除菌スプレーを吹きかけておくと安心かもしれません。直接スプレーを吹きかけることに抵抗がある場合は、雑巾に染み込ませてから拭くこともできます。

漂白剤

壁や天井などにカビが生えてしまっている場合、漂白剤を雑巾に染み込ませてから拭くとカビが落ちやすいようです。布団や衣類など肌に直接触れるものも収納する場所なので、カビはすぐ対処しておきたいですね。

除湿剤や乾燥シート

押入れの掃除が終わったら、乾燥シートや除湿剤を置いておくとよいかもしれません。除湿剤が水でいっぱいになったら、押入れの掃除をするタイミングでなくても取り換えるようにするとよいですね。梅雨時など、湿気が気になる時期は何度かチェックすると安心ではないでしょうか。

押入れ掃除の体験談

実際に押入れの掃除をしているママの工夫や掃除方法などについて話をきいてみました。

荷物を詰め込みすぎない

「押入れには荷物を詰め込み過ぎないようにしています。そのほうがどこに何があるか把握しやすいのと、押入れの掃除をするときに中身が取り出しやすい利点があります。

押入れの中の布団置き場は、毎日使っている布団だけを置くようにして、布団を収める前に掃除機をかけるようにしています。そうするようにしてからは、大掃除が楽になったような気がします」(30代/7歳女の子のママ)

定期的に押入れの掃除をする

「シーズンオフの衣類や布団、電化製品などを押入れに収納しています。普段開け閉めすることが少ない分、湿気やカビが気になるので定期的に押入れの掃除をするようにしています。押入れの掃除をしたときに防虫剤や除湿剤も入れ替えます」(40代/主婦)

ときどき扉を開けっ放しにしておく

「天気の良い日などに部屋の換気をするタイミングで押入れの扉も開けっ放しにしておくようにしています。押入れの中も空気が入れ替わるようで気持ちがよいです」(20代/1歳男の子のママ)

定期的に押入れを掃除しよう

掃除
©chihana- Fotolia

梅雨に入る前や年末の大掃除のときなどをきっかけに、普段はしない押入れの掃除もしてしまいたいもの。定期的に押入れを掃除することで、要るものと要らないものを再点検する機会を持つことができるかもしれません。

掃除機や雑巾がけなどの方法で押入れ内をすっきり掃除できるとよいですね。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧