子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年03月27日

電気カーペットを片づける前に。おさえておきたい掃除のコツ

電気カーペットを片づける前に。おさえておきたい掃除のコツ

電気カーペットは、寒い冬の強い味方でしょう。電気カーペットはどのように手入れをすればよいのか、電気カーペットの掃除の手順とコツをご紹介します。

電気カーペットの掃除方法の手順

電気カーペットの掃除は次のようにすすめます。

1.掃除機で表面のホコリを取る

表面のホコリなどを、掃除機で吸い取ります。掃除機を縦や横と向きを変えながらしっかりとかけます。掃除機をかける前にブラシやたわしをつかって、ブラッシングをすると、奥の汚れや髪の毛などが取れやすくなるようです。

掃除機で取り切れない絡まった髪の毛などは、粘着式のカーペットクリーナーを使う方法もあるようです。

2.ぬれ雑巾で全体的な汚れを取る

固くしぼった雑巾でカーペット全体を拭きます。汚れがひどいときは中性洗剤を薄めた液に雑巾を浸し、固くしぼった状態で拭き掃除をすると汚れが取れやすくなるようです。ぬれ雑巾で拭いた後は、カーペットを干すなどしてしっかりと乾かしましょう。

3.スイッチ部分やコード部分の掃除

スイッチ部分やコード部分は手垢などの汚れが付着しやすい場所のようです。中性洗剤をつけて固く絞った雑巾を使ったり、アルコールスプレーを吹きつけたりすると、水だけで拭くよりも汚れが取れやすくなることもあるようです。

コンセント部分が水にぬれてしまうと故障や感電につながる場合があるようなので注意しましょう。

電気カーペットの掃除道具

電気カーペットの掃除道具
AleksaStudio/shutterstock.com

電気カーペットを掃除するときに実用な道具について考えてみました。

掃除機

電気カーペットの掃除で活躍するのが、掃除機でしょう。掃除機はなでるようにさらっとかけるのではなく、毛の流れと反対向きにかけたり、方向を変えながら同じ場所を何度もかけたりしましょう。

さまざまな方向から掃除機をかけることで、カーペットが捕らえたホコリや髪の毛などを取り除くことができるようです。

雑巾

雑巾があれば、掃除で全体的な汚れを取るときにも役立ちますし、飲み物や食べ物をこぼしてしまって、すぐに拭きたいときにも活躍しそうです。使わなくなったタオルでもよいので、さっと取り出せるものを用意しておくとよいでしょう。

アルコールスプレー

スイッチ部分の掃除に役立つのはもちろん、絨毯についてしまったカビを落とすときにも使われているようです。絨毯の素材に気をつけながら試してみてもよいかもしれません。

電気カーペットの掃除のコツ

電気カーペットの掃除
Syda Productions/shutterstock.com

掃除をする上で気をつけたい点を紹介します。

必ず電源は切る

コンセントを繋いだまま掃除するのは感電などの恐れがあるため、コンセントは外して掃除を始めましょう。

しっかり乾かす

電気カーペットの掃除の最後にはしっかりと乾かすことが大切なようです。特に季節外で物置や収納スペースにしまうとき、拭き掃除をしてすぐに片づけてしまうと、湿気がこもってカビが発生しかねません。

しまう前には天日干しにして、十分乾かして片づけるようにしましょう。大きめの袋に入れて、乾燥剤や防虫剤をいっしょに入れて収めても、カビや虫がつきにくくなるといわれています。

汚れづらくする予防

汚れづらくする工夫にはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちの体験談からご紹介します。

汚れにくい素材のものを選ぶ

「フローリングの木目のようなホットカーペットを使っています。床と馴染んでカーペットだけが変に浮いてしまうことがなく、食べ物をこぼしてしまっても、さっと拭けばきれいになるので助かります」

ホットカーペットの中には、防水や撥水加工が施してあるものがあるようです。水を弾いてくれるので汚れにくく、液体をこぼしてしまってもさっと拭くだけできれいになるようです。

カーペットカバーを敷く

「カーペットの汚れ防止に手作りのカーペットカバーを敷いています。キルティングの生地を繋いで、周りをパイピングテープで包んで作ったシンプルな物です。大きいですが、難しい作業ではないので短時間で作ることができました」

カーペット本体が洗えない場合、上にカーペットカバーを敷くと、汚れを防ぎやすくなることもあるようです。キルト生地やフランネル生地などと多くの種類が販売されているので、家の雰囲気に合わせて選ぶことが可能でしょう。

上に敷く物を選ぶときは、電気カーペット対応可かどうかを確認してから購入しましょう。

掃除をした体験談

電気カーペットを掃除したことのあるママたちに話をきいてみました。

ぬれ雑巾を使って拭き掃除

「冬が終わって、片づけるときに拭き掃除をしました。普段、掃除機をかけるときにいっしょにかけていたのですが、ぬれ雑巾で拭いてみて、あまりの汚さに驚きました。次のシーズンに出すときは、こまめに拭き掃除も取り入れようと思います」

カバーを取り外してつけ置き洗い

「使いはじめて2年目の大掃除のときに、カバーが取り外せることに気づいて洗いました。お風呂の残り湯に中性洗剤を入れてつけ置き洗いしましたが、水がまっ茶色になって、こんなに汚れているものの上でごろごろしていたのかとびっくり。くすんでいた色も明るくなって、手触りも柔らかくなりました」

電気カーペットを清潔に保とう

電気カーペットの掃除
Olesia Bilkei/shutterstock.com

電気カーペットを掃除方法として、細かな部分までしっかりと掃除をして乾燥させることが大切なようです。汚してしまったときにすぐ対処することや普段の掃除をこまめにすることが、キレイを保つコツかもしれません。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧