子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年02月13日

トイレ掃除のコツ。水垢や壁紙をきれいにする方法

トイレ掃除のコツ。水垢や壁紙をきれいにする方法

毎日使うトイレ、子どものトイレトレーニングの時期は特に使う頻度が高くなるのではないでしょうか。トイレがいつも清潔で気持ちのよい空間だとうれしいですよね。今回は、水垢とりや壁紙の拭き取りなど、日々のトイレ掃除に役立つコツをご紹介します。

トイレの掃除の方法

トイレは狭いスペースなので、掃除のコツをつかめば、要領よく清潔に保てる場所ともいえるのではないでしょうか。日々のトイレ掃除の方法を見ていきましょう。

トイレの掃除の手順

普段のトイレ掃除では、どのような手順の掃除方法なら清潔さを保てるのでしょうか。掃除する場所や方法を細かく見ていきましょう。

1.便器の内側

尿が飛び散り、臭いの原因にもなる便器の内側の汚れ。見えない部分ですが、しっかり掃除したい場所です。まず、ぐるりと洗剤をかけ、汚れを落としやすくします。その後、ブラシでゴシゴシ洗い、水で洗い流しましょう。

2.便座、便ふた

直接肌が触れる便座は、常に清潔にしておきたい場所ですよね。中性洗剤を薄めた水で絞った雑巾か、トイレ用のウェットシートで表と裏を拭きましょう。

また、トイレを開けたときにまず目に入る便ふたがピカピカに磨かれていると、入ったときの爽快感も違ってくるかもしれません。ふたも忘れずに、雑巾かトイレ用のウェットシートでしっかりと拭きましょう。

3.タンク

ホコリがたまると目立ってしまうタンクも、雑巾かトイレ用のウェットシートで拭いておきたい場所です。トイレタンクの上に蛇口がついている場合は、水垢がつかないようスポンジなどを用いて洗いましょう。蛇口の淵周りも汚れがたまりやすいので、しっかりと磨いておきたいですね。

4.便器の外側、裏側

便座や便器の中だけでなく、便器の外側も掃除してしまいましょう。立ちながらだと拭きにくいので、床を掃除するときに合わせて便器の外側も拭くとよいかもしれません。また、便座の裏側は尿が飛び散っている場合もあるので、トイレ用のウェットシートなどでこまめに拭くことが必要です。

5.壁、床

男性が用を足すときに、意外に尿の飛び散りがあるのがトイレの壁。洗剤をスプレーしたり、中性洗剤を薄めた液でよく絞った雑巾、トイレ用ウェットシートを用いて拭いたりしましょう。

小さな子どもがいるご家庭では、トイレが間に合わずおもらしをしてしまったり、床まで尿が散ってしまう場合があるかもしれません。床もしっかり拭いて掃除しましょう。

あると便利なトイレの掃除道具

トイレの掃除道具
ewapee/Shutterstock.com

トイレ掃除のグッズはさまざまな種類があります。普段のトイレ掃除が少し楽になるような掃除道具をご紹介します。

首がまがったブラシ

トイレの内部をゴシゴシと磨くためのブラシにはさまざまな種類があります。首が曲がったタイプのブラシであれば、便器のふち裏も磨きやすくなり便利です。

柔らかい布

便器の外側や便座、壁、床を拭くときに使用する布。柔らかい素材であれば、カーブがかった部分やへりなどの隙間もしっかりと拭けます。

洗い流せるクリーナー

洗い流せるクリーナーがあれば、雑巾を水で絞ったり、洗濯をする必要もありません。ちょっと汚れが気になったときに、その都度さっと拭いてトイレに流してしまうことも可能です。

トイレ掃除をしたママの体験談

子どものトイレトレーニングなどで汚れることもあるトイレ。子育て中のママがどのようにトイレ掃除に取り組んでいるのか、体験談をご紹介します。

カーペットをこまめに洗う

「男の子が2人います。気をつけてはいても、壁紙や床におしっこが飛び散り、カーペットが汚れてしまうことが多かったので、こまめに洗濯に出していました。カーペットの替えが数枚要りますが、まめに洗濯することで、匂いも軽減したように感じます」(3歳と6歳の男の子のママ/30代)

便座裏と便器の上側を重点的に掃除

「座っておしっこをするときに、便座の裏側に尿がはねてしまうことがあるので、便座の裏側と便器の上側を特に気をつけて掃除しています。暖房便座を使っており、臭いの元にもなるので、毎回でなくても、一日に一回は拭くように心がけています」(4歳の女の子のママ/30代)

汚れづらくする予防

ママたちが実践している、トイレを汚れづらくするための簡単な工夫についてきいてみました。

座ってしてもらう

「立って用を足すと尿が飛び散ってしまうので、子どもには座っておしっこをしてもらうようにしていました」(5歳男の子のママ/30代)

毎日掃除する

「汚れたトイレを掃除する方が大変なので、毎日トイレ掃除をしています。日々の掃除は、クリーナーで便器全体を拭いて、便器内をブラシでこするだけです。慣れてしまうと普段の掃除は5分程度で済むようになりました」(7歳の女の子のママ/30代)

トイレ掃除の習慣づけを心がけて

トイレ掃除
kurhan/Shutterstock.com

トイレの便器内部だけでなく、便座や便器の外側、タンク、壁紙、床など、場所ごとのコツを知ってトイレ掃除をできるとよいですね。水垢がついて汚れが目立つ前に、トイレ掃除をする習慣がつくとよいですね。トイレ掃除の頻度が上がれば、一回の掃除にかかる労力も少なくなるかもしれませんね。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧