子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

ぬいぐるみの収納にハンモックを使おう。簡単にできる編み方や作り方

ぬいぐるみの収納にハンモックを使おう。簡単にできる編み方や作り方

百均の布やネットで手軽にDIY

ぬいぐるみの収納にハンモックを使おうと考えているママもいるかもしれません。今回の記事では、ハンモックを百均の布などでDIYするときの作り方や、ひもなどで手作りするときの編み方、ハンモックを画鋲やフックで吊るす場所、ハンモックに収納する場合の飾り方について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

ぬいぐるみの収納はどうしている?

ふわふわのかわいいぬいぐるみをどのように収納すればよいのか気になっているママもいるのではないでしょうか。ぬいぐるみの収納の仕方をママたちに聞いてみました。

「ぬいぐるみはボックスやかごにまとめて収納しています。ボックスやかごは子どもが遊んだ後で自分で片づけることができるので、便利に使っています」(30代ママ)

「子どものお気に入りのぬいぐるみは、おもちゃ用の棚に収納しています。遊び終わるといつも子ども自身がていねいに並べて片づけています」(20代ママ)

「ぬいぐるみ用のハンモックを使って収納しています。ハンモックは子どもが片づけたときにかわいらしく見え、空中に吊り下げるために掃除などがしやすく、使いやすい収納グッズだと思います」(30代ママ)

ぬいぐるみの収納にボックスや棚、ハンモックなどを工夫して使っているママがいました。ぬいぐるみの収納方法は見た目と片づけやすさがポイントかもしれません。今回はぬいぐるみ収納用のハンモックの作り方についてご紹介します。

ぬいぐるみ用のハンモックの作り方

ぬいぐるみを収納するハンモックの作り方にはどのような方法があるのでしょう。実際にハンモックを手作りしたママたちに、作り方を聞いてみました。

布を使う作り方

ピンクの布
iStock.com/gilas

「使わなくなった大判のスカーフでぬいぐるみ用のハンモックを作りました。正方形のスカーフを三角形に折っただけで簡単に華やかなハンモックを作ることができ、子どもも嬉しそうにぬいぐるみを乗せていました」(20代ママ)

布で作るハンモックは三角形や長方形に形を整えると作りやすそうです。布の両端にロープなどを縫いつけると取りつけやすいかもしれません。埃がつきにくいように、さらさらした生地の布を使って手作りしたというママの声もありました。

紐を使う編み方

「ぬいぐるみ用のハンモックは、カラフルなヤーンという紐を使って編んで作りました。格子状になる編み方にしたところ、少し時間がかかりましたがおしゃれなハンモックになりました」(30代ママ)

ロープやヤーンなどの紐を編んでぬいぐるみ用のハンモックを作ったママがいました。手芸店にはさまざまな色の紐が売られているので、子どもが気に入りそうなものを選ぶとよいかもしれません。紐を使って指編みなどの編み方でハンモックを作ることもできるようです。

百均のグッズを使ってDIY

「百均の商品を使ってハンモックをDIYしました。小さな綿ロープのネットを何枚か繋げ、両端にタペストリー用の棒と吊るす紐をつけるだけの作り方ですが、かわいいハンモックを簡単にDIYすることができました」(40代ママ)

百均の商品を組みあわせてハンモックをDIYすることもできるようです。園芸用の防鳥ネットのような大きな網を使ってもよいかもしれません。百均の突っ張り棒とお風呂用おもちゃ収納ネットを使ってハンモックをDIYしたというママの声もありました。

ハンモックを吊るす場所

ぬいぐるみ用のハンモックはどのような場所に吊るすとよいのでしょう。ハンモックを吊るす場所や吊るし方をママたちに聞いてみました。

天井から吊るす

ハンモックに飾られているぬいぐるみ
iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

「大きめのハンモックを作ったので天井から吊るしています。天井を使うとハンモックの幅や長さを気にせずに吊るすことができ、部屋の雰囲気にあわせて場所を変えることも簡単にできます」(40代ママ)

天井からハンモックを吊るす場合は、吊るす位置などを自由に変えられるなどの使いやすい面があるようです。吊るす紐を長くしておけばハンモックの高さも変えやすいかもしれません。ハンモックが落ちないようにフックを多めに取りつけたというママの声もありました。

壁のコーナーを使う

「リビングの壁のコーナーにぬいぐるみ用のハンモックを取りつけています。三角形の布を使ったハンモックの三方をおしゃれな画鋲で止め、小さなぬいぐるみだけを収納するようにしています」(30代ママ)

コーナーを使ってハンモックを吊るしているママがいました。コーナーの隅まで使いたいときは三角形のハンモックが取りつけやすそうです。画鋲だけでは心配という場合は、ハンモックの端にリングや紐をつけてフックを使って吊るすとよいかもしれません。

隙間を使う

「棚と棚の間に50センチほどの隙間があったので、そこに網で作ったハンモックを吊るしました。棚の側面に剥がせる粘着テープを使ってフックをつけ、ハンモックに収納するぬいぐるみが重くならないように、子どもと乗せる数を決めました」(40代ママ)

棚や机などの家具の間を使ってぬいぐるみ用のハンモックを吊るすこともできるようです。隙間の広さにあわせてハンモックを手作りすると、空間を有効利用でき、見た目にもかわいらしくなったというママの声もありました。

ハンモックを使うときのポイント

ぬいぐるみ用のハンモックを使うときには、どのような工夫をするとよいのでしょう。ハンモックを使うときのポイントをママたちに聞いてみました。

子どもの使いやすい高さにする

「ぬいぐるみ用のハンモックは子どもが使いやすいように高さを調節しています。片づけや取り出しがしやすく、子どもの目にもハンモックに乗せたぬいぐるみが見えるようにすることで、自分で並べ方を考えて収納しています」(40代ママ)

ぬいぐるみを収納するハンモックは子どもの使いやすい高さにしているママがいました。子どもの目線にあわせることで、片づけ方や並べ方などを子ども自身が工夫することができるようになるかもしれません。

飾り方を工夫する

「ぬいぐるみ用のハンモックは、インテリアのひとつと考えて飾り方を工夫しています。ぬいぐるみがよく見えるように大きさを考えて並べ、ハンモックの網の結び目にピンクの小さな造花を散りばめるように挟んだところ、部屋がかわいらしい感じになりました」(20代ママ)

部屋の雰囲気にあうように飾り方を工夫することも、ぬいぐるみ用のハンモックを使うときのポイントかもしれません。布のハンモックの場合はところどころにリボンなどを縫いつけて華やかにしたというママの声もありました。

ハンモックを使ってぬいぐるみを収納しよう

ぬいぐるみを抱く女の子
iStock.com/Bluehousestudio

ぬいぐるみの収納に子どもが使いやすいハンモックを工夫して使っているママがいました。百均の布を使ってDIYする方法やロープや紐などを使う編み方など、ハンモックの作り方はさまざまのようです。手作りしたハンモックを画鋲やフックで取りつけ、飾り方を工夫して、スペースを活かした収納ができるとよいですね。

2019年02月07日


5

    jk
    かわいいし、ぬいぐるみなら落ちても危なくないのでいいですね!

    muu
    見せる収納!グット!

    mmm
    布を使う方法、今すぐできそう!

    OK
    こういうおしゃれな収納の仕方は思いつかなかった! いいですね!

    KoK
    作る工程のステップ写真などあると、とても嬉しいです!

家事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事