家族でランチを楽しもう!近くの店などへ行く頻度や行ってよかった店

家族でランチを楽しもう!近くの店などへ行く頻度や行ってよかった店

気をつけたマナーについて

家族でランチに行きたいとき、自宅近くによいお店が見つからなかったり、どのようなお店が家族向きかわからず迷うママやパパもいるかもしれません。たまの休みには外でランチをして楽しみたいですよね。今回は、家族でランチに行く頻度、行ってよかったお店、気をつけたマナーについてママたちの体験談をご紹介します。

家族のランチ事情とは?

お休みの日に、家族でランチにお出かけしたいと思うママやパパは多いのではないでしょうか。

行くお店が毎回同じような場所になってきたり、子どもがぐずらないか心配で思うように楽しめないこともあるかもしれません。

魅力的なお店があれば、ママ会や、おじいちゃん、おばあちゃんとの食事会のときにも活用できそうですよね。

最近の家族のランチ事情はどのようなものなのでしょうか。

家族でランチに行く頻度やお店

家族でランチに行く頻度やお店についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
月に3〜4回は、土日に家族でランチに行きます。普段は、自宅近くのお蕎麦屋さんか、少し家から離れたスープカレー屋さんに車で行くことが多いです。
30代ママ
休みの日は外へ出て、家族でランチをとることが多いです。車でベビー用品店やショッピングモールへ出かけたときに近くのファミレスやフードコートでランチをします。
ハンバーガー
iStock.com/yukihipo
30代ママ
土日はほぼ必ずといってよいほど家族でランチをしてます。子どもも大人も好きなので、リーズナブルなハンバーグレストランや、ハンバーガーショップへよく行っています。
30代ママ
毎週末にいつもお気に入りのパン屋さんに行くのですが、その際に店内のイートインでランチをとります。
休みの日には、よく家族でランチに出かけるという声が複数ありました。

お出かけして外食をすることは、家族みんなの気分転換になりそうですよね。

ランチに行くお店がマンネリ化してきて、以前よりあまり出かけなくなってきたというママの声もありました。

家族でランチができる行きつけのお店を、もっと増やしたいと思っている人は多いかもしれませんね。

家族でランチに行ってよかったお店の特長

家族でランチに行ってよかったお店の特長についてママたちに聞いてみました。

子ども向けメニューやおもちゃがある

30代ママ
注文したときや帰り際に、子どもが好きなおもちゃを選べるサービスがあるお店や、子どもが食べやすいメニューが充実しているお店は、また行きたいです。
20代ママ
子どもの好きなメニューがあるかどうかは、お店を選ぶときのポイントになります。
子ども向けメニューが多かったり、おもちゃをもらえるサービスがあるお店がよかったという声が複数ありました。

店員さんが子どもに話しかけながらおもちゃを選ばせてくれたり、こちらから何も言わなくても子どものことを気にしてくれると配慮が伝わり、また来たいと思えそうですね。

くつろげる席がある

カフェ
iStock.com/daruma46
30代ママ
眺めのよい窓のある席や、小上がり、ソファがあると、子どもも大人もくつろげました。(30代ママ)
30代ママ
個室やお座敷があるお店は、活発な子どもを連れていても食事しやすいです。
30代ママ
ベビーカーが邪魔にならないような、席と席の間などが広いお店は、ゆったり食べられました。
眺めのよい席や、お座敷などのくつろげる席があると、家族でリラックスしやすいかもしれませんね。

静かにする必要がなく、混んでいても待ちやすい

30代ママ
子どもが少し騒いでも許容されやすいフードコートやテラス席は、子ども連れで行きやすいです。
30代ママ
お店に列ができていても、絵本や長椅子があって待ちやすかったり、料理が出てくるまでの待ち時間がそれほど長くないお店は、小さい子どものいる家族向きだなと思います。
子ども連れに人気のあるお店は、混んでいても待っている子どもや家族の目線に立ち、配慮が行き届いているお店なのかもしれませんね。

家族でランチに行くとき気をつけたマナー

家族でランチに行くとき気をつけたマナーについてママたちに聞いてみました。
30代ママ
店内で子どもが走ったり、うるさくしないように気をつけています。
30代ママ
子どもが食べこぼして席を汚してしまったときは、ウェットティッシュで全部拭くようにしています。
30代ママ
子ども用の椅子や取り皿を貸してくれた際は、必ずお礼を伝えます。
20代ママ
席が汚れることが多いのできれいに拭いて片づけています。うるさくしたときも注意して周りの迷惑にならないようにしています。
うるさくならないように気をつけたり、席が汚れたら片づけるという声が複数ありました。

子ども連れでランチをするときは周囲に気を配ることが大切かもしれませんね。

家族に合ったランチのお店を選んで団欒しよう

カフェにいる家族
iStock.com/Yagi-Studio
今回は、家族でのランチについて、近くのお店などへ行く頻度や行ってよかったお店、気をつけたマナーをご紹介しました。

行ってよかったお店のママたちの体験談は、家族でランチにお出かけするときのお店選びに役に立ちそうですね。

子どもやママに配慮されたお店は居心地がよく、行きつけのお店になりやすいでしょう。

家族に合ったランチのお店を選んで団欒できるとよいですね。

2019年11月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

グルメの関連記事

カテゴリ一覧