ピクニックに行くときのコーディネート。ママたちが選ぶポイント

ピクニックに行くときのコーディネート。ママたちが選ぶポイント

ママたちが選ぶピクニックコーディネート

ピクニックに行くときどんなコーディネートで行こうか迷うママがいるかもしれません。コーディネートを考えるとき、どんなポイントに気をつけているのでしょうか。ママたちがピクニックコーディネートに選びたいアイテムや選ぶポイントについて紹介します。

ピクニックに行くときのコーディネート

ピクニックに行くときのコーディネートを参考にしたいママがいるかもしれません。

今回は、ママたちのピクニックコーディネートの選び方を選ぶポイントや理由を含めてご紹介します。

ピクニックコーディネートのポイント

ママたちがピクニックに行くときにコーディネートで意識しているポイントを聞きました。

気温に合わせた服装

30代ママ
寒くなったらすぐにパーカーを着られるように薄手のトップスを着ることが多いです。

遊んでいるうちに暑くなったり、寒くなったりすることもあるでしょう。気温の変化に合わせて着脱しやすい服装がよいかもしれません。パーカーやカーディガンなど羽織りとして使える服を持っていくと安心ですね。

汚れが目立ちにくい色

パーカを着た女性
iStock.com/Yue_
30代ママ
汚れが目立たちにくい黒のトップスを選ぶことが多いです。

ピクニックに行くとき、服が汚れてしまうことがあるかもしれません。公園遊びでついた土汚れやお弁当の食べこぼしなど、ピクニック先ですぐに汚れを落とせない場合もあるでしょう。濃色の服を選ぶと汚れが目立ちにくいようです。

服に汚れがつくのが気になる場合は、汚れが目立ちにくい色の服を選びましょう。

動きやすい服装

30代ママ
砂場やアスレチックで動きやすいよう、ウエストゴムやストレッチがきいたジーンズを履いていきます。

ピクニックに行くとき、動きやすい服装を心がけると思いっきり楽しめそうです。ゴムやストレッチがきいている服や活動しやすいパンツスタイルを選ぶとよいかもしれません。

ピクニックコーディネートに選びたいアイテム

ママたちがピクニックコーディネートに選びたいアイテムをご紹介します。

ポケットのついたボトムス

30代ママ
ハンカチやスマホをすぐ入れられるよう、ポケット付きのボトムスは必須です。

ピクニックは、ポケット付きのボトムスを選びたいママがいました。子どもと遊ぶとき、スマホやハンカチなどの最低限の小物が入るポケットがあると安心ですね。

UVカット素材のパーカー

20代ママ
紫外線対策でUVカット素材のパーカーを着ていくことが多いです。

紫外線が気になるママは、UVカット素材のパーカーを選んでいました。日差しが強い日に公園に着ていくパーカーは、UVカット効果のある素材を選ぶとよいかもしれませんね。

パーカーは、ファスナーを閉めて着たり、羽織りやひざ掛けとして使ったりすることもできるようでピクニックコーディネートに役立ちそうですね。

合わせやすいTシャツ

Tシャツ
iStock.com/Minerv
30代ママ
汚れが気にならないよう、Tシャツにパンツを合わせたいです。

合わせやすいTシャツを数枚持っておくと、その日の気分でボトムスとの相性を気にせずに活用できそうですね。いかにもなコーディネートにならずカジュアルな装いを演出できるかもしれません。

歩きやすいスニーカー

30代ママ
ピクニックはたくさん歩くので歩きやすいスニーカーを選んでいます。

たくさん歩いたり、体を動かして遊んだりするピクニックは、歩きやすいスニーカーを選ぶとよいでしょう。

手が空きやすいリュック

20代ママ
ピクニックは、荷物が多くなることもあるので両手の空くリュックを選んでいます。
20代ママ
子どもと手を繋ぎたいのでリュックで行きます。

ピクニックの荷物を持つために手を空けたいという声がありました。荷物を持つ他にも、子どもと手を繋ぐために手を空けているようです。リュックの他にも、ショルダーバッグを選んでもよいかもしれません。

日差しをよけられる帽子

30代ママ
日差しが強いときは、帽子をかぶっています。

日差しをよけられるよう帽子をかぶるママもいました。キャップなど好みのデザインの帽子を選んでピクニックコーディネートを楽しんでみるのもよいでしょう。

ピクニックにスカートを履くときの着こなしのポイント

ピクニックでスカートを履きたいママがいるかもしれません。ピクニックコーディネートにスカートを選ぶときに気をつけたい着こなしのポイントをご紹介します。

下にレギンスを履く

ピクニックでスカートを履くとき、スカートの下にレギンスを履くと動きやすいかもしれません。レギンスを履けば、しゃがんだり、走ったりしやすいでしょう。スカートに合うデザインのレギンスを探してみてはいかがでしょうか。

風で広がりにくいものを選ぶ

ピクニックでスカートを履くとき、スカートが広がったり、めくり上がったりするのが心配なママもいるでしょう。スカートの素材やデザインによっては風などで広がりやすいことがあるようです。

生地に重さがある素材や広がりにくいデザインのスカートを選べば、スカートの広がりを抑えられるかもしれません。

ピクニックにぴったりなコーディネートをしよう

ピクニックを楽しむ親子
iStock.com/OkinawaPottery

ママたちがピクニックコーディネートで意識しているポイントは、気温に合わせた服装や汚れが目立ちにくい色を選ぶなどさまざまなようでした。ピクニックを楽しめるようなコーディネートにするためには、アイテム選びが大切かもしれません。

お気に入りのピクニックコーディネートを着てピクニックに行ってみてはいかがでしょうか。

2019年11月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧