パパとママと子どもの家族パジャマコーデ。選び方やお揃いのコツ

パパとママと子どもの家族パジャマコーデ。選び方やお揃いのコツ

家族のパジャマ選びとお揃いコーデの楽しみ方

家族のパジャマを用意するとき、色やサイズなどの選び方に悩んだり、家族でお揃いにしたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、寝るときの服装と選ぶポイント、家族お揃いのパジャマコーデのコツについてご紹介します。

家族のパジャマを用意するとき

家族のパジャマを用意するときどのようなことが気になるのか聞いてみました。

40代パパ
今我が家は、子どもとママはパジャマを着て寝ているのですが私はスウェットで寝ています。眠る時間がより快適になるよう、どのようなものをパジャマに選ぶとよいのか気になります。
30代パパ
パジャマは種類がたくさんあり、どれを選んだらよいのか悩みます。パジャマの選び方を聞きたいです。
20代ママ
私は家族でお揃いコーデをしたいのですが、パパが恥ずかしがってしてくれません。家のなかで着るパジャマならひと目を気にせずに取り入れやすいと思うので、家族で楽しめるパジャマ選びがしたいです。

夜寝るときパジャマを着たほうがよいのかやパジャマの選び方に悩むパパがいるようです。また、パパが抵抗なくできる家族のお揃いパジャマコーデを知りたいというママもいました。

実際に、寝るときの服装やお揃いのパジャマコーデについてパパやママに聞いてみました。

パパやママ、子どもが寝るときの服装

ベッドに寝転ぶ女の子
Happy Together/Shutterstock.com

夜眠るときの服装が気になるパパやママもいるようです。家族が夜寝るときはどのような服装をしているのか聞いてみました。

パジャマ

30代パパ
我が家は家族みんなでパジャマを着ています。パジャマは寝るときのことを考えて作られた服なので、最適ではないかと思っています。
30代ママ
うちは子どもが生まれてから家族揃ってパジャマを着て寝るようになりました。子どもたちはパジャマを着ると寝るモードになるので、気持ちの切り替えにもなっているように感じます。

寝るために最適と考えたり着ることで寝るモードになったりすると感じてパジャマを着ているパパやママがいるようです。他にも、パジャマを着て寝るとぐっすりと眠れるという声もありました。

パジャマ以外

30代ママ
うちはパジャマにこだわらず眠りやすい服装を選んでいます。夏は半袖Tシャツにハーフパンツ、冬はスウェットやフリース素材の服を着ることが多いです。
30代パパ
子どもはTシャツに綿素材のズボン、妻はワンピースとレギンス、私はスウェットで寝ています。私は寝るときパジャマよりもスウェットの方が落ち着きよく眠れるように感じます。

Tシャツやスウェットなどパジャマ以外の服装で寝ている家庭もあるようです。パパやママのなかには、子どもはパジャマを着ているがパパやママはルームウェアを着て寝ているという声もありました。

寝るときにパジャマを着るかどうかは、感じ方によってさまざまなようです。どのような服装が心地よく感じるかで、眠るときの服装を選んでみてはいかがでしょうか。

家族のパジャマなどを選ぶポイント

パジャマでくつろぐ夫婦
© Paylessimages - Fotolia

パジャマなど寝るときの服選びはどのようなことをポイントにするとよいのか聞いてみました。

素材

20代ママ
パジャマを選ぶときは、実際に触って柔らかさや肌触りを確認するようにしています。肌触りのよいパジャマは気持ちがよく、布団に入るとすぐに眠れるような気がします。
40代パパ
夏は汗をかきやすいので薄手のコットン素材のパジャマを選び、冬は布マイクロフリースなど温かいパジャマを選びます。季節に応じた素材を選ぶことで快適に眠れます。

肌触りや季節に応じた素材を選ぶパパやママもいるようです。他にも、小さな子どもも安心して着られるようにオーガニックコットン素材を選んでいるという声もありました。

サイズ

30代パパ
寝るときは、からだを締めつけずゆったりとした服装がよいと思いました。私はパジャマを選ぶときは普段着る服よりもひとつ大きいサイズを選ぶようにしています。

眠るときの服装は、ゆとりのあるサイズがよいと考えるパパもいるようです。パパやママのなかには、子どものパジャマは裾や袖が長いと邪魔になることがあるので、大きすぎないようにサイズ選びに気をつけているという声もありました。

デザイン

20代パパ
以前、寝ているとき服の装飾品が邪魔で目が冷めてしまいました。気持ちよく眠るために、装飾品のないシンプルな服を選ぶようにしています。

装飾品が眠りの妨げになると考えシンプルなデザインを選んだようです。パパやママのなかには、寝ているあいだにお腹が出ないよう長めの丈のものや、子どもにはボタンで上下の服をつないでおけるデザインを選ぶという声もありました。

家族のお揃いパジャマコーデのコツ

家族でお揃いパジャマコーデをしたいと考えるパパやママもいるようです。どのようなコツがあるのか聞いてみました。

色をあわせる

30代ママ
子どもと夫と私で着ているパジャマの種類は違うのですが、お揃い感を出したかったので同じ色を選びました。色をあわせるだけなのでお揃いが苦手な夫も抵抗なくあわせてくれました。

パジャマの色をあわせるだけで気軽にお揃いのパジャマコーデができるようです。ママのなかには、パジャマの上と下の色をリンクさせてお揃いコーデを楽しんでいるという声もありました。

デザインをあわせる

20代ママ
プレゼントで夫婦お揃いの柄のパジャマをいただいたので、子どもも同じ柄のパジャマを用意して家族お揃いコーデをしました。色違いなので3人揃うとカラフルでおしゃれだなと感じています。

同じデザインの色違いを家族お揃いにしているママもいるようです。パパやママのなかからは、ベビーから大人向けまで豊富なサイズ展開をしているメーカーでは、お揃いのパジャマを見つけやすかったという声も聞かれました。

家族でパジャマコーデを楽しもう

ベッドに寝転ぶ親子
iStock.com/whyframestudio

パパやママに聞くと、寝るときはパジャマだけでなくパジャマ以外の服装で寝ている家族もいるようです。素材やサイズなど、家族それぞれの眠りやすさを考えて眠るときの服装を選ぶとよいかもしれません。

ときには家族でパジャマの色やデザインをあわせるなどして、気軽にお揃いコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2019年06月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧