親子のリンクコーデ。ベビー服や子ども服とのリンクの仕方など

親子のリンクコーデ。ベビー服や子ども服とのリンクの仕方など

春夏や秋冬など実際にしたリンクコーデ

親子でリンクコーデをするとき、ベビー服と子どもや大人の服をどのようにリンクさせるとよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、親子のリンクコーデのポイントや春夏や秋冬の赤ちゃんや子どもとしたリンクコーデ、男の子や女の子とのリンクコーデの工夫を体験談を交えてご紹介します。

親子でリンクコーデがしたい

親子でつながりを感じられるような服装のコーディネートをリンクコーデというようです。親子のリンクコーデがしたいけれど、ベビーやキッズ用と大人用の洋服をどのようにリンクさせるとよいのかわからないというママもいるかもしれません。

今回は、親子のリンクコーデについてママたちに聞いてみました。

親子のリンクコーデのポイント

親子のリンクコーデには、どのようなポイントがあるのでしょうか。ママたちに聞いた、親子のリンクコーデのポイントをご紹介します。

素材をあわせる

30代ママ
「私の場合、素材をあわせると親子のリンクコーデをしやすいと感じました。大人と子どもの服を違うお店で用意しても、同じ素材を使っているだけで服装のテイストがあわせやすいと思います」

親子のリンクコーデのポイントのひとつとして、素材をあわせることを意識したママがいるようです。綿や麻、ポリエステル系の素材など、洋服や小物に使われている素材をあわせると親子で似たような雰囲気を出しやすいかもしれませんね。

色や柄を意識する

親子でお揃いのワンピース
DenisNata/Shutterstock.com
40代ママ
「親子でリンクコーデをするとき、色あいを意識しました。黄色のなかにもレモンイエローやマスタードなどさまざまな違いがあるので、近い色のアイテムを親子で揃えるとコーディネートが決まりやすいです」

色を意識すると、親子のリンクコーデがまとまりそうですね。他にも、柄物の服を用意するときはボーダーの幅をあわせるとリンクしやすいと感じるというママの声もありました。

【季節別】実際にした親子のリンクコーデ

春夏や秋冬によって、親子のリンクコーデはさまざまなようです。ママたちに、実際にした親子のリンクコーデを季節別に聞いてみました。

春夏

40代ママ
「春先は朝や夕方に肌寒いことがあるので、グレーのパーカーを使ってリンクコーデをしました。パーカー以外も同じ色の組みあわせを意識し、白地の長袖Tシャツとデニムのボトムスを用意すると簡単に親子のリンクコーデを楽しめました」
20代ママ
「暑い夏の時期には、マリンスタイルをテーマにした親子のリンクコーデを楽しみました。夫と息子にはボーダーのタンクトップ、私と娘にはボーダーのキャミワンピースを用意し、足元は白いサンダルで統一しました」

春に色をあわせたパーカーを用意したり、夏にテーマを決めたりして親子でリンクコーデを楽しんだ家族がいるようです。ベビー用と大人用の服でお揃いのアイテムが見つからない場合、赤ちゃんのスタイとママのスカーフを同じ色にするとつながりを感じやすかったという声もありました。

秋冬

30代ママ
「秋冬に子どもとリンクコーデをするとき、お揃いのトレーナーを用意しました。トレーナーの下にネルシャツを重ねたり、ボトムスの色を親子で色違いにしたりするとさり気なくリンクコーデを楽しめました」
40代ママ
「冬のリンクコーデ用にマスタード色の小物をいくつか用意しました。ニット帽やタイツ、ヘアアクセサリーなどはベビー用品でも同じ色のアイテムを見つけやすかったので、赤ちゃんとのリンクコーデのバリエーションが広がって組みあわせるのが楽しみになりました」

秋冬用としてトレーナーを用意したママや、冬用に同じ色で揃えた小物を用意したママがいるようです。他にも、アウターやブーツのデザインを揃えると統一感のあるコーディネートになったというママの声もありました。

【対象別】親子のリンクコーデの工夫

親子のリンクコーデをするとき、ママと男の子やパパと女の子など対象の組みあわせによってどのような工夫があるのか知りたいママもいるのではないでしょうか。ママたちに、親子のリンクコーデの工夫を聞いてみました。

同性の子どもとのリンクコーデ

カラフルなヘアゴム
iStock.com/vuk8691
40代ママ
「娘とリンクコーデをするとき、大きさの違うアイテムを選びました。同じデザインで大きさの違うヘアアクセサリーを用意すると、それぞれにぴったりのサイズで使いやすいと感じました」

女の子とのリンクコーデの工夫として、それぞれがコーディネートしやすい大きさのアイテムを選んだママがいるようです。パパと男の子のリンクコーデの場合では、Gジャンやチノパンなどベージックなアイテムを用意するとさまざまな組みあわせが楽しめたというママの声もありました。

異性の子どもとのリンクコーデ

20代ママ
「私が息子とリンクコーデをするときは、男女兼用の小物を使っています。スニーカーやキャップなどのアイテムは、異性同士でもコーディネートしやすいと感じました」

男の子とリンクコーデをするとき、男女兼用アイテムを使うことで2人の服装につながりを感じやすくなるかもしれません。ママのなかには、コーディネートの一箇所に色やテイストを揃えることで異性でもリンクコーデがまとまりやすくなったという声も聞かれました。

男女のきょうだいとのリンクコーデ

30代ママ
「我が家は男女のきょうだいなので、同じ生地でデザインが違う洋服を用意しました。息子とパパは襟つきのシャツ、娘と私はシャツワンピースを着て親子でリンクコーデを楽しんでいます」

男女のきょうだいがいる場合でも、同じ生地を使った洋服を用意することで簡単にリンクコーデができたというママの声がありました。ベビー服とキッズ服で同じ生地が使われているメーカーもあるようなので、ロンパースとTシャツなどを使ってリンクコーデをするのもよいかもしれませんね。

親子でリンクコーデを楽しもう

お揃いの服を着ているママと女の子
Elena Apanasenko/Shutterstock.com

赤ちゃんや子どもと親子でリンクコーデをするポイントとして、素材や色をあわせることを意識したママがいるようです。ベビーやキッズと大人用のお揃いの服がない場合でも、テイストや柄をあわせることでリンクコーデがしやすいかもしれません。

同じ生地を使った洋服を選ぶと、男の子と女の子のきょうだいの場合でも簡単にリンクコーデがしやすかったというママの声もありました。春夏にはTシャツ、秋冬にはトレーナーなど季節にあわせたアイテムや、アクセサリーなどの小物を用意して親子でリンクコーデを楽しめるとよいですね。

2019年05月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧