赤ちゃんの寝相アートの簡単な作り方とコツとは

赤ちゃんの寝相アートの簡単な作り方とコツとは

季節の行事や1ヶ月などの思い出に

赤ちゃんの寝相アートを簡単に作れる方法を探しているママやパパもいるかもしれません。生後1ヶ月などの記念日に思い出を残せるとよいですね。寝相アートの作り方や撮影をするときのコツはあるのでしょうか。今回は寝相アートの簡単な作り方やポイントについてご紹介します。

寝相アートとは?

赤ちゃんの寝ている姿をかわいく写真に撮りたいという思いから、おもちゃなどの小道具を使って撮影します。

SNSなどでも多くの写真が投稿されていて、生後1ヶ月や100日記念など季節のイベントに合わせて撮影をするママやパパが多いようです。

寝相アートの作り方

工夫を凝らしたさまざまな寝相アートはどのように作られているのでしょうか。

寝相アートの作り方について簡単な手順を説明します。

  1. テーマを決める
  2. 小物等、背景の準備
  3. 撮影
  4. 写真を選択、加工

赤ちゃんをどのように写したいのかテーマを決めることから始めてみましょう。

実際に撮影する前に小道具を床に並べて写真を撮り、どのように映るのか確認をするのもよいかもしれません。

アプリを使って写真を加工するという方法もあるようです。

寝相アートに簡単に使えるアイディア

掲載写真に関するお問い合わせ

寝相アートを作るときに使えるアイディアはどのようなものがあるのでしょうか。身の回りにあるグッズや日常品を使って、簡単に寝相アートを作ってみましょう。

お家を見渡してみると、思わぬアイディアが浮かぶかもしれません。アイディアを考えるのも、寝相アートを作る面白さかもしれませんね。

ぬいぐるみやおもちゃを使ってシンプルに

お家にある身近なぬいぐるみやおもちゃを寝相アートに使うことができます。ぬいぐるみを周りに並べるだけで簡単にかわいい寝相アートが作れそうです。

おままごとセットなどのおもちゃを並べてコックさんのようにするなど、職業をテーマにした寝相アートもよいかもしれません。

アイディア次第でさまざまな寝相アートを楽しめそうですね。

タオルやブランケット

家にあるタオルやブランケットで背景を作るのもよいでしょう。色を使い分けると、空や海などの風景も表現できるかもしれません。

絵柄つきのブランケットもあるようなので、ブランケットを1枚敷くだけで簡単に寝相アートが作れそうです。

タオルやブランケットを広げて背景にするだけでなく、丸めたり形を変えることもできるので小道具としても使えるでしょう。

背景に使えない小さいサイズのタオルでも、使い方を考えるとよい小道具になるかもしれませんね。

オムツを使って数字を表現

掲載写真に関するお問い合わせ

生後1ヶ月や100日記念などに、オムツを使って表現するのもよいかもしれません。

オムツだと準備に時間をかけすに、簡単に寝相アートを楽しめるのではないでしょうか。

記念日ごとに写真を撮影し、寝相アートを通じて赤ちゃんの成長を残せるとよいですね。

季節ごとのイベント

七夕などの季節のイベントをテーマに寝相アートを作ることもできます。

100円均一ショップやおもちゃ屋さんなどで季節のおもちゃや小道具などを購入し、撮影に使用してみるのもよいでしょう。

テーマを考えながらお店で道具を探す時間も楽しめるかもしれません。

アプリで手描き

掲載写真に関するお問い合わせ

寝相アートをアプリを使って楽しむという方法もあるようです。

小道具を使って撮影した後にアプリで手描きの絵や文字を入れることによって、一味違った寝相アートを作ることができるかもしれません。

小道具を準備できなかった場合でも、アプリで絵を描くことによってかわいい寝相アートを作れそうです。

写真の加工をする作業もやりやすいかもしれませんね。

赤ちゃんの体重などを書いて記録として残すのもよいでしょう。

寝相アートを撮影するコツ

寝相アートを撮影するにあたって、気をつけるポイントやコツなどはあるのでしょうか。

自然光を使う

赤ちゃんのやわらかい雰囲気や温かさを表現するために写真を撮影する際に自然光を利用することがポイントのようです。

自分の影が写真に写りこまないように気をつけましょう。

カメラの枠内に収まるように意識する

撮影する前に端が見切れてしまないようチェックして作成した寝相アートがカメラの枠内に収まるように撮影しましょう。

寝相アートがカメラの枠内にきれいに収まるように、真上から撮影するとよいでしょう。

赤ちゃんの自然な寝相を残す

寝相アートは赤ちゃんのかわいい姿を残す写真です。赤ちゃんの自然な寝相を撮影するために、赤ちゃんを無理に動かさないよう気をつけましょう。

うまく撮影できないこともあるかもしれませんが、赤ちゃんの睡眠を妨げないようにしましょう。

簡単にできる寝相アートで思い出を残そう

掲載写真に関するお問い合わせ

寝相アートには、そのときの赤ちゃんの寝相によって世界観が変わってくるという面白さがあるのではないでしょうか。

作り方が難しそうに感じるママもいるかもしれませんが、寝相アートは身の回りの物を使いながら簡単に作ることができそうです。

生後1ヶ月や100日記念などの思い出作りとして寝相アートを撮影したり、七夕などの夏らしいイベントに合わせた寝相アートも面白いかもしれません。

季節ごとの寝相アートを楽しめそうですね。

自然光を使って撮影することを意識し、日当たりのよい場所で撮影するときれいな写真が撮れるでしょう。

赤ちゃんの成長を楽しい思い出として残せるとよいですね。

2019年05月23日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧