マタニティの服装やコーディネート。季節別の通勤や休日コーデのポイント

マタニティの服装やコーディネート。季節別の通勤や休日コーデのポイント

マタニティの服装やコーディネートを考えたときに、春夏や秋冬のおしゃれなコーデや通勤コーデが気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、マタニティコーデに取り入れた服装や、季節別の通勤、休日コーデのポイントをママたちの体験談を交えてご紹介します。

マタニティでもおしゃれがしたい

妊娠中、徐々にお腹が大きくなってくることで着るものが限られてくることもあるかもしれません。ママのなかには、妊娠中の通勤コーデや休日コーデにトレンドを取り入れたり、お腹が目立ちにくい服装をしたいといった声もありました。

実際に、マタニティコーデに活躍する服装や、通勤と休日のシーン別のコーディネートはどのようなものがあるのでしょう。今回は、ママたちがどのような服装を取り入れていたのかを調べてみました。

マタニティコーデに取り入れた服装

マタニティコーデに活躍する服装にはどのようなものがあるのでしょう。ママたちに聞いたマタニティコーデに取り入れたアイテムをご紹介します。

トップス

「お腹が隠れる丈が長めのチュニックや、ゆるめのトップスを使うとお腹が大きくなってきても体型を気にせず着やすかったです」(30代ママ)

「胸元切替のデザインのブラウスやワンピースは、お腹部分を締めつけにくいので着心地がよかったです」(20代ママ)

トップスは、丈が長めのチュニックや、胸元切替のデザインのものがお腹が目立ちにくいことからマタニティコーデで活躍するようです。新たに買い足す場合は、産後のことを考えて授乳機能がついたマタニティのトップスを用意するのもよいかもしれません。

ボトムス

iStock.com/Staras

「マタニティレギンスは、伸縮性もありお腹周りが楽でよく着ていました。丈が長めのトップスにあわせたり、秋冬は防寒対策としてワンピースとコーディネートしました」(40代ママ)

「アジャスター機能がついたマタニティパンツは、お腹の大きさにあわせてサイズを調節できるので便利でした。オフィスでも着ることができそうなデザインを選びました」(30代ママ)

マタニティ時期に着るボトムスは、伸縮性のよいものや、サイズ調節できるものが、動きやすく着心地がよさそうです。ママのなかには、手持ちのパンツをマタニティウェアとして履くことができるアジャスターベルトを用意したという声もありました。

「妊娠してからは、ヒールのある靴をあまり履かないようにして、スニーカーやバレエシューズをよく履いていました。着るシーンやあわせる服装によって使いわけました」(30代ママ)

マタニティ時期に履く靴は、歩きやすいスニーカーやフラットシューズが履きやすいようです。シーンや服装にあわせたデザインを選んだり、デザイン違いをいくつか用意してコーディネートを楽しむのもよさそうです。

【季節別】通勤コーデのポイント

マタニティの通勤コーディネートをどのようにしたらよいのか悩むママもいるかもしれません。実際にママたちがどのように工夫していたのか、季節別のコーディネートについて聞いてみました。

春夏

iStock.com/Morsa Images

「マタニティ用のジャケットとパンツのセットアップを用意し、その日の気温にあわせてトップスは長袖と半袖を選んでいました。ボタンのないデザインのジャケットは、お腹が大きくなってきても着やすかったです」(30代ママ)

「夏は涼しいリネン素材のブラウスに、きれいめのマタニティパンツをあわせました。オフィスは冷房が効いているので、薄手のカーディガンを用意して、肌寒いときにさっと羽織れるようにしました」(20代ママ)

春夏の通勤コーデは、ジャケットやカーディガンなど、体温調節がしやすい羽織を取り入れるとよさそうです。他には、オフィスで座ることを考えて、しわになりくい素材のものや、座ったときにお腹が苦しくないボトムスを取り入れていたというママの声もありました。

秋冬

「ニットのロングカーディガンに、シャツとテーパードパンツをあわせました。着丈の長いカーディガンは温かくすごせるだけでなく、スタイルがよく見えるので活躍しました。会議などできちんとした服装をしたいときは、ジャケットを羽織りました」(30代ママ)

「ゆったりしたワンピースに、厚手のタイツをあわせて、フラットシューズを履きました。カジュアルになりすぎないように、靴の素材や、全体のカラーを工夫しました」(30代ママ)

秋冬の通勤コーデは、温かい素材のニットカーディガンや厚手のタイツなどが活躍しそうです。ママのなかには、産後も使えるタイプのマタニティコートを冬の寒い季節の通勤用に購入したという声もありました。

【季節別】休日コーデのポイント

仕事をしているママのなかには、平日はきちんとしたコーデをするため、休日はおしゃれなコーデを楽しみたいと思うママもいるかもしれません。実際に、ママたちが休日どのようなマタニティコーデをしていたのか聞いてみました。

春夏

「お腹まわりを締めつけない伸縮性のあるガウチョパンツは、夏に涼しくすごせて快適でした。トップスはバランスをみながらコーディネートしました」(30代ママ)

「夏はノースリーブワンピースに、ぺたんこのサンダルをあわせていました。胸下に切り替えのある、長め丈のワンピースは妊娠後期でも体型を気にせず着やすかったです」(20代ママ)

マタニティの休日コーデは、お腹を締めつけないリラックススタイルを意識して取り入れてもよさそうです。他には、オールインワンタイプはお腹が楽ですごしやすかったというママの声もありました。

秋冬

「妊娠後期の秋の休日コーデはゆるめのTシャツに、マタニティ用のデニムパンツをあわせて、チェックのネルシャツをポイントに羽織りました。お腹が目立ってきて着れる服装が限られていたので、ニット帽などの小物でおしゃれを楽しみました」(20代ママ)

「ざっくりニットのチュニックに、マタニティ用のレギンスパンツをコーディネートしました。ニットは秋冬の寒い時期によく着ていました。靴は転びにくいスニーカーを履くことが多かったです」(30代ママ)

秋冬のマタニティコーデは、素材や小物使いでおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。ワンピースにタイツやレギンスをあわせるときは、カラーを変えるなどの工夫をするのもよいかもしれません。

寒い季節にも、温かくすごせてリラックスできるコーディネートができるとよいですね。

マタニティコーディネートはおしゃれを楽しもう

iStock.com/Yagi-Studio

ママたちは、妊娠中の服装を、お腹が目立ちにくいデザインや、お腹が苦しくないデザインの洋服を取り入れてコーディネートしていたようです。また、マタニティであっても通勤やオフィス用のコーディネートは、職場の雰囲気や目的にあったものにするとよさそうです。

春夏は涼しくすごせるコーデを、秋冬は温かくすごせるコーデを工夫しながら、おしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2018年09月02日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧