子ども用に腹巻は必要?夏に使える腹巻や腹巻付きのズボンなど

子ども用に腹巻は必要?夏に使える腹巻や腹巻付きのズボンなど

サイズアウトした子ども服で作るリメイク腹巻の作り方

子どもに腹巻は必要なのか気になるママやパパは少なくないかもしれません。夏に使える子ども用腹巻や腹巻付きのズボンなど腹巻の選び方、子どもが腹巻を使ったシーンについてママたちに聞いてみました。

子ども用の腹巻は必要?

子どもに腹巻は必要なのでしょうか。子ども用腹巻を用意したきっかけについてママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもの寝相が悪く、寝ているときにお腹が出てしまうこともあったので子ども用腹巻を買いました。
30代ママ
寝ているときに子どもが暑がってパジャマを脱いでしまうので、風邪を引かないように腹巻付きのパジャマが欲しいと思いました。
30代ママ
お風呂上り、裸で動き回って着替えるのに時間がかかることもあるので、ズボンに腹巻が付いているパジャマだと、さっと履いてお腹も温められると思い子ども用腹巻を用意しました。
子どもが寝るときや、お風呂上りに使えるように子ども用腹巻を用意したママが複数人いました。

子ども用の腹巻を使うシーン

寝ている子供
© polkadot - Fotolia
子どもが腹巻を使ったシーンについてママたちに聞いてみました。
30代ママ
寝るときに腹巻をよく使っています。腹巻をしていたら布団を蹴ってしまっても冷えないので安心でした。
30代ママ
子どもが風邪を引いたとき、お腹を冷やさないように腹巻を使いました。
30代ママ
主に冬の時期に腹巻を使っていましたが、夏場、エアコンを付けているときに子どもの身体が冷えないように腹巻を使っています。
夏になると、エアコンや扇風機などを使うことも増えるでしょう。腹巻は寒い時期だけでなく夏場でも役立つようですね。おでかけするときに腹巻を使うこともあるようです。

ママたちが選んだ子ども用腹巻

暑い日に使える夏用腹巻や、素材、デザインなどさまざまな種類の腹巻がありますが、ママたちはどのような子ども用腹巻を用意したのでしょうか。

肌ざわりのよい腹巻

パイル地
iStock.com/LightFieldStudios
30代ママ
子どもの肌に合った腹巻が欲しかったので、柔らかくて肌ざわりがよく、締め付けがきつすぎない腹巻を選びました。
肌にやさしいガーゼやパイル、シルクやコットンなどさまざまな素材の腹巻があります。

夏の暑い季節でも快適にすごせるように、通気性や吸汗性のよいものを選ぶのもポイントのひとつでしょう。

素材によって生地の厚みも異なります。夏に腹巻を使用する場合は薄手のものを選ぶとよいでしょう。

ズボンと一体型の腹巻

30代ママ
ズボンに腹巻が付いているパジャマを用意しました。寝相が悪くても腹巻がずれないので、こちらも安心して眠れました。
30代ママ
ズボンと腹巻がいっしょになっているパジャマはオールシーズンよく使っています。着替えも楽で時間がかからないのでよいと思います。
ズボンに腹巻が付いているパジャマを選んだママが複数人いました。

ズボンと腹巻がいっしょになっていると、腹巻がずれたり脱げることがないため子どもも使いやすいかもしれません。

デザイン

30代ママ
1~2歳ごろ、当時子どもが好きだったキャラクターの腹巻をよろこんで使っていました。気に入ってくれたようでよかったです。
30代ママ
子どもの好きな車や電車など乗り物柄の腹巻付きズボンを買いました。子どもの好きな柄だと、自ら進んでお着替えしてくれます。
色や柄、キャラクターなどいろいろなデザインの子ども用腹巻があるようです。子どもに合った腹巻を用意できるとよいですね。

子ども用腹巻の作り方

子ども用腹巻の作り方をご紹介します。

子ども服 

着なくなった子ども服を腹巻にリメイクする方法もあるようです。
  1. Tシャツの袖から下の部分を切って上下三つ折りにする
  2. ゴムを通せるように三つ折りにした部分を縫う
  3. 上下部分にゴムを通す
Tシャツ以外にも、ズボンで腹巻を作ることもできるようです。

股下部分を切って、下部分を三つ折りして縫い、ゴムを通します。ズボンは上部分を縫う必要がないため簡単に腹巻を作れそうです。

子どものお気に入りの服がサイズアウトして着られなくなったときに、腹巻を作ってみるのもよいかもしれませんね。

布やタオル 

肌にやさしいガーゼや、伸びのよいストレッチ素材などの布、薄手のタオルでも腹巻を作ることができるようです。

刺繍をしたり、ワッペンなどを付けてもよいですね。オリジナルのかわいい夏用の腹巻を手作りしみてはいかがでしょうか。

腹巻で夏を快適にすごそう

赤ちゃんを抱くママ
© polkadot - Fotolia
子ども用の腹巻は、子どもが寝るときやお風呂上り、体調を崩したときなど、さまざまな場面で使うことができます。

腹巻は、子ども服や布、タオルなどを使って手作りすることができるようです。作り方を参考にしながらオリジナルの腹巻を作るのもよいでしょう。

ズボンに付いているタイプの腹巻もあるので、使うシーンを考えながら腹巻を選ぶのもよさそうです。夏用の腹巻を活用しながら暑い夏を快適にすごせるとよいですね。


2019年08月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧