子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年05月25日

生後2カ月の肌着。ロンパースなどの種類や夏と冬、外出先などシーン別の選び方

生後2カ月の肌着。ロンパースなどの種類や夏と冬、外出先などシーン別の選び方

生後2カ月の肌着には短肌着や長肌着、ロンパースなどがあるようです。夏と冬の使い分けや、外出時の肌着に悩むママもいるかもしれません。この記事では、肌着の選び方、枚数など体験談を交えてご紹介します。

生後2カ月の肌着

赤ちゃんの肌着には素材や種類がいろいろあるようです。生後2カ月の赤ちゃんにどのようなものを選べばよいか悩むママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが快適に過ごせる肌着を選びたいですよね。

生後2カ月の肌着の種類

生後2カ月の肌着
iStock.com/Saulich

生後2カ月の赤ちゃんの肌着にはどのような種類があるのでしょうか。

短肌着

腰丈の短肌着を一枚で着せているママもいるようです。また、気温に合わせて短肌着をベースに長肌着やコンビ肌着を組み合わせて使うという場合もあるようです。

長肌着

寒いときには、つま先まで丈のある長肌着を短肌着の上に重ねて使用するのもよいかもしれません。季節や赤ちゃんの様子を見ながら調節してあげましょう。

コンビ肌着、ロンパース

コンビ肌着は股下でスナップボタンを留めることができるので、裾がめくれる心配がないようです。足は覆われますが、足の動きを妨げないようゆったりと裾広がりに作られているようです。

ロンパースは股下でスナップボタンを留められます。長そでと半そで、ノースリーブもあります。丈もさまざまなようです。

季節別、生後2カ月の肌着の素材

赤ちゃんの肌着には、綿100%の素材の中から選ぶというママの声があるようです。さまざまな種類がある綿素材から、季節に応じてどのような素材がよいのかご紹介します。

iStock.com/photosbyhope

綿100%の素材の中でガーゼ素材は、通気性がよく乾きやすいといわれているので、夏に向いているかもしれません。他にも通気性に優れているといわれるメッシュ素材の肌着を夏に選ぶというママもいるようです。Tシャツなどに使われる天竺もさらさらの肌ざわりで乾きやすく、夏に着せているというママの声もありました。

スムースは保温性と吸汗性に優れているようです。やや厚めの生地なので冬に向いているかもしれません。天竺を2枚重ね合わせてあるニットガーゼも肌ざわりが柔らかく、温かさがあるので冬によく着せているというママもいるようです。

春と秋

メリヤス編みのフライスは伸縮性があり、大人の肌着にもよく使われる素材ではないでしょうか。やわらかな肌ざわりで季節を問わず着用できる特徴があるようです。比較的過ごしやすい春や秋に選ぶとよいかもしれません。春や秋でも少し暑さを感じるときは天竺のさらさらとした生地の肌着も選ばれているようです。

場面別、生後2カ月の肌着

場面別では、どの肌着がよいのかご紹介します。

家や寝るとき

家や寝るときには赤ちゃんがリラックスできるよう、肌ざわりのよいものや着慣れたものを選んであげるとよいようです。

外出のとき

iStock.com/Yagi-Studio

外出先でも赤ちゃんの肌着が汚れたり、汗をかいたりして着替えさせることもあるかもしれません。外出先でも着替えさせやすく、赤ちゃんが動きやすい肌着を選ぶとよいようです。

生後2カ月の肌着選びの体験談

生後2カ月の肌着をどうしていたか、ママの体験談をご紹介します。

春の肌着選び

「4月に生後2カ月だった娘には、長袖のロンパースを着せていました。ロンパースは足が出ているので、寒そうに感じるときはレッグウォーマーを合わせて使用。ロンパースの上からトップスを着せ、肌寒いと感じるときにはさらにベストを着せて簡単に調節できるようにしていました。ロンパースは6枚くらいを使っていたと思います」(2歳女の子のママ)

夏の肌着選び

「真夏に生後2カ月だったので、肌着はロンパースを活用していました。コンビ肌着や長肌着も用意していましたが、暑そうだったのでどこに行くにもロンパース1枚を着せていました。肌着っぽくないデザインのものを選び、全部で10枚ほどを使っていました」(6カ月男の子のママ)

秋の肌着選び

「秋に生後2カ月だったので、暑い日は短肌着とトップスだけにしたり、肌寒い日は短肌着と長肌着を重ねてからトップスを着せたりと調節しました。出産前に短肌着と長肌着を各6枚ほど用意していたので、それで足りていました」(1歳男の子のママ)

冬の肌着選び

「1月に生後2カ月だった娘に着せていたのは短肌着とコンビ肌着の重ね着でした。さらに上からトップスも着せ、買い物などの外出時はアウターも着せていました。短肌着とコンビ肌着はそれぞれ7枚ずつ使っていたと思います」(1歳女の子のママ)

生後2カ月の赤ちゃんが快適な肌着を

iStock.com/Masao

生後2カ月の赤ちゃんの肌着には短肌着やロンパースなどさまざまなタイプがあるようなので、季節やシーンに合わせて選びましょう。冬には温かい素材を選び、肌着を組み合わせることで調節し、夏には涼しくて乾きやすい素材を選ぶと便利かもしれません。外出時は、慣れない場所でもママが着替えさせやすい肌着がよいのではないでしょうか。

子ども服の関連記事
カテゴリ一覧