新生児用のオムツはいつまで?オムツの選び方やサイズアップをするときの目安

新生児用のオムツはいつまで?オムツの選び方やサイズアップをするときの目安

新生児用のオムツはいつまで使えるのかと悩むママもいるのではないでしょうか。一度にたくさん買うと、余ってしまうこともあるかもしれません。今回は、新生児用のオムツをいつまで使ったか、オムツの選び方や買うときに気をつけること、新生児用のオムツからサイズアップしたときの目安をママたちの体験談を交えてご紹介します。

新生児用のオムツはいつまで?

ママたちは、新生児用のオムツをいつまで使っていたのでしょうか。実際に使っていた期間をママたちに聞いてみました。

「小さめの赤ちゃんだったので、新生児用のオムツは生後2カ月くらいまで使っていました」(20代ママ)

「出生時は平均体重でしたが産まれてからぐんぐん大きくなったので、1カ月健診の頃までしか使いませんでした」(40代ママ)

新生児用のオムツがいつまで使えるかは、赤ちゃんの体重や体型によっても変わってくるようです。新生児用のオムツは、対象となる体重の目安がパッケージに記載されていることがあるようなので、参考にしてみるのもよいかもしれません。

ママたちの新生児用オムツの選び方

新生児のオムツを選ぶとき、ママたちはどのようなポイントを見ていたのでしょう。

肌ざわりや通気性

「オムツのサンプルを実際に触り比べ、肌ざわりがよいと感じたオムツを選んで使いました」(30代ママ)

「オムツのパッケージに通気性がよいと書いてあるものを見たとき、赤ちゃんが気持ちよく過ごせそうだなと思って選びました」(40代ママ)

いろいろなメーカーのオムツを実際に触って、優しい肌ざわりだと感じたものを選んだママもいるようです。オムツは赤ちゃんの肌が直接触れるものなので、気になる場合はサンプルなどで確認してもよいかもしれませんね。

吸水力

「新生児の頃はおしっこの回数も多かったので漏れることを心配し、吸水力が高いとパッケージに書かれているオムツを選びました」(40代ママ)

オムツ替えの回数が多い新生児期の赤ちゃんに、吸水力の高さでオムツを選んだママもいるようです。オムツ交換がなかなかできない場合もあるかもしれないと考えて選んだというママもいました。

価格と枚数

© HENADZY - Fotolia

「新生児の頃は1日に使う量が15枚程だったので、1パックに入っている枚数が多いオムツを選びました」(20代ママ)

「サンプルでもらったオムツを試したところ、どのメーカーのオムツを使っても使いにくさを感じなかったので、コストパフォーマンスの高いオムツを用意しました」(30代ママ)

同じ値段で枚数が多く入っているコストパフォーマンスの高いオムツを選んだというママもいるようです。新生児の頃は1日に使うオムツの枚数も多いのではないでしょうか。1枚あたりの値段を計算してから選ぶのもよいかもしれません。

新生児のオムツを用意するときに気をつけること

ママたちが新生児のオムツを用意するときに気をつけたことを聞いてみました。

まとめ買いをしない

「新生児用のオムツがいつまで使えるのか分からなかったので、1パックだけ用意しました。残りの枚数が少なくなったらパパに買ってきてもらったり、ネットショッピングで注文したりと、買い置きをしないようにしていました」(30代ママ)

「新生児のオムツをいつまでに準備したらよいのか迷い、妊娠後期に2パック用意しました。実際に使うとオムツが赤ちゃんの肌と合わなかったようで、使えずに余ってしまいました」(20代ママ)

新生児サイズのオムツを用意するときは、まとめ買いをしないように気をつけていたママもいるようです。サイズアップするときにオムツがなるべく余らないように、なくなったら買い足すなど少量ずつ購入するのもよいかもしれません。

赤ちゃんの体型に合うか確認する

iStock.com/Kuzmik_A

「事前に準備しておいたオムツと赤ちゃんの体型が合わなかったようで、テープを止めても隙間ができてしまうことがありました。何個かサンプルをもらい、違うメーカーのオムツに変えると赤ちゃんの体型にもフィットしました」(20代ママ)

「買う前にさまざまなメーカーのオムツのサンプルをもらい、赤ちゃんの体型に合うかを確かめてから購入しました」(40代ママ)

メーカーにごとにオムツの大きさや仕様はさまざまなようで、用意したオムツが赤ちゃんの体形に合わなかったというママの声もありました。赤ちゃん用品店などでオムツのサンプルがもらえることもあるようなので、実際に購入する前に試してみるのもよいですね。

新生児のオムツをサイズアップするときの目安

パッケージに記載されている使用する目安の体重以外に、ママたちはどのようなことをきっかけにしてオムツをサイズアップしていたのでしょうか。

漏れるようになった

「オムツ替えの時間が少し空いてしまうと、おしっこが漏れることが増えました。吸水力が足りなくなったのかなと思い、サイズアップすることにしました」(30代ママ)

オムツのサイズが合わないとおしっこなどが漏れてしまうこともあるようです。オムツのテープを留める位置や角度を工夫しても漏れることが続き、サイズアップを検討したというママの声もありました。

テープが留めにくくなった

「体重はオムツの使用目安の範囲内でしたが、テープを留める位置が外側になり留めにくくなってきたのでSサイズに変更しました」(30代ママ)

ママたちはオムツのテープを留める位置などもオムツのサイズアップの目安にしているようです。赤ちゃんのウエストがきつくないかなどを確認してサイズアップを検討できるとよいかもしれません。

新生児用のオムツは赤ちゃんに合わせて

iStock.com/Milatas

新生児用のオムツはいつまで使えるかは赤ちゃんの体重や体型によってさまざまなようです。テープが留めづらくなったり、オムツから漏れたりすることが続くときなどにサイズアップを検討してみるのもよいかもしれません。新生児の赤ちゃんの体型や様子に合わせてオムツを選べるとよいですね。

2018年05月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧