子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

新生児用のオムツはいつまで?オムツの選び方やサイズアップをするときの目安

新生児用のオムツはいつまで?オムツの選び方やサイズアップをするときの目安

新生児用のオムツはいつまで使えるのかと悩むママもいるのではないでしょうか。一度にたくさん買うと、余ってしまうこともあるかもしれません。今回は、新生児用のオムツをいつまで使ったか、オムツの選び方や買うときに気をつけること、新生児用のオムツからサイズアップしたときの目安をママたちの体験談を交えてご紹介します。

新生児用のオムツはいつまで?

ママたちは、新生児用のオムツをいつまで使っていたのでしょうか。実際に使っていた期間をママたちに聞いてみました。

「小さめの赤ちゃんだったので、新生児用のオムツは生後2カ月くらいまで使っていました」(20代ママ)

「出生時は平均体重でしたが産まれてからぐんぐん大きくなったので、1カ月健診の頃までしか使いませんでした」(40代ママ)

新生児用のオムツがいつまで使えるかは、赤ちゃんの体重や体型によっても変わってくるようです。新生児用のオムツは、対象となる体重の目安がパッケージに記載されていることがあるようなので、参考にしてみるのもよいかもしれません。

ママたちの新生児用オムツの選び方

新生児のオムツを選ぶとき、ママたちはどのようなポイントを見ていたのでしょう。

肌ざわりや通気性

「オムツのサンプルを実際に触り比べ、肌ざわりがよいと感じたオムツを選んで使いました」(30代ママ)

「オムツのパッケージに通気性がよいと書いてあるものを見たとき、赤ちゃんが気持ちよく過ごせそうだなと思って選びました」(40代ママ)

いろいろなメーカーのオムツを実際に触って、優しい肌ざわりだと感じたものを選んだママもいるようです。オムツは赤ちゃんの肌が直接触れるものなので、気になる場合はサンプルなどで確認してもよいかもしれませんね。

吸水力

「新生児の頃はおしっこの回数も多かったので漏れることを心配し、吸水力が高いとパッケージに書かれているオムツを選びました」(40代ママ)

オムツ替えの回数が多い新生児期の赤ちゃんに、吸水力の高さでオムツを選んだママもいるようです。オムツ交換がなかなかできない場合もあるかもしれないと考えて選んだというママもいました。

価格と枚数

© HENADZY - Fotolia

「新生児の頃は1日に使う量が15枚程だったので、1パックに入っている枚数が多いオムツを選びました」(20代ママ)

「サンプルでもらったオムツを試したところ、どのメーカーのオムツを使っても使いにくさを感じなかったので、コストパフォーマンスの高いオムツを用意しました」(30代ママ)

同じ値段で枚数が多く入っているコストパフォーマンスの高いオムツを選んだというママもいるようです。新生児の頃は1日に使うオムツの枚数も多いのではないでしょうか。1枚あたりの値段を計算してから選ぶのもよいかもしれません。

新生児のオムツを用意するときに気をつけること

ママたちが新生児のオムツを用意するときに気をつけたことを聞いてみました。

まとめ買いをしない

「新生児用のオムツがいつまで使えるのか分からなかったので、1パックだけ用意しました。残りの枚数が少なくなったらパパに買ってきてもらったり、ネットショッピングで注文したりと、買い置きをしないようにしていました」(30代ママ)

「新生児のオムツをいつまでに準備したらよいのか迷い、妊娠後期に2パック用意しました。実際に使うとオムツが赤ちゃんの肌と合わなかったようで、使えずに余ってしまいました」(20代ママ)

新生児サイズのオムツを用意するときは、まとめ買いをしないように気をつけていたママもいるようです。サイズアップするときにオムツがなるべく余らないように、なくなったら買い足すなど少量ずつ購入するのもよいかもしれません。

赤ちゃんの体型に合うか確認する

iStock.com/Kuzmik_A

「事前に準備しておいたオムツと赤ちゃんの体型が合わなかったようで、テープを止めても隙間ができてしまうことがありました。何個かサンプルをもらい、違うメーカーのオムツに変えると赤ちゃんの体型にもフィットしました」(20代ママ)

「買う前にさまざまなメーカーのオムツのサンプルをもらい、赤ちゃんの体型に合うかを確かめてから購入しました」(40代ママ)

メーカーにごとにオムツの大きさや仕様はさまざまなようで、用意したオムツが赤ちゃんの体形に合わなかったというママの声もありました。赤ちゃん用品店などでオムツのサンプルがもらえることもあるようなので、実際に購入する前に試してみるのもよいですね。

新生児のオムツをサイズアップするときの目安

パッケージに記載されている使用する目安の体重以外に、ママたちはどのようなことをきっかけにしてオムツをサイズアップしていたのでしょうか。

漏れるようになった

「オムツ替えの時間が少し空いてしまうと、おしっこが漏れることが増えました。吸水力が足りなくなったのかなと思い、サイズアップすることにしました」(30代ママ)

オムツのサイズが合わないとおしっこなどが漏れてしまうこともあるようです。オムツのテープを留める位置や角度を工夫しても漏れることが続き、サイズアップを検討したというママの声もありました。

テープが留めにくくなった

「体重はオムツの使用目安の範囲内でしたが、テープを留める位置が外側になり留めにくくなってきたのでSサイズに変更しました」(30代ママ)

ママたちはオムツのテープを留める位置などもオムツのサイズアップの目安にしているようです。赤ちゃんのウエストがきつくないかなどを確認してサイズアップを検討できるとよいかもしれません。

新生児用のオムツは赤ちゃんに合わせて

iStock.com/Milatas

新生児用のオムツはいつまで使えるかは赤ちゃんの体重や体型によってさまざまなようです。テープが留めづらくなったり、オムツから漏れたりすることが続くときなどにサイズアップを検討してみるのもよいかもしれません。新生児の赤ちゃんの体型や様子に合わせてオムツを選べるとよいですね。

2018年05月15日

子ども服の関連記事
  • 新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    季節毎のパジャマと肌着の組みあわせ

    新生児からパジャマを着せてもよいのかや、春夏秋冬でどのようなものを選ぶとよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、素材やサイズなど新生児のパジャマを選ぶときのポイントや、季節毎のパジャマと肌着の組みあわせについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧