子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

キッズ用スカートのオーバーオール。年齢別に合う素材や選び方など

キッズ用スカートのオーバーオール。年齢別に合う素材や選び方など

さまざまな服に合わせやすいキッズ用スカートのオーバーオール。子どもらしくて動きやすいアイテムですよね。今回の記事ではキッズのオーバーオールスカートの選び方について考えてみました。

キッズのスカートの着こなし

キッズのスカートの中でもカジュアルな着こなしが楽しめるオーバーオールのスカート。さまざまなインナーに合わせやすいのが特徴で、1枚あると着回しもきく便利なアイテムではないでしょうか。シンプルなデザインでお揃いのコーディネートも楽しめる定番のデニム素材のものや、コーデュロイやリネンなど素材にこだわったものまで、キッズのオーバーオールスカートの種類は豊富なようです。

オーバーオールとは、胸当てつきのズボンやスカートをサスペンダーや吊り紐で吊り下げた形をしている服のことです。オーバーオールの語源は英語ですが、フランス語で同義語を表すサロペットとしても親しまれているようです。

キッズ用オーバーオールのスカートの素材

キッズ用オーバーオールのスカートには、どのような素材のものがあるのでしょうか。

デニム

デニム生地
Seregam /Shutterstock.com

デニム素材のオーバーオールは、季節を問わず使うことができます。シンプルなデザインのものも多いので、兄妹姉妹でお揃いのコーディネートを楽しむこともできるでしょう。丈夫なのも魅力的なのではないでしょうか。

コットンやリネン

さらさらしていて、柔らかい触り心地のコットンやリネン素材を使ったオーバーオールのスカートは、動きやすさが特徴でしょう。軽いので遊び着にも最適で、ナチュラルな着こなしができるのではないでしょうか。

コーデュロイやウール

コーデュロイやウールなどの起毛素材を使ったオーバーオールは、あたたかみのあるデザインで秋や冬の時期に活躍するでしょう。また、デニム素材やスエット生地に比べるとウールはきちんとした感じもでるので、お出掛け着として子どもに着せているママもいるようです。

キッズ用オーバーオールのスカートの選び方

サロペットのスカートタイプ
Akkalak Aiempradit /Shutterstock.com

素材やデザインなどさまざまな種類のオーバーオールのスカートの中から、自分の子どもにあったものを選ぶポイントはどのようなものなのでしょうか。

サイズ

オーバーオールは、サスペンダーの部分で長さを調整できるものが多いようです。長く着られるアイテムでもあるので、少し大きめのサイズを選んでもよいかもしれません。

デザイン

キッズ用のオーバーオールのスカートは、シンプルで定番のデニム素材のものから、フリルやリボンが付いたかわいらしいデザインのものまであります。ボタンやポケットがアクセントになっているデザインなどもあり種類はさまざまなので、着るシーンに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

色や柄

無地やストライプなどのシンプルな柄も多いようですが、キャラクターやアップリケが付いた子どもらしい柄のオーバーオールもあります。赤など目を引くカラーから、落ち着いた紺色やグレーなどカラーバリエーションも豊富でしょう。

年齢別キッズ用オーバーオールのスカート

たくさん並ぶオーバーオールの中から、子ども用に選ぶときのポイントを、年齢別に詳しく見ていきましょう。

1歳から2歳

スカートタイプのオーバーオールは、おなかの締め付けも少なく、おなかも背中も出にくいのが特徴です。スカートの下にレギンスなどを合わせて履かせると寒さ対策にもなるでしょう。

2歳から4歳

1歳から2歳に比べると、活発に動き回ることもある2歳から4歳のころには、動きやすいストレッチ素材のものを選ぶのもよいでしょう。シンプルなデニムのオーバーオールは、Tシャツやカットソーなど何にでも合わせやすく、着回しもできるので1枚あると便利なアイテムです。オムツが替えやすいのもよいですね。

4歳から6歳

かわいらしさを抑えた大人っぽいデザインや、定番のデニム素材に刺繡があしらわれたものなど種類も豊富です。自分の好みやこだわりがでてくる子もいるようなので、いっしょに買い物に行って選ぶのも楽しいかもしれません。動きやすく洗濯しやすい素材のものを選ぶとよいのではないでしょうか。

【体験談】オーバーオールのスカートの活用例

実際に子ども用オーバーオールスカートを選んだママの体験談をご紹介します。

公園遊びに活用

「デニム素材などオールシーズン着まわせるオーバーオールは、手持ちの服の上に1枚着るだけでコーディネートが決まるので、普段着や遊び着として活躍しています。おなかを締め付けることが少ないので動きやすいようで、下にレギンスを重ねて公園に着て行くことも多いです」(2歳女の子のママ)

トイレの脱ぎ着も楽

「オーバーオールは動きやすいのでよく子どもに着させています。ズボンタイプとは異なりスカートのオーバーオールは、トイレの脱ぎ着も楽にできるので便利なようです」 (4歳女の子のママ)

便利なオーバーオールのスカート

笑顔の子ども
Akkalak Aiempradit/Shutterstock.com

合わせるインナーやアウターで、コーディネートの幅も広がり、1枚あると便利なキッズ用のオーバーオールスカート。素材などによってはオールシーズン活躍するアイテムでしょう。シンプルで定番のものから、デザイン性の高いものまで揃っているので、それぞれの子どもにあったものを選んであげましょう。

2018年04月30日

子ども服の関連記事
  • 新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    季節毎のパジャマと肌着の組みあわせ

    新生児からパジャマを着せてもよいのかや、春夏秋冬でどのようなものを選ぶとよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、素材やサイズなど新生児のパジャマを選ぶときのポイントや、季節毎のパジャマと肌着の組みあわせについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧