子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年12月21日

ベビーアウターはどう選ぶ?種類や素材の特徴、選ぶときのポイント

ベビーアウターはどう選ぶ?種類や素材の特徴、選ぶときのポイント

寒い冬、外でもできるだけ暖かく過ごせるように、ベビーアウターの購入を考えているママも多いのではないでしょうか。ママとしては赤ちゃんが動きやすく、そして暖かく感じられるアウターを選びたいですよね。今回は、ベビーアウターの種類や素材の特徴、選び方についてご紹介します。

冬は肌着の上にアウターで寒さ対策

まずはアウターの着せ方から見ていきましょう。冬になると、キルト生地やスウェット生地など、厚手の服を着せる機会も増えてくるのではないでしょうか。

トップスが厚手だから肌着は必要なさそうと感じているママもいるかもしれません。しかし、赤ちゃんは冬でも意外と汗をかく場合があります。

授乳中や睡眠時だけでなく、暖かい室内に入ったときも汗をかくかもしれないので、肌着で汗をしっかりと吸収してあげましょう。その上から普段着せているトップスやロンパースなどを重ね着し、最後にアウターを着せてあげると暖かく過ごせそうです。

ベビーアウターの種類

ベビーアウター
Iulian Valentin/Shutterstock.com

たくさんあるベビーアウターですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

おくるみ

赤ちゃんを包む大きな布のことで、抱っこをしやすくしてくれるようです。冬場の防寒着としてだけでなく、夏になると冷房対策としても使えるようです。正方形や長方形のシンプルなデザインから、頭部分が帽子のようになっていて赤ちゃんの頭まで包んであげられるタイプまでさまざまな形があるようです。

ベスト

新生児ベストとは、大人用ベストと同じように袖のついていないアウターを指すようです。厚手のアウターを羽織るほどではないけれど少し肌寒く感じるような日や、アウター1枚だけだと寒さが厳しく感じられる日などにも使いやすいようです。

カーディガン

前開きになっているニット素材のトップスで、カットソーやシャツの上に羽織ると暖かく過ごせるようです。寒さの厳しい日には厚手のアウターといっしょに着せてあげるとよいでしょう。前開きのデザインによる着脱しやすさも魅力のひとつかもしれません。

マント

肩から腕にかけて包み込む、ポンチョのような形の防寒着がマントと呼ばれているようです。腕を通さないデザインになっているので、赤ちゃんに着せてあげやすく、赤ちゃん自身も動きやすい防寒着のようです。

ケープ

ベビーカーや抱っこ紐、チャイルドシートにも取りつけられるマントのような形の防寒着を指すようです。赤ちゃんをやさしく包み込んでくれるので、外でも暖かく過ごせそうですね。

ジャンプスーツタイプ

カバーオールのような形をしている、厚手のアウターを指すようです。上下が繋がっていて暖かく、手足までしっかりと包み込んでくれます。服と同じ形をしているので、赤ちゃんも自由に手足を動かせられます。

ベビーアウターの選ぶポイント

赤ちゃんの足
316pixel/Shutterstock.com

次に、ベビーアウターを選ぶときに見ておきたい3つのポイントについてご紹介します。

サイズ

大人用のアウターと同じように、下に何枚か重ね着することを考えて、少し大きめのサイズを選ぶとよさそうです。

ただ、寝返りやハイハイ、つかまり立ちなどで体を動かしている赤ちゃんにとって、大きすぎるサイズのアウターは動きづらさを感じてしまうかもしれません。余裕があれば購入前に試着してみて、着脱しやすく動きやすそうなサイズを選びたいですね。

中に着る服を考えて選ぶ

大人よりも体温の高めといわれる赤ちゃんは、重ね着しすぎると熱く感じてしまうかもしれません。中に着せる服の素材や枚数に合わせて、アウターを選ぶようにしましょう。着脱しやすいベストやカーディガンなどを活用してもよさそうですね。

素材

赤ちゃんの肌を考えて素材選びも大切にしたいですね。ベビーアウターにはフライスやスムースニット、キルトや綿などさまざまな素材が使われているようです。

なかには化学繊維が多く使われている商品もありますが、デリケートな赤ちゃんの肌には刺激が強い場合もあるかもしれません。肌にやさしくあたたかい素材を選ぶようにしましょう。

ベビーアウターの素材

最後に、ベビーアウターに多く使われている3つの素材の特徴をご紹介します。

フライス

フライス素材は、吸湿性や通気性に優れていて、やわらかな肌ざわりも特徴のようです。生地の表裏どちらもメリヤス編みになっているため、伸縮性もあって動きやすいようです。生地の厚さもちょうどよく、季節を問わず使いやすい素材でしょう。

スムース

スムース素材は、フライス素材と比べて少し厚手の生地のようです。なめらかな肌ざわりが特徴で、保湿性に優れた素材だそうです。伸縮性もあり、洗濯時に型崩れしにくいと言われています。

ニットキルト

ニットキルトは、間に毛や綿、ポリエステルを挟んで縫い合わせた生地のようです。厚手なので暖かく、吸湿性や保湿性にも優れているようです。やさしい肌ざわりも特徴のひとつで、ジャンプスーツやおくるみなどに多く使われているようです。

肌にやさしいベビーアウターで冬も暖かく

帽子とダウンを着る赤ちゃん
iStock.com/JGalione

直接肌に当たらないベビー用のアウターでも、デリケートな赤ちゃんの肌を考えると、できるだけやさしい素材を選びたいですよね。アウターにもたくさんの種類があるので、赤ちゃんが元気に手足を動かせて、暖かく過ごせるようなものを探してみてはいかがでしょうか。

子ども服の関連記事
カテゴリ一覧