【小児科医監修】子どもに口内炎がよくできる。繰り返す原因と対処法

【小児科医監修】子どもに口内炎がよくできる。繰り返す原因と対処法

口内炎の種類と予防法など

子どもの口内炎について気になるママもいるでしょう。痛がってご飯を食べたがらず困った経験をしたことがある人もいるかもしれません。子どもの口内炎は感染症の可能性もあり、熱が出ることもあります。症状を早く改善するためにも正しい予防や対処が必要です。口内炎がよくできる理由や繰り返す原因をご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

子どもに口内炎がよくできる

口内炎とは口の中や周りの粘膜に起こる炎症のことをいいます。

口内炎ができると、赤く腫れたり、ただれてしまうなど子どもにとってとてもつらい状態です。

口内炎ができる原因は
  • 免疫力の低下
  • 口の中を噛んでしまい、細菌が入る
  • 口の中が不衛生
  • 抗生物質やステロイド治療
  • ウイルス
などさまざまあり、原因を改善できないと口内炎がたくさんできたり、繰り返す場合があります。

口内炎の種類と原因を知り、しっかり対処・予防しましょう。

口内炎の種類

口内炎にもさまざまな種類があり、それぞれ原因が異なります。

口内炎の種類と特徴を解説します。

カタル性口内炎

カタル性口内炎は、口の中を噛んでしまったときや、熱いもの、薬による刺激が原因で起こります。

口内炎の中でも症状は軽く、痛みはそれほど強くありませんが、口内炎の周囲が赤く腫れたようになり、皮がむけたり、ピリピリとした痛みが出るなどの特徴があります。

口内炎ができたときには気づきにくいことがありますが、口の中に水膨れができたり、口臭がきつくなってきたときはカタル性口内炎ができている可能性があります。

ヘルペス性口内炎

高熱の赤ちゃん
ucchie79- stock.adobe.com
生後6か月以降の赤ちゃんや幼児にできやすい口内炎で、38~40度の熱が出るのが特徴です。

口の中が赤く腫れあがったり、リンパの腫れなどの症状がでますが、目で見ても確認が難しいため、病院に行くのが遅れてしまうこともあります。

ヘルペス性口内炎はウイルス感染することで発症しますので、子どもの口の中が赤く腫れて、高熱が出たときは早めに受診しましょう。

カンジタ性口内炎

カンジタ性口内炎は、口の中のカビの一種が原因で発症します。

カンジタ性口内炎は生後1~3カ月の赤ちゃんがかかりやすく、口の中に白いこけのようなものができるのが特徴です。

通常は口の中にいても問題ないカビですが、口の中が不衛生だったり免疫力が落ちていると口内炎になります。

アフタ性口内炎

アフタ性口内炎は免疫力の低下や栄養不足が関係していると考えられており、赤くふちどられた白いただれができるのが特徴です。

アフタ性口内炎の原因ははっきりとわかっていませんが、女の子に多くみられます。

舌や歯茎などにできやすい口内炎で痛みを伴います。

子どもの口内炎の対処法

子どもに口内炎ができたらどのように対処すればよいのでしょうか。対処方法をご紹介します。

受診する

耳鼻科を受診する子ども
Monet- stock.adobe.com
口内炎で病院に連れていくべきかどうか、悩んだ経験があるママも少なくないでしょう。
子どもの口内炎は、「手足口病」や「ヘルパンギーナ」などの感染症の可能性があります。

発熱や全身の倦怠感が3日以上続く場合はウイルス感染している場合があるので、早めに受診しましょう。

口内炎は耳鼻咽喉科が専門と言われていますが、歯医者や小児科、口腔外科、内科、皮膚科でも診療を受けることができます。

治療が可能か事前に病院に問い合わせしておくとよいでしょう。

薬を使用する

薬でも口内炎を処置することがあります。

食事をするときに痛みを感じないように口内炎部分にシールを貼る薬や、子どもが痛みを感じづらいスプレータイプの薬など口内炎の薬にもさまざまな種類があります。

薬の種類が豊富なため、子どもの口内炎の症状に合った薬を選びましょう。

どの薬を選べばよいかわからない場合は医師や病院で相談するとよいでしょう。

子どもの口内炎で受診する目安

口内炎で受診してもよいのかや受診する目安を知りたいママもいるでしょう。

  • 口内炎が口の中に広がる
  • 高熱
  • 全身倦怠感
口内炎のほかに高熱や全身倦怠感が3日以上続く場合は、感染症の疑いがあるために早めに受診し、適切な治療を受けましょう。

口内炎によっては自然に治る場合もありますが、口内炎の種類はさまざまあります。自己判断すると長引いたり、悪化する可能性があるので、上記のような症状がみられるときは受診することが大切です。

口内炎の予防法

口内炎ができたり、繰り返しできると子どもがご飯を食べたがらないこともあるでしょう。

口内炎が痛いからと水分補給を怠ると、脱水症状になってしまうことがあります。

口内炎を予防する方法をご紹介します。

口の中を清潔に保つ

食べたあとの食べかすが口の中に残っていると口の中に細菌が増えてしまいます。

歯磨きや、こまめなうがい、水分補給をすることで、口内を清潔に保つことができます。

汚れがきちんと落ちているか確認しながらママやパパが歯磨きを手伝いしょう。

熱い食べ物や飲み物に注意する

熱い食べ物や飲み物でやけどしてしまい、粘膜が刺激を受けないように気をつけましょう。

子どもが小さいうちは熱さを確認せずに食べ物を口に運んでしまうことがあります。食べ物や飲み物は冷ましてから出すように心がけましょう。

やけどをして口内炎ができることもあるので、すぐに冷やしたり口をゆすぐなどして対処してください。

免疫力をつける

免疫力が弱いと口内炎ができやすいため、生活習慣を整えたり、バランスのよい食事を心がけることで口内炎を予防することができます。

食事には、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、鉄分、亜鉛などをバランスよく食べられるように工夫しましょう。

口内炎ができる原因を知って対策をしよう

歯磨きの習慣をつける
ucchie79- stock.adobe.com

口内炎は、口内環境が悪かったり、免疫力が低下しているなどが原因で起こる粘膜の炎症です。

原因を取り除かなければ口内炎を繰り返す要因になるでしょう。

口内炎ができやすかったり、たくさんできる場合は生活習慣を整えたり、栄養バランスを整えることで口内炎を予防することができます。

口内炎が出来てしまったときは、薬を使って対処することもできますが、熱が続く場合は感染症にかかっている可能性があるため、早めに受診しましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2020年01月21日

専門家のコメント
26
    かよう先生 保育士
    口内炎にも種類があり、出来やすさも子どもの年齢で違うんだなと思いました。
    熱い飲み物や食べ
    あーちん先生 保育士
    口の中は見えにくいので心配ですね。口内炎から熱が出ることもあるのですね。。

    子どもの食の
    いちぽ先生 保育士
    噛み癖によって口内を噛んでしまって口内炎になってしまったりしますよね。
    子どもが自分で痛み
    ゆり先生 保育士
    わたしは幸運なことに?口内炎になったことがなかったのですが、息子が4歳から歯列矯正をしてい
    すみっこ先生 保育士
    噛んでしまって傷付いてできた口内炎を娘二人とも経験しています。頻繁ではないですが、噛んでし
    すー先生 保育士
    私は口内炎ができたことがないので、子どもにも口内炎ができると考えていませんでした。食べ物や
    さと先生 保育士
    私自身、子どもの頃は口内炎や口内のできものがよくできていました。
    ほっぺの内側を誤って噛ん
    なこ先生 保育士
    我が子は口内炎出来たことありませんが、出来る子もいるのですね。1度手足口病になった時に出来
    のんの先生 保育士
    何度も同じ場所に口内炎ができる場合・無数の口内炎ができてる場合は、小児科に相談したほうがい
    りり先生 保育士
    二歳の娘がよくなります。頬の内側や下唇の裏側に出来て「痛い〜」と言います。小児科へ受診して
    せおみ先生 保育士
    子どもの口内炎かわいそうですね。私が幼少期の頃からよくできていたので、痛くてご飯が食べられ
    いちぽ先生 保育士
    うちの甥っ子がよく口内炎ができるので、心配になって何度か歯医者さんで相談したみたいなんです
    あゆさ先生 保育士
    たまに口内炎になっています。
    痛みがあるようで、かわいそうですよね。
    食事のときも気になっ
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧