【学びのカタチ】計算し尽された学びの設計が“創造者”を育む

【学びのカタチ】計算し尽された学びの設計が“創造者”を育む

2020年の教育改革を迎え、新時代を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前ではなくなるかもしれない今、どのような教育が必要なのか。この連載では、従来の評価軸では測ることのできないさまざまな分野で、子どもの能力や可能性を伸ばす新しい「学びのカタチ」について紹介していく。後編では、ルークス高等学院で大切にしている考え方、ビジョンについて理事長の川合宏紀さんに話を聞いた。

<連載企画>学びのカタチ

学校創りは対話から始まる

旧来のシステムや価値観に囚われた学校のあり方をひっくり返す。そのような想いから生まれたルークス高等学院(以下、ルークス)。

「変化しやすい時代に合わせて学校も変わらなければ、変えていかなければならない」そう語るのは理事長の川合宏紀氏(以下、川合氏)。
 
前編では、描いた夢や目標に向かうため、学生が主体となった学びを実践していることなどを語ってもらった。

目まぐるしく変化する時代のなか、学校はどうあればよいのか。ルークス独自の学びの設計について聞いた。

計算された学びの設計

――ルークスでは、子どもたちの学習のどのようなことを重要視していますか。

「課題設定と課題管理、環境作り、この3つを大切にしています。教員の仕事には大きく分けて2つあり、学生の発言を促したり、認識を整理したり、相互理解をサポートするファシリテーションと、一般の学校のように授業をするティーチング。ルークスでは、後者よりもファシリテーターとしての役割を重要視しています。

ティーチングに重きを置いていないのは、しなくていいというわけではなくて、学生が本当に必要だと感じたときにするべきだと考えているから。『先生これ分からないんですけど』とか『これってどういうこと?』と聞かれて、基本的にすぐに答えを教えるということはしません。

もしかしたら、それを我々大人が教えずに友達同士で話し合うことに価値があるのかもしれないし、辞書で調べることで価値が生まれるのかもしれない。どちらかというと、学ぶ環境を作ってあげた方がよいというわけです。

君はこれをやらなければならないとか、そういうことではない。君のやりたいことがこれなんだったら、これをこんなふうに進めていこう、と提案するようにしています。

そのため、ここまではティーチングでやるけど、ここからはやらないという明確な線を引き、そのためのアルゴリズムを考え、マッピングを作っています。

具体的には、学生のデータを集めデータベースにし、学習科学と掛け合わせることで、成果や目的に合わせた指導手法を導いている形です。AIに完全に頼るわけではなく、パターンに合わせた選択肢の提示はAIのような機械が、選択や判断は“学生との信頼関係”を元に現場感覚で現場の教員ができるように設計しています。

そういったことを背景に、どこまでがティーチングの効果があって、どこまではどういうふうに環境を作っていくかということを導き、細かく設定しているんです。

データを駆使しながらしっかりと作り込まれたものと、講師と学生がフラットな関係を築きながら楽しんでいくというの2つの軸を同時にやれるような環境を作っているということが大きな特徴です」

――課題設定や課題管理は、どのように行っているのでしょうか。

「学生ひとりひとりのオーダーメイドのカリキュラムを作成しています。課題は、学生側がほしがるような課題かつ、学生たちがちょっと難しいと思うようなハードルを設定するということをすごく意識しています。

 
※写真はイメージです(iStock.com/fizkes)
授業のスタートラインは学生に合わせるけれど、その単元に対しての学びのレベル感は、ひとりひとりに合わせて上限なく設定しています。たとえば、興味のある学生には専門的なレベルまで教えてしまう。

すべての教科に対して、その子が分かるところまでを教えるわけではなくて、最終的に到達すると良い一番難しいレベルまで先に提示しておいて、そのために必要なものを逆算的に学んでいく。 

そうするとハードルが高くなるので、これを超えたら何につながるかといったら、自信につながるんです。ルークスではその自信とやる気を伸ばす。自信とやる気の積み重ねがひらめきや刺激を生み、自己肯定力を底上げするような設計をしている。それは精神面での余裕にもなります。

ルークスは、課題設定、課題管理、環境作りを綿密に行っているからこそ、一方的に教えることだけを重視しすぎない。一方で課題設定、課題管理、環境作りには対話が欠かせません。だからこそ、学生との面談はたくさん行っています」

ひとりひとりに合った授業のカリキュラム

「ルークスには定期テストはないですが、単元ごとのテストはあります。テストの回数は他の学校よりも多いと思います。

課題設定がひとりひとり異なるため、テストの内容もそれぞれ違います。たとえばその子の目標が大学受験だったら、センター試験を受けたい子はそのレベルのテストを受ければいいし、それをクリアすればその子にとっては十分難しいレベルをクリアしたことになる。

一般的な定期テストでは、一夜漬けで勉強して、ひとつのテストが終わったらそこで安心して、勉強の内容が頭に残らないといったこともあると思うんです。

そうではなくて、単元ごとにテストがたくさんあるとその先が見えてくるので、テストが終わったら次に何を問われるか分かるわけです。だからみんな休み時間とかに参考書を開くんですよ。自分に今何が足りていないか分かるので」
 
※写真はイメージです(iStock.com/SbytovaMN)
「そもそもルークスでは、授業に出ることだけが学びだと思っていない。学生たちは学校外での課外学習にも積極的なため宿題も一切出していないし、学校を休むことを否定的にとらえていません。

たとえば公欠して学校に来ない場合でも、今日自分がやらなければいけない学びはここからここまでだと学生自身が把握しています。

学生ひとりひとりの目標やレベルに合ったカリキュラムがあるので、そのカリキュラムをもとにオンラインでも学習を進められるようにしています」

新しいものを生み出し成長し続ける子どもたち

――ルークスには、どんな学生が多いですか。
 
「本当にさまざまですね。起業したい子もいますし、デザインとか美術系に進みたい子もいますし、あとは旅が好きで休日に旅をしている子もいれば、やりたいことがわからなくて自分探しをしている子もいます。

ただ、みんな新しいものを生み出したいという志を持っています。最初に入った学校に合わなかったり、人から言われたことをただやっているという状態を好まない子たちが入学してくる印象です」

――現在通っているのは1期生の子どもたちですよね。入学以降、子どもたちに変化は見えましたか。

「入学時点では考えられないほど、大きな変化があります。大学受験で扱う科目や、学生の知的関心に合わせた科目学習にも力を入れているので、学力も伸びている。

積極的にいろんなことにチャレンジする子も増えています。たとえば、親もとで暮らしていた子が独立したり、自分で会社を立ち上げた子もいます。

学生たちが積極的に何かをやりたいと思えるきっかけが大事だと考えていて。たとえば、台風被害に合った伊豆大島に行って学生たちがボランティアを行ったのですが、それは学校側が企画したものではなくて、学生たちがやりたいと言って実現したものなんです。ルークスは、学生たちが何かを始めるチャンスが圧倒的に多いと思います」

ルークスが描く、子どもの未来

ルークスに通う子どもたちに、どんな大人になってほしいか、その未来をどのように想像するか、川合氏に聞いた。

変化する時代に立ち向かえるかどうか

 
「時代はものすごいスピードで変化しているので、未来のことは分からない。我々が20年前の世界を生きているときに、今の学びが想像できたか?というとやっぱり無理じゃないですか。

ルークスは変化し続ける学校でありたい。だから、予測のできない未来に備えて何かをするのではなく、子どもたちには変化に対応できる力を育んでほしい。変化があったときに、立ち向かって乗り越えられるような力をつけてほしいと思っています。

ただ、そのためにどのような能力が必要なのか?ということに関しては、目に見える能力もありますし、目に見えない能力もある。

目に見える能力に関しては、もちろんしっかり身につけていく必要があります。いわゆる一般科目の、 英語、数学、国語、理科、社会というものや、一般教養リベラルアーツに関してはどこまで専門的に学ぶべきなのか、というのは人それぞれ違いますが、変化していくなかで共通言語がないと人と生きていけないわけですよ。共通言語としての基礎科目というものはしっかりと学ぶべきだと思っています。

目に見えない能力は、思考のパターンや考え方。変化に対して、前向きに豊かな想像力で立ち向かうためには、どのように捉え、考えるかが重要です。
 
ルークスの授業では、CDLで選択肢を増やし、PDLで思考のパターンを増やし、目に見える能力と目に見えない能力の両方を育みます」

変化を前向きに考えられる環境を創る

――ルークスのこれからのビジョンはどんなものですか。

「既存の枠組みを飛び越え、生涯的に学習するような学びのポートフォリオを作っていきたいと思っています。

そのなかで、 今の日本の教育や日本に限らず世界の教育というところに対して、これまでの枠に縛られないようなことをやっていきたい。

場所や時代によっても価値観は異なるし、そもそも教育って何が正しくて何が間違っているかという正解なんてないのです。けれど選択肢が少なくて変化しない教育はよくないなと。 
選択肢を増やしたり、変化をもっと前向きにとらえられるような教育環境を作っていくことが必要だと思います」

――ルークスでは、育てたい人物像として「自ら問いを立て、世界を創造できる”思考する創造者”」とあげられています。これは、どのような人物像ですか。

「思考する創造者は、枠組のなかで生きていくのではなく、自分で枠を作っていく側に回らないといけないんです。

たくさんの人たちの意見を聞くなかで、よい意見を持つ人と、そうでない意見を聞くことがあり、それを選択していく力がなければならない。意見を選択するためには、テクニックや知識も必要になってきますよね。それを総合的に身につけられるのがルークスという新しい学校だと思います」

ルークス高等学院の学びのカタチ

 
私たちが当たり前のように椅子に座り、当たり前のように机に教科書とノートを広げていた時代から、学びはここまで変化しているのだと改めて感じたインタビューだった。

教育のあり方を”ひっくり返した”ルークス高等学院。さまざまな夢を抱いた子どもたちがここに集まっている。

多くの人の話を聞き、幅広い知識を吸収して考えを深める。学びたい気持ちを大切にしながら日々成長し続ける子どもたちは、今も、これからの社会でも輝いていけるだろう。

学ぶことのおもしろさを知れる新しい学校は、未来に大きな力を与えてくれるかもしれない。
ルークス/Webサイト
<取材・撮影・執筆>KIDSNA編集部
<連載企画>学びのカタチ バックナンバー

2020年07月22日

専門家のコメント
20
    ゆう先生 保育士
    子どもたちには変化に対応できる力を育んでほしいですね!変化があったときに、立ち向かって乗り
    こいまま先生 保育士
    机に座って行う授業がむいている人もいれば、体を動かして覚えていく人もいる。
    一人一人に合っ
    わい先生 保育士
    子ども一人一人あった学びは違います。その子の一番良い学びを考えて授業をしてくれるなんて最高
    すみっこ先生 保育士
    地域の学校では実践できないことがたくさんありますね。これがどの学校もできるようになったら本
    せおみ先生 保育士
    未来の子ども達のために、子どもたちが意欲的に、主体的に、記憶に残る体験ができるような学校が
    あーちん先生 保育士
    本当に素敵な考えだなと思います!時代はどんどん変わっていくので、教育の場もよりよく変わって
    あみーご先生 保育士
    革命的の一言です!
    一人一人にあった学びができる環境なんて素晴らしすぎます。
    そんな学校が
    ゆきな先生 保育士
    一人一人に合わせた学び環境なんて最高としか言えないですね
    素敵すぎるし理想です
    教育の場も
    ひで先生 保育士
    こういった柔軟な教育環境が社会を良くするものを生み出す人を育てているんだなと実感します。何
    ほー先生 保育士
    質問されたことに対して、
    どうしてだと思う?
    どうしたらいいかな?と返し、
    そして最終的に
コメントをもっと見る

取材レポートの関連記事

  • 1日100食限定の佰食屋を起業した中村朱美氏の、逆転の発想で作り上げたライフワークバランスに迫るインタビュー。後編は、独自の子育て論や教育方針について語ってもらった。

    特集記事

  • 働き方が多様化してきている昨今でも、家族や子どものために定時に家に帰れない親はたくさんいる。「なぜ夜に帰れないのか?」この疑問をもとに、新たなビジネスモデルで起業し、飲食業界の常識を変えた女性がいる。今回は、国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋(ひゃくしょくや)」を経営する株式会社minitts代表取締役の中村朱美氏に話を聞いた。

    特集記事

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、弁護士の菊地幸夫さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、弁護士の菊地幸夫さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 2020年の教育改革を迎え、新時代を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前ではなくなるかもしれない今、どのような教育が必要なのか。この連載では、従来の評価軸では測ることのできないさまざまな分野で、子どもの能力や可能性を伸ばす新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第7回では、ルークス高等学院の理事長、川合宏紀氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きるこれからの子どもたち。親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるこの時代、子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。今回は、サイエンスに特化したインターナショナルスクール「Manai Institute of Science and Technology」代表、野村竜一氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きるこれからの子どもたち。親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるこの時代、子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。今回は、サイエンスに特化したインターナショナルスクール「Manai Institute of Science and Technology」代表、野村竜一氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目の前に、進化の真っ最中を生きる現代の子どもたち。私たち親が受けてきた教育が当たり前ではなくなるこれからの時代に、子どもたちに必要な教育とは何か?この連載では、従来の評価で計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第5回では、上野公園にある9つのミュージアムと連動したプロジェクト「Museum Start あいうえの」の推進役である、東京藝術大学の伊藤達矢さん、東京都美術館の河野佑美さんに話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目の前に、進化の真っ最中を生きる現代の子どもたち。私たち親が受けてきた教育が当たり前ではなくなるこれからの時代に、子どもたちに必要な教育とは何か?この連載では、従来の評価で計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第5回では、上野公園にある9つのミュージアムと連動したプロジェクト「Museum Start あいうえの」の推進役である、東京藝術大学の伊藤達矢さん、東京都美術館の河野佑美さんに話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • さまざまな歴史や風土をもつ世界の国々では、子どもはどんなふうに育つのでしょうか。この連載では、各国の教育や子育てで大切にされている価値観を、現地から紹介。今回は、中国・海南島に住み、大学で日本語講師をされている林由恵さんに話を聞きました。

    <連載企画>世界の教育と子育て

  • さまざまな歴史や風土をもつ世界の国々では、子どもはどんなふうに育つのでしょうか。この連載では、各国の教育や子育てで大切にされている価値観を、現地から紹介。今回は、中国・海南島に住み、大学で日本語講師をされている林由恵さんに話を聞きました。

    <連載企画>世界の教育と子育て

  • ネット環境が整った時代に生まれ、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスの進化とともに成長してきた現代の子どもたち。親世代の子ども時代とは、社会環境や生活の仕方が変化した今、子どもたちの心身には新たな問題が起きている。後編では、子どもが罹患しやすい睡眠障がいと、概日リズムを整えるためにできることについて、睡眠総合ケアクリニック代々木理事長の井上雄一先生に話を聞いた。

    <連載企画>子どもの体と向き合う

カテゴリ一覧