子どもたちの好奇心を育むソニーの教育プログラム「CurioStep」『こども音楽フェスティバル』(東京・赤坂)で特別イベントを開催!「【わくわく科学工作】紙コップスピーカーワークショップ」

子どもたちの好奇心を育むソニーの教育プログラム「CurioStep」『こども音楽フェスティバル』(東京・赤坂)で特別イベントを開催!「【わくわく科学工作】紙コップスピーカーワークショップ」

2022年4月1日(金)より参加者の募集を開始

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
ソニーグループ株式会社は、東京・赤坂のサントリーホールとその周辺施設で今年のゴールデンウィークに開催される、『こども音楽フェスティバル』(https://www.kofes.jp/)の特別イベント「家族みんなで楽しもう!特別体験イベント」の一環として、子どもたちの好奇心を育む教育プログラム「CurioStep with Sony(キュリオステップ)」より、オンライン開催でご好評いただいた「【わくわく科学工作】紙コップスピーカーワークショップ」を、2022年5月4日(水・祝)、5日(木・祝)の2日間開催いたします。
【わくわく科学工作】紙コップスピーカーワークショップ
本ワークショップでは、紙コップや磁石などの身近な材料を使ってスピーカーを工作します。実際のスピーカーにも使われている原理と同じ方法で工作することで、音が聞こえるしくみや、磁石とコイルで電気が生まれるしくみ(電磁誘導)など、身の回りに隠れている科学のふしぎを楽しく学べます。
また、できあがった紙コップスピーカーでは、実際に音楽プレーヤーやスマートフォンにつないで好きな音楽を聴いて楽しんでいただくことができます。
皆様からのたくさんのご応募をお待ちしています!

『こども音楽フェスティバル』公式サイト:https://www.kofes.jp/
詳細はこちら

2022年04月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧