知育アプリ「ドラクエベビー&キッズ~スライムとあそぼう~」(スクウェア・エニックス)の開発にキッズスターが協力

知育アプリ「ドラクエベビー&キッズ~スライムとあそぼう~」(スクウェア・エニックス)の開発にキッズスターが協力

「スライム階段のぼり!」「スライムのたからさがし」など6種類の無料ゲームのほか、有料パックを購入するとさらに12種類のゲームが遊べる、1歳から始められる子ども向け知育アプリ

子育て世代約440万世帯が利用する無料の社会体験アプリ「ごっこランド」を提供する株式会社キッズスターが開発協力を行い、「スクウェア・エニックス」が提供する子ども向け知育アプリ「ドラクエベビー&キッズ~スライムとあそぼう~(以下、スライムとあそぼう」の配信を開始。

「ごっこランド」の開発・運用で培った知育ノウハウを生かし、おもに1歳から5歳の子どもを対象に、安心して楽しく遊べるコンテンツをとり揃えている。
<知育アプリ>ドラクエベビー&キッズ~スライムとあそぼう~ (対応機種:iOS/Android)料金形態:基本プレイ無料 ※「ついかパック」のゲームを遊ぶためには、追加コンテンツ「ついかパック」の購入が必要
<知育アプリ>ドラクエベビー&キッズ~スライムとあそぼう~ (対応機種:iOS/Android)料金形態:基本プレイ無料 ※「ついかパック」のゲームを遊ぶためには、追加コンテンツ「ついかパック」の購入が必要
「スライムとあそぼう」では、「むりょうパック」として6種類のゲームが無料で楽しめるほか、有料の「ついかパック」を購入すると、さらに12種類のゲームが遊べるように。 
<むりょうパック>「スライム階段のぼり!」スライムをタップしてみよう!いちばん上までじょうずにのぼれるかな?
<むりょうパック>「スライム階段のぼり!」スライムをタップしてみよう!いちばん上までじょうずにのぼれるかな?
子どもが手指を使った遊びができる時期から色や形、音の変化を体験して「感覚遊び」を楽しめるアプリで、遊びを通して、言葉や音、身の回りのものへの興味関心を育成。
<むりょうパック>「スライムのたからさがし」3つのたからばこから1つ選ぼう!スライムが開けてくれるよ。
<むりょうパック>「スライムのたからさがし」3つのたからばこから1つ選ぼう!スライムが開けてくれるよ。
子どもの反応を見ながら、共感する言葉をかけたり大きな反応を示してあげることで、子どもたちの達成感にもつながる。

また、アプリには「こどもタイマー」「ペアレンタルゲート」という2つの機能を搭載。
ドラクエベビー&キッズ~スライムとあそぼう~ 
これらの機能を使用することで、ゲームを遊ぶ時間をあらかじめ設定したり、子どもの操作により誤って追加コンテンツを購入してしまうことを防止できる。

※アプリや追加コンテンツのダウンロードにかかるパケット通信料はユーザー負担

小さな子どもでも安心して楽しく遊べる「ドラゴンクエスト」のアプリ。この機会にぜひ、親子で試してみては。

© 2021 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

問い合わせ先/スクウェア・エニックス
https://support.jp.square-enix.com/main.php?la=0&id=18985
https://www.dragonquest.jp/babykids/

2021年12月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧