​ユニセフの子ども向けSDGs学習サイトに新コンテンツがオープン

​ユニセフの子ども向けSDGs学習サイトに新コンテンツがオープン

「前文」と「宣言」から読み解く SDGsの“決意”と“目指す世界”

SDGsを子どもたちが自分事として学び、また自分にできることを考え行動するためのヒントを提供する「日本ユニセフ協会」のウェブサイト「SDGs CLUB」に新コンテンツがオープンした。
SDGs CLUB
©日本ユニセフ協会/2021
(下記、※1ホームページより引用)
--------------------------------------------------------------------------------

学校でも学習が進み、カラフルなアイコンで認知度が高まっているSDGsの17の目標は、2015年9月の国連総会で採択された文書「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で示されたものです。37ページ(英語版は35ページ)から成るこの文書には、17の目標のほかに「前文」と「宣言」が記されています。

全体の3分の1を占める「前文」と「宣言」には、「だれひとり取り残さない」という誓いや、SDGsが目指す世界像、そのためになされた決意など、SDGsをより深く理解するために大切なことが記されています。

新コンテンツでは、日本ユニセフ協会による「前文」の子ども訳を掲載したほか、「宣言」も部分的に子ども訳を掲載し、ポイントを分かりやすく紹介しています。

そのほか、スクロールで動かすアニメーション(パララックス)を用いて、SDGsが生まれた歴史的背景や、「前文」や「宣言」のメッセージを伝えています。

--------------------------------------------------------------------------------
※1:子ども向けSDGs学習サイト『SDGs CLUB』に新コンテンツ「前文」と「宣言」から読み解くSDGsの“決意”と“目指す世界”を参照 https://www.unicef.or.jp/news/2021/0175.html

この機会に「SDGs CLUB」で子どもといっしょにSDGsの知識を深めてみては。
問い合わせ先/日本ユニセフ協会
jcuinfo@unicef.or.jp
https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/

2021年09月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧