医薬品メーカーが開発した子ども用フッ素入り薬用泡歯みがきが新発売

医薬品メーカーが開発した子ども用フッ素入り薬用泡歯みがきが新発売

子どもがおやつを食べ始めた、2・3歳頃からの使用にぴったりな、濃度500ppmのフッ素を配合した泡タイプの薬用歯みがき

医療用医薬品などの製造・販売をおこなう「ゾンネボード製薬」から、フッ素入り薬用歯みがき「レノビーゴSTEP1」が新発売。
レノビーゴSTEP1 40ml 1,546円(税込)販売名/レノビーゴステップ1
レノビーゴSTEP1 40ml 1,546円(税込)販売名/レノビーゴステップ1
「レノビーゴ」は、今年でブランド誕生から30周年を迎える、医薬品メーカー発のフッ素入り薬用歯みがき。

今年2月には、商品名に「STEP0」をつけてブランドリニューアルを実施し、パッケージも一新。赤ちゃんの歯みがきデビューにぴったりなスプレータイプの歯みがきとして好評発売中となっており、ECサイトのクチコミでも「味は苦味などなく、ほのかにフルーツのような香りがするので子どもが嫌がらない」などの声があがっている。

「レノビーゴSTEP0」が「歯が生え始めたばかり」の0歳児から使える濃度100ppmのフッ素を配合したスプレータイプであるのに対して、新たに登場した「レノビーゴSTEP1」は、子どもが「おやつを食べ始めた」2・3歳頃から使える、濃度500ppmのフッ素を配合した泡タイプ。

さらに今回、ラインアップに「レノビーゴSTEP1」が加わったことで、「レノビーゴ」は、「子どもの成長にあわせたむし歯予防ができる」シリーズ品へと進化。「STEP0」と「STEP1」の組み合わせにより、年齢や食べ物の変化にあわせた、より適切なむし歯ケアをすることができる。
レノビーゴ
「レノビーゴSTEP1」は、泡を歯ブラシに乗せて使うことで、口の奥まで泡がいきわたり、歯のすみずみまでしっかり磨くことができるため、子どもにもおすすめ。

また、地域の保健センターの声に応え、「レノビーゴSTEP0」の5倍のフッ素濃度を配合し、甘いお菓子を食べた後のむし歯ケアアイテムとなっている。

さらに、「レノビーゴSTEP0」と同様、フッ素が口腔内にとどまり、すすがずにそのままでも使えるため、うがいが苦手な子どもにも最適。加えて、水が不要なため、寝る前や外出先でも使うことができる。

口に入れるとほのかに広がる甘みは、キシリトールと天然の植物「甘草」由来のもの。甘すぎないため、子どもに濃い味に慣れさせたくないという保護者にもおすすめだ。

また、「レノビーゴSTEP0」・「レノビーゴSTEP1」はママやパパのむし歯予防にも。うがいせずに使えるため、飛沫が気になるオフィスやうがいができない外出時などにさっとむし歯ケアをすることができる。

子どもの年齢や食べ物の変化にあわせたむし歯予防ができる「レノビーゴ」シリーズを、ぜひチェックしてみては。
問い合わせ先/ゾンネボード製薬株式会社 お客さま相談室
tel.0120-071-648
https://www.zonnebodo.co.jp/renovigo/

2021年07月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧