学校がもっとすきになるシリーズから1話10分サイズの短編集が発刊

学校がもっとすきになるシリーズから1話10分サイズの短編集が発刊

不登校からフォトジャーナリストへ転身し、世界40以上の国を訪れた佐藤慧氏が、3人の「君」に贈るエッセイ集

「東洋館出版社」の小社児童書「学校がもっとすきになるシリーズ」から、「10分後に自分の世界が広がる手紙」全3巻が刊行された。

2018年より刊行を開始した、小学生向けの児童書「学校がもっとすきになるシリーズ」。

シリーズ第3弾となる今回は、多感で不安な10代を経て、世界を飛び回ることになった「ぼく」が「君」の好きになる気持ちを応援する。
10分後に自分の世界が広がる手紙 毎日がつまらない君へ/君はどんな大人になりたい?/勉強なんてしたくない君へ すべて1,320円(税込)
10分後に自分の世界が広がる手紙 毎日がつまらない君へ/君はどんな大人になりたい?/勉強なんてしたくない君へ すべて1,320円(税込)
「10分後に自分の世界が広がる手紙」は、フォトジャーナリストとして世界各地の取材を続ける佐藤慧氏による、小学校高学年~向けの児童書シリーズ。

日本児童文芸ノンフィクション文学賞を受賞の「しあわせの牛乳」に続く今作は、自身の取材を通して出会った人・こと、不登校や大切な人の死を経験した、10代の日々を綴ったエッセイ集となっている。

全3巻同時発売で、今の自分、将来の自分にもやもやとしたものを抱える「君」の力になる。
学校と家と習い事だけが世界のすべてではないと気付かせてくれる、1話10分サイズの短編集を、ぜひチェックしてみては。
10分後に自分の世界が広がる手紙
毎日がつまらない君へ/君はどんな大人になりたい?/勉強なんてしたくない君へ
著/佐藤慧
東洋館出版社刊 各巻1,320円(税込)

問い合わせ先/東洋館出版社
tel.080-5644-9058
mail.uehara@toyokan.co.jp
https://www.toyokan.co.jp

2021年05月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧