新渡戸文化アフタースクールとSTEMONが小学生向けSTEAM教育で提携

新渡戸文化アフタースクールとSTEMONが小学生向けSTEAM教育で提携

海外のSTEAM教育事例と学習指導要領を参考にSTEAM教育カリキュラムを開発し、つくる活動を通じて、5歳~12歳の子どもが物理やプログラミングを学ぶことができる「STEMON」を導入

「新渡戸文化アフタースクール」と「ヴィリング」が連携。「ヴィリング」が運営するSTEAM教育スクール「STEMON(ステモン)」を活用した小学生向けSTEAM教育を実践していく。
STEMON
低年齢期から「つくる活動」を通じて、物理の知識やコンピュータを活用する力を育むと同時に、好奇心、粘り強さ、コミュニケーション力、問題解決能力、多様性の理解などを養うことができる、これからの新しい学びとして期待されているSTEAM教育。

公教育ではプログラミング教育の必修化やGIGAスクール構想が推進され、小中学生を対象としたプログラミング教育やSTEAM教育は全国に広まりつつある。

そのような背景のなか、「新渡戸文化アフタースクール」は日本初のSTEAM教育スクールとして実績が豊富な「STEMON」を導入。アフタースクールに通う小学生向けに体系的なSTEAM教育を提供する。
STEMON
「STEMON」とは、海外のSTEAM教育事例と学習指導要領を参考にSTEAM教育カリキュラムを開発し、つくる活動を通じて、5歳~12歳の子どもが物理やプログラミングを学ぶことができる教室。

日本初のSTEAM教育スクールとして2013年10月より活動をはじめ、現在は東京都杉並区を中心にした直営教室のほか、インターナショナルスクール、フリースクール、フランチャイズ教室へのプログラム提供も行い、全国100教室で2,000名以上の子どもが通っている。
STEMON
放課後を活用した子ども向けSTEAM教育の実践を、この機会にぜひチェックしてみては。

問い合わせ先/ヴィリング
tel.03-6915-1324
info@viling.co.jp
https://www.stemon.net/(STEMONの詳細はこちら)

2021年04月04日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧