年中・年長対象のロボット&プログラミング授業「幼児コース」が新開講

年中・年長対象のロボット&プログラミング授業「幼児コース」が新開講

プログラミング学習用教材「レゴ?WeDo2.0」とプログラミングソフト「Viscuit(ビスケット)」を用いて、「ものづくり」の基礎から、「デザイン+プログラミング」にチャレンジし自分で描いたイラストを自由自在に動かすといった内容まで、幅広くロボット&プログラミングを学べるコース

「増進会ホールディングス(Z会グループ)」のグループ会社、「栄光」が運営するロボット&プログラミング教室「栄光ロボットアカデミー」が、年中・年長を対象にした「幼児コース」を、4月より新たに開講。

1カ月あたり60分×1回の授業で、親子でいっしょに参加するクラスとなっている。

「幼児コース」は、プログラミング学習用教材「レゴ?WeDo2.0」とプログラミングソフト「Viscuit(ビスケット)」を用いて、ギアやモーターの仕組みなど「ものづくり」の基礎から、「デザイン+プログラミング」にチャレンジし自分で描いたイラストを自由自在に動かすといった内容まで、幅広くロボット&プログラミングを学べるコース。

もともと年長のみを対象としていたが、今回新たに年中も対象に加え、より小さい頃からロボット&プログラミングに親しむ機会を提供する。

また、子どもたちの遊び心をくすぐるような、ストーリー性のあるオリジナルテキストを使用。プログラミングの初歩を学ぶことはもちろん、子どもたち自身の「やってみよう」「できた!」を引き出す授業となっている。
幼児コース
例えば、「みんなのすいぞくかん!」というテーマの授業では、投影された大きな水槽にたくさんの魚を泳がせ、クラスみんなで大きな水族館を完成。「もとの形」→「あとの形」の順番にイラストを置くことでイラストを動かすようになっており、「魚ってどんな風に動くかな?」と、魚の動きを1つ1つ整理しながら楽しくプログラミングを学ぶことができる。

「タコはどんな動きにすればいいかな?」「海草なんかもあると良いね!」と、水族館をにぎやかにするために、子どもたちからどんどんアイディアが溢れ、子どもたち自身が「やってみよう!」と積極的に取り組める授業となっている。

また、「栄光ロボットアカデミー」では、ロボットやプログラミングの専門知識はもちろん、板書スキルや説明力、子どもとの対話力など高い基準を合格した、プロフェッショナルな専任教師が指導。

授業では、教師はほとんど答えを教えず、子どもたち自身から「できた!」を引き出すため、うまく動かせなくても失敗に寄り添い、チャレンジしやすい声がけを行う。

そうすることで、自分の思い通りにロボットやイラストを動かすことができた時に、よろこびや自信を感じることができ、「次はこんなことをやってみようかな」とさらなる成長へつながっていく。
 
子どもたちの「やってみよう」「できた!」を引き出し、「表現力」「自己肯定力」を育むロボット&プログラミング授業を、この機会にぜひチェックしてみては。

栄光ロボットアカデミー 幼児コース
対象/年中・年長
時間/60分/回(月1回)
価格/5,500円/月、別途維持費1,320円/月(税込)
開講教室/栄光ロボットアカデミー各教室

問い合わせ先/栄光ロボットアカデミー
https://www.eikoh-robot-academy.com/classroom/ ※各教室にて問い合わせ受付
https://www.eikoh-robot-academy.com/

2021年03月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧