女子中学生起業家が「未来創造ジェネレーター認定制度」をスタート

女子中学生起業家が「未来創造ジェネレーター認定制度」をスタート

学生が自分自身と、自分と共に未来を生きるメンバーのために、未来を面白がりながら探究し、メンバーと共に生み出していく場を創出

「まなそびてらこ」が、今春より「未来創造ジェネレーター認定制度」をスタートする。

取締役社長を務める、14歳の現役女子中学生起業家の佐藤夢奏氏が創業した「まなそびてらこ」は、彼女が小学生時代に「多様性の種から可能性の花を咲かせる」ことをコンセプトとして設立した会社。

あらゆる観点から社会課題を見出し、自分ごととして走りながら考えるための「子どもが作る子どものための場」を運営している。

社長の佐藤氏が「同世代」といっしょに学び、世の中を探究するために、信頼し合える学びのための場づくりをし始めたのは小学4年生のとき。

気づきと行動・内省と葛藤・インプットとアウトプットなどを大切に、小中高生向けの取材イベントや学びのイベントを多く開催し、多くの子どもが未来を面白がれるようなきっかけを作るために、日々子どもたちと対話を行ってきた。
未来創造ジェネレーター認定制度
今回のプロジェクトが始動したのは、2019年夏に私立中高一貫校において、斎藤和紀氏の著書「シンギュラリティ・ビジネス」を用い、斎藤氏の協力を受け「未来を面白がる」をテーマに、プログラムを開催したのがきっかけ。

その際、佐藤氏と同世代の子どもたちが感じた「未来に目を向けてみることの面白さ」と「気づき・葛藤・メタ認知」から生まれた「未来を創造するという思考」をより多くの同世代に伝えたいと、子どもたちを中心として動き出した。

「コロナ渦で先の見えない毎日が続くことで、心に蓋をしてしまうことがある」と耳にする今日。どうしたら世の中が明るくなるのだろうという会議を積み重ね、今回の「未来創造ジェネレーター認定制度」を全国展開することとなった。

「ジェネレーター」とは、長年探究する学びにたずさわる市川力氏と慶應義塾大学教授・井庭崇氏によって生み出された、創造社会の担い手となる「あり方」のこと。その「あり方」に共感し、「未来創造ジェネレーター」という名称にこだわったという。

学生が自分自身と、自分と共に未来を生きるメンバーのために、未来を面白がりながら探究し、メンバーと共に生み出していく場を創出していく。

同世代の「未来創造ジェネレーター」と活動し、未来を面白がりながら創ることを楽しむ制度を、ぜひチェックしてみては。
問い合わせ先/まなそびてらこ
tel.090-9969-0753
home@manasobiterako.com
https://manasobiterako.com/

2021年03月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧