小学館から子どもの自尊感情や自己肯定感を育む練習帳が発売中

小学館から子どもの自尊感情や自己肯定感を育む練習帳が発売中

さまざまな悩みや心配ごとに対して、取り組みやすい実践方法を通して自分に自信を持ち、自分のことをすきになれるように練習していく1冊

「小学館」から、「自分をすきになる こころの練習帳」が発売中。
自分をすきになる こころの練習帳 1250円(税抜)
自分をすきになる こころの練習帳
「明日の発表、失敗しちゃうかも」
「わたしなんかができるわけない」
「同じ問題をまた間違えちゃった」
「みんな、わたしのことをよく思ってないみたい」
「どうして自分には得意なことがないんだろう」
「選ぶのが本当に苦手」
などの毎日の悩みや不安。

大人でも、自分に自信を持てなくなったり、思うようにいかず落ちこんだりすることがある。人生経験の少ない子どもたちは、なおさらそう思うことも。
こころの練習帳
「自分をすきになる こころの練習帳」は、子どもたちが日常で出会う、32のさまざまな悩みや心配ごとを挙げ、それに対する考え方やとらえ方などを紹介。取り組みやすい実践方法を通して自分に自信を持ち、自分のことを好きになれるよう練習しながら、自尊感情や自己肯定感を育んでいく1冊になっている。
こころの練習帳
自分自身を大切に思い、好きになる心を育む本を、この機会に親子でいっしょに読んでみては。

自分をすきになる こころの練習帳
著/イ・ジョンホ
絵/パン・イニョン
訳/岡崎暢子
小学館刊

問い合わせ先/小学館
tel.03-5281-3555
https://www.shogakukan.co.jp/books/09227231

2020年12月28日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧