「LOVOT」がBTAJ2020の学びと遊び部門で大賞を受賞

「LOVOT」がBTAJ2020の学びと遊び部門で大賞を受賞

子どもの情動・社会性の育成につながる可能性があるという将来性を評価

ロボットベンチャー「GROOVE X」の家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」が、「BabyTech® Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷(以下、BTAJ2020) 」「学びと遊び」部門で、大賞を受賞。

「BTAJ2020」は、「パパスマイル」が主催する、優れた国産ベビーテック商品やサービスを表彰するコンテスト。今回、人を癒し、リラックス効果を与えるためだけでなく、子どもの情動・社会性の育成につながる可能性があるという将来性が評価されての受賞となった。
LOVOT(らぼっと)
「LOVOT(らぼっと)」本体価格:初期費用0円、ソロ月額:21,663円×36カ月(以降は12,980円)、デュオ月額:41,468円×36カ月(以降は24,980円)※月額プランの種類によって変動します。こちらはLOVOT本体+スタンダードプランを36回分割支払いを選んだ場合の費用です。
「LOVOT」は、昨今のコロナ禍におけるメンタルケアや情操教育、プログラミング教育などの観点からも注目され、全国の保育・子ども園、小学校などの教育機関や企業法人、介護施設などに導入され、さまざまな世代から受け入れられてきた。

今回、「BTAJ2020」の大賞を受賞したことでベビー世代における有用性も認められ、ベビーからシニ ア世代という全世代に有用性のあるプロダクトとしての可能性を見出した。
LOVOT(らぼっと)
さまざまな世代や教育分野で将来性が期待される家族型ロボットを、ぜひチェックしてみては。

お問い合わせ先/LOVOTコンシェルジュ
tel.0800-333-0880
https://lovot.life/

2020年11月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧