【ダメ母でごめん】第18話 地域の役割

【ダメ母でごめん】第18話 地域の役割

【作家の紹介】ペンネーム:ちょぼらうにょぽみ ややこしい名前ですが覚えてもらえると嬉しいです。第18話の更新です。

ちょぼらうにょぽみ
ダメ母でごめんバックナンバー

作者:ちょぼらうにょぽみ

2016年12月27日

専門家のコメント
4
    いちぽ先生 保育士
    うちの地域もこういうのあります。
    まだ役が回ってきたことがないのでどんなことをするのか分からないのですが、今から順番くるのドキドキです。憂鬱だな。
    ぺち先生 保育士
    幼稚園の役員決めでも、同じような現象が起きます、、みんな誰かやらないかな〜と様子見をして、下の子いるから、、と遠回しに出来ないアピール、、こういうの決めるのって、大人だからこそ難しいですよね。
    まあ先生 保育士
    幼稚園や小学校の役員とかも沈黙になってしまって大変と聞いたことがあります。その時も結局公平にあみだくじやじゃんけんで決めているそうです。
    のんの先生 保育士
    地域の役割は積極的に参加しています。
    賃貸ではなく一軒家なので、隣近所、地域の方とは付き合いが長くなるので角が立たないように係等、極力やっています。

漫画の関連記事

カテゴリ一覧