【ンダ家の日々】第1話 育児の始まり

【ンダ家の日々】第1話 育児の始まり

【作家の紹介】ペンネーム:のき 家にいることが大好きな8歳児、4歳児の母のき。就職した1年後に妊娠結婚、職場復帰せずに夫の転勤先へついていき、娘とのんびりした日々を過ごすも、パートを始め、家に居たいと日々思う中第2子妊娠。その後夫は転職し、パートを辞め、現在家にこもり子供の成長を楽しんでます。そんな普通の日々を描いています。

のき

作者ののきと申します。素敵な世界を想像していた妊婦期間や赤ちゃん。実際自分が経験しないと大変だなんて全くわかりませんでした。

ンダ家の日々バックナンバー

作者:のき

2016年09月16日

専門家のコメント
3
    いちぽ先生 保育士
    子どもをポンポン産めないのは、1人出産すると身に染みますよね。
    経済的なことはもちろんですが、精神的肉体的に無理だってなりますよね。
    わたしも2人目を考えられずにいます。
    1人で大変なのに2人なんてと思ってしまって(笑)
    ゆり先生 保育士
    私自身が四人姉弟です。こどもの頃は姉弟多くて嫌でしたが、いざ自分が親になったら、四人もよく産み育ててくれたなぁと、両親に心から感謝しました
    まあ先生 保育士
    自分もまだ出産経験ないので、出産に対しては夢を抱いていると思います。大変なことはわかっているのですが、、、実際体験してみないと辛さはわからないのだろうな〜と思います。

漫画の関連記事

カテゴリ一覧