【ふたご育児】第6話 双胎妊娠のお腹のひみつ(2)

【ふたご育児】第6話 双胎妊娠のお腹のひみつ(2)

作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

pika

双子妊婦のお腹の大きさは、ひとり(単胎)妊娠の2ヶ月先を行くとよく言われました。

確かに思い返してみてもそのような感じで、妊娠7ヶ月頃には臨月のサイズに。
『あら、もうすぐ?』と声をかけられることも。

日増しに巨大化するお腹はとうとう腹囲100cmを超え、測るたびどんどん成長していきました。

すでに切迫早産で入院中だった妊娠34週のころ。
さすがにもうこれ以上は大きくなれないだろう、と人体の限界を感じていたところ。

さらにそこから一回り大きくなりました。
自分のお腹ながら異物感がすごく、もはや体の一部というよりは特殊メイクか何かで作られた人工物のようでした。

ふたご育児バックナンバー

作者:pika

ブログ:「ふたご絵日記」
Twitterアカウント:@pucchanPC

2016年09月18日

専門家のコメント
16
    いちぽ先生 保育士
    双子ママのお腹の大きさは想像を遥かに超える大きさですよね!
    足元が見えないって不便ですよね
    ゆり先生 保育士
    単胎妊娠でもあれだけ息苦しいとか、トイレ近いとか、重い、苦しかったので、2人入ってたらママ
    まあ先生 保育士
    双子ちゃんを妊娠している方のお腹を拝見したことがないのですが、単純に考えてお腹の中に子が二
    ぺち先生 保育士
    双子ちゃんって、そんなにお腹周り大きくなるんですね!びっくり!1人でも本当にはち切れそう〜
    のんの先生 保育士
    最後のママさんの発言に笑わされました。
    やはり胎児が1人と2人ではお腹の大きさも全然違うの
    めい先生 保育士
    2ヶ月も先を行くんですか🙄お腹張り裂けますね!私は1人でも妊娠線が出産2週間前で一気にで
    せおみ先生 保育士
    1人の臨月のお腹も相当すごいのに、それが7ヶ月ごろにやってくるなんて身体がどこまで持ち堪え
    ゆきな先生 保育士
    やっぱりお腹見えないですよね!!
    二人入ってるんですもんね!すごい!! 歩くのもお風呂も一
コメントをもっと見る

漫画の関連記事

カテゴリ一覧