#084 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#084 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事をご紹介。今週は7月29日〜8月4日のKIDSNAでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

米イェール大学助教授 経済学者・成田氏が考える「社会」

【成田悠輔×社会】分からないことに親が口出しするのが有害
これからの未来を担う子どもの教育はどのような選択をし、見極めて実践していくことがよいのか。多くの情報や選択肢がある中で保護者たちは模索し続けています。

そこで今回は、米イェール大学助教授で経済学者の成田悠輔氏が考える、子どもたちを取り巻く「社会」についてお話を伺いました。
記事を読む

多くのママパパがぶつかる夫婦のお悩みをリアルに描写

【漫画】「セックスレスでも夫婦でいられますか?」男(オット)と女(ツマ)の相談部屋#1
セックスレス、価値観の違い、浮気、仮面夫婦、夫婦別姓、離婚など、どんな夫婦もなにかしらの問題を抱えているもの。

そこで今回は、『フツウの私がジョフウに行くまで』でリアルな妻たちの姿を描いた、パーソナルトレーナーであり漫画家・さやえんどうさんの相談部屋をお届け。多くのママやパパがぶつかる夫婦のお悩みに寄り添います。
記事を読む

漫画家夫妻ならではの目線で見た子どもの姿

「子どもを伸ばす誉め言葉とは」美大出身ママのクリエイティブ子育て日記【第26回】
美大出身のクリエイターママ・一色美穂さんによる漫画連載、第26回のテーマは「子どもの絵の褒め方」。

ある日、ネットや育児書で子どもの絵を「上手」と褒めるのはよくないと見かけたママ。悩みながらも、むっちゃん3歳が描いたバナナの絵をどのように褒めるのでしょうか……?漫画家夫妻のクリエイティブな目線で見たお子さんの姿や、子育ての日々を綴っていきます。
記事を読む

乳幼児期におけるコミュニケーションの重要性とは

コミュニケーションがないと死んでしまう【脳研究者 池谷 裕二】
今回のKIDSNA Academyは、脳研究者 池谷 裕二氏にご自身の研究テーマでもある「脳の可塑性の探求」についてインタビュー。

第一回は、自らが体験する子育て経験を踏まえながら「乳幼児期におけるコミュニケーションの重要性」についてお話を伺いました。
記事を読む

ポータブルカセットコンロやハンドブレンダーが当たる!

【モニター&アンバサダー限定】KIDSNA STYLE プレゼントキャンペーン
モニター&アンバサダーの方に抽選で素敵な賞品をプレゼント!

モニター&アンバサダーの登録がまだの方は、ぜひこの機会にご応募ください。
記事を読む

[PR]手軽に栄養をカバーできる「明治ミラフル」を体験

子どもの栄養が心配なママ必見!幼児期に必要な栄養素を徹底解剖!
子どもの栄養摂取に悩むママ・パパも多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、日本の子どもの栄養不足について小児科医の工藤紀子先生にインタビュー。

栄養が与える影響とご家庭でも気軽に楽しく栄養摂取できる方法をお伝えします。
記事を読む

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2022年08月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧