#082 今週ママ・パパに読まれた注目の記事4選

#082 今週ママ・パパに読まれた注目の記事4選

週末の空き時間におすすめの記事をご紹介。今週は7月15日〜7月21日のKIDSNAでもっとも読まれたベスト4をリストアップ。

メンタルヘルスや自身との向き合い方について対談

ママ友との付き合いは本当に必要?「孤独」は悪いことじゃない【藤本美貴×精神科医 藤野智哉】
今や生活に欠かせないインターネットやSNS。人と人とが簡単につながりコミュニケーション速度が早くなる一方で、リアルに人と向き合う時間が減少し、孤独感や喪失感に苛まれる人が増えているとも言われています。

そこで「KIDSNA TALK」第7弾では、タレントで3人のお子さんのママでもある藤本美貴さんと精神科医の藤野智哉先生にメンタルヘルスや自身との向き合い方についてインタビュー。今回は、「精神的孤独感」についてお話いただきました。

不妊治療を進めるうえでの不安や課題とは

【高尾美穂先生に聞く】不妊治療の前に知っておきたい身体と生活のコト
世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方や、体外受精による出生児数が増えていますが、実際に不妊治療を始める前にはどうすべきなのでしょうか。

多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのか、今回は産婦人科医の高尾美穂先生に詳しくお話を伺いました。

漫画家夫妻ならではの目線で見た子どもの姿

「子どもの興味・関心に寄り添うレッスン」美大出身ママのクリエイティブ子育て日記【第24回】
美大出身のクリエイターママ・一色美穂さんによる漫画連載第24回。

今回のテーマは「個人レッスンの体験」。ある日、ピアノの体験教室へ訪れたむっちゃん3歳とママ。グループ制と個人レッスン、どちらにすべきか迷うママですが体験後はどのような結果に……?漫画家夫妻のクリエイティブな目線で見たお子さんの姿や、子育ての日々を綴っていきます。

家族向け話題のスポット「ロマンスカーミュージアム」

ロマンスカーミュージアム貸切イベントに家族みんな大興奮!【小田急ONE子育て応援プログラム】
小田急電鉄が、「ONE(オーネ)子育て応援プログラム」の一環として、6月18日にロマンスカーミュージアム貸切イベントを開催!

KIDSNA STYLEはONE 子育て応援プログラムのメディアパートナーに就任しました。プログラム及びイベントの魅力をKIDSNAアンバサダー親子の感想とともにレポートします。

[PR]「ほんのハッピーセット」オリジナル絵本を体験

【保育士が教える】 子どもにきちんとテーマが伝わる!家庭でできる読み聞かせのコツ
子どもたちが大好きなマクドナルドの「ほんのハッピーセット」にこの夏、オリジナル絵本「さかなクンとうみのなかのがっこう」が登場!

保育のプロである保育士さんに教わった絵本が子どもに与えるポジティブな影響や読み聞かせのコツなどをレポートします。

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2022年07月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧