#080 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#080 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事をご紹介。今週は7月1日〜7月7日のKIDSNAでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

メンタルヘルスや自身との向き合い方について対談

仕事と家事・育児の両立が「つらい」ときの思考【藤本美貴×精神科医 藤野智哉】
予測不能な社会状況、SNSの幸せ自慢などのあふれる情報や人間関係のストレスなどから悲観的に考えるクセがついていませんか。

「KIDSNA TALK」第7弾では、タレントで3人のお子さんのママでもある藤本美貴さんと精神科医の藤野智哉先生にメンタルヘルスや自身との向き合い方についてインタビュー。第2回では、さまざまな不安やプレッシャー(圧)で「つらさ」を感じるときの考え方についてお話いただきました。

乳児を育てるママや妊婦さんのさまざまな悩みに回答

新生児科医ふらいと先生のお悩み相談室➆手洗い・消毒をしすぎることの弊害は?
Twitterフォロワー10.8万人!漫画『コウノドリ』取材協力&今橋先生の中の人としておなじみの新生児科医・今西洋介先生によるお悩み相談室。

乳児を育てるママや妊婦さんが抱きがちな不安をテーマに、さまざまなお悩みに回答していただきます。

漫画家夫妻ならではの目線で見た子どもの姿

「初めてのピアノ教室」美大出身ママのクリエイティブ子育て日記【第22回】
美大出身のクリエイターママ・一色美穂さんによる漫画連載第22回。

今回のテーマは「グループレッスンの体験」。ある日、ピアノの体験教室へ訪れたむっちゃん3歳とママ。でも、そこはグループ制で……上手くレッスンできるのでしょうか?漫画家夫妻のクリエイティブな目線で見たお子さんの姿や、子育ての日々を綴っていきます。

誰もが日常会話で政治を語ることができる世の中に

不満や不安を訴えても"問題児扱い"されない文化を【辻愛沙子】
子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。

この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘り。今回は、広告クリエイティブディレクターの辻愛沙子さんにお話を伺いました。

「諦めたら社会は変わらない」大人は子どもの伴走者に

家庭の政治教育は中立である必要はない【たかまつなな】
学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て、多方面から深掘りしていく連載企画。第二弾は、時事YouTuberのたかまつななさんにインタビュー。

政治や教育現場を取材し社会問題を伝える活動をしながら、お笑い×政治の出張授業を全国の学校や企業、自治体に届けている「株式会社笑下村塾」の代表も務める彼女に、政治教育の在り方について聞きました。

[PR]子どもの足の成長を見守る「KEEN」の靴を体験

0歳から考えよう。足育で大切なのは「靴選び」と「姿勢」だった。
子どもの足の成長と靴選びには深い関わりがあることをご存知でしょうか。今回の記事では「足育」の専門家である玉島先生にインタビュー。

成長期の子どもに合った靴選びや靴の履き方について詳しいお話を伺いました。

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2022年07月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧