#054 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#054 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事をご紹介。今週は12月18日〜12月23日のKIDSNAアプリでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

子どもの自己肯定感を高めるアートプログラムとは?

誰でも自然に「感性」が引き出されるアートプログラム【臨床美術】
元々は認知症の症状改善のために考案された「臨床美術」は、子どもの感性教育に効果が期待され、保育園や幼稚園、小学校の学校教育や児童養護施設など活動の幅を広げている。0歳から100歳まで、つまり誰もが自然に感性を呼び覚ますアートの手法とは。日本臨床美術協会に取材した。

年末年始の食卓を彩る「お取り寄せグルメ5選」

家族で楽しみたい年末年始のごちそう。お取り寄せグルメ5選
年末年始はイベントが盛りだくさん。年の瀬のごほうびに、新しい1年の始まりに、お取り寄せグルメを楽しんでみてはいかがだろう。豪華なメイン料理からドリンクまで、日本各地からお取り寄せできるおすすめのグルメを編集部が厳選してお届け。

お年玉の季節迫る!お金教育どうしてる?

【調査】おこづかい・お年玉をあげる前に考えたい!子どもの「お金教育」
2022年から高等学校の授業に組み込まれる「お金教育」。そこでKIDSNA編集部では0~10歳のお子さんを持つ保護者にアンケートを実施、お金教育についてどのような不安や疑問を持っているのかを調査した。「子どもにどのようにお金をあたえているか」という質問に対する6割超が示した回答とは。

あそびのプロ直伝「おうちあそび動画5選」

【ボーネルンド×KIDSNA】プレイリーダーが伝授!自由な発想であそべる動画5選
ボーネルンドには子どもが本能のままに楽しみながら、成長に寄与するあそびを生み出す「あそびのプロ」、プレイリーダーがいる。そんなプレイリーダーがパパ・ママたちに向けておうちで簡単にできるあそびを動画で提案。この機会に子どもの遊びの可能性を広げてみては?

【マンガ】実家に帰省、お年玉はどうする?

「義実家帰省、お金のやりとりが大変!」妻と夫が見ているコソダテ/夫編
育児や家事、子どもの教育……同じテーマでも、「妻視点」「夫視点」では考え方や価値観はどう違うのだろうか。漫画家・イラストレーターのおぐらなおみさんが、さまざまな家族、夫婦の物語を描く漫画連載。連載第38回は、実家に帰省した際のお年玉について。お金のやりとりについて、夫が思うこととは……。

[PR]1歳半から楽しめるレゴ®デュプロの魅力をレポート

「たのしい!」が一番!1歳半からのレゴ®デュプロ3つの新発見
低年齢幼児のことを研究してつくられた「レゴ®デュプロ」。今回の記事では3組の親子に遊んでいただき、新発見した魅力をレポート。非認知能力やコミュニケーションを育むレゴ®デュプロの感想は? 12月31日(金)までAmazonで使えるお得なクーポンコード配布中!

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2021年12月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧