#053 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#053 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事をご紹介。今週は12月11日〜12月16日のKIDSNAアプリでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

赤ちゃんの言語習得に重要なコミュニケーションとは?

乳幼児は何に注目して言語習得をしている?
赤ちゃんは、さまざまな周囲の環境から情報を読み取って言語を習得していくと考えらている。その際に大切になってくるのが、親と子が同じものを注視してコミュニケーションをとったり、親が子どもに注意を向けさせてコミュニケーションをとる「ジョイントアテンション」。その重要性について、自身も赤ちゃんを育てる、東京大学の辻先生に教えていただいた。

BabyTech®︎ Award Japan 2021の授賞式の様子をレポート

BabyTech®︎ Award Japan 2021 授賞式をレポート
妊娠・妊活、出産、乳幼児などの子育てを支援する、IoTやICT関連の商品・サービスの相称である「ベビーテック」。それらのベビーテック商品を各部門ごとに有識者が審査し、大賞と優秀賞が決定する「BabyTech®︎ Award Japan 2021」の授賞式を、KIDSNA編集部が取材した。

【マンガ】子どもへのお年玉はどうするのが正解?

「子どものお年玉、正解が分からない!」妻と夫が見ているコソダテ/妻編
育児や家事、子どもの教育で日々、ぶつかる壁や悩みは尽きない。同じテーマでも、「妻視点」「夫視点」では考え方や価値観はどう違うのだろうか。漫画家・イラストレーターのおぐらなおみさんが、さまざまな家族、夫婦の物語を描く漫画連載。今回は生後10カ月の甥っ子に、お年玉をあげるべきか悩む妻の視点でお届けする。

【レシピ動画】親子で楽しく作れるクリスマススイーツ

【クリスマススイーツ】チョコバナナサンタ
今回の「SATURDAY KITCHEN」は、来週に迫ったクリスマスに向けて、「チョコバナナサンタ」の作り方をご紹介。5ステップで簡単にできるスイーツは、小さな子どもといっしょにチャレンジするのにもぴったり。ぜひ、親子でクリスマススイーツ作りを楽しんでみては。

「ママ友ができない」というお悩みに吉田明世さんが回答

保育園生活5年でママ友ゼロ。仲良くなるコツが知りたい【吉田明世】
読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家が回答するお悩み相談コーナー。今回は、フリーアナウンサーの吉田明世さんが、子どもを保育園に入れて5年経つが、ママ友がひとりもできないという方の、ママ友の作り方についてのお悩みに答える。

[PR]家族の毎日を快適にする「オゾバリア」とは?

除菌・脱臭・持ち運び簡単!ママに嬉しい「オゾバリア」って?
オムツや汗など、暮らしの中でのにおいが気になる子育てママも多いのではないだろうか。しかし、換気や消臭スプレーなどの対策は、子育て中の忙しいママの負担になってしまうことも。さらに、最近は抗菌の必要性も高まっているが、子どもが遊んだおもちゃや家族が触れた家具をその都度アルコール消毒するのは大変だ。そんな悩みに寄り添う「オゾバリア」をママたちに使ってもらった様子をレポート。

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2021年12月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧