#026 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#026 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事を紹介。今週は5月31日〜6月3日のKIDSNAアプリでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

折り紙遊びから展開図の解き方を学ぶ

【あそんでまなぶ Edutainment】展開図を考えてみよう
日常のあそびの中から、さまざまな学びを得るための知育エンターテインメントを発信する「あそんでまなぶ Edutainment」。今回は、算数や数学といった学問で必須となる、頭の中で映像化をするイメージ力が必要な、展開図の解き方を考察。幼児期の子どもでもイメージしやすいよう、折り紙を使った考え方で解説していく。

世界的に関心が高まる、子どもの興味を「止めない」保育

「ダメ」「危ない」は言わない。子どもの興味を伸ばすニュージーランドの保育
計600日間で25カ国、「世界の子育てと保育を知るため」の世界一周の旅を行った保育士の久保田修平さん。第3回は、雄大な自然の中で子ども一人ひとりの興味を伸ばすニュージーランドの保育について紹介する。

教育に関するお悩みに花まる学習会代表の高濱先生が回答

高濱先生に聞く、夢中になれるものが見つからない親子への処方箋
読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家が答える人生相談コーナー。今回は花まる学習会代表の高濱正伸先生が、ゲーム以外に子どもが夢中になれるものがないというお悩みに回答。夢中になれるものや熱中できることの見つけ方、親から子どもへのアプローチ法について伝える。

梅雨の季節にぴったりのサイエンススイーツ

【スイーツ×サイエンス】水晶のようなレインドロップケーキ
スイーツ作りを通してサイエンスを学ぶ「SATURDAY KITCHEN」。今回は、見た目にも華やかな、つやつやでプルプルのレインドロップケーキの作り方を動画でご紹介。筑波大学のサイエンスコミュニケーターが監修し、なぜ水がゼリー状になるのか、その仕組みも詳しく解説する。

子どもが自然とトイレを意識できる絵本

おむつにさよなら!トイレトレーニングに役立つ絵本12選
始めたもののスムーズに進まない、おしっこはトイレでできるのにうんちができない、ひとりでトイレに行けないなど、子どものトイレトレーニングにまつわる悩みはさまざま。子どもが自然とトイレを意識でき、トイレトレーニングが楽しくなるような絵本12選を紹介する。

【PR】“ももくろちゃんZ”の知育番組をおうちで楽しもう

おうちでもっとももくろちゃんZが楽しめる!「とびだせ!ぐーちょきぱーてぃー Season 2」BD&DVD発売決定!
ももいろクローバーZ扮する“ももくろちゃんZ”が出演する、幼児向け知育バラエティ番組「とびだせ!ぐーちょきぱーてぃー」。人気のゲームコーナーや童謡コーナーなどがたっぷり収録された、Season2となるBD&DVDが7月7日(水)“七夕”に発売。子どもの好奇心と想像力を刺激するコーナーが盛りだくさんの番組を、ぜひおうち時間に楽しんでみては。

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2021年06月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧