0歳で保育園に預けて働くのはかわいそう?吉田明世さんにお悩み相談

0歳で保育園に預けて働くのはかわいそう?吉田明世さんにお悩み相談

読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回はフリーアナウンサーの吉田明世さんが「0歳から保育園に預けて復職することに罪悪感を感じる」というママのお悩みに答えます。

吉田明世

【お悩み】生後5カ月で保育園へ預けて働くことへの罪悪感があります

4歳、0歳女子のママ
生後5カ月の子どもを保育園に預けて、4月から復職しました。

でも、周りから「もう預けちゃったの?」とか「かわいい時期なのにもったいない」などと言われ、周囲の声は気にしなくてもいいつ思いつつ、子どもを保育園に預けた自分の判断が間違っていたような気分になります。

復職してまだ間もないので仕事に慣れず落ち込むこともあります。 吉田さんは同じようなご経験はありましたか?

【吉田明世さんの回答】子どもは保育園でしかできない素晴らしい経験をしています。自分の選択に自信をもって!

まずは、復職おめでとうございます!保育園に預けるタイミング、とてもとても悩みますよね。

生後間も無く保育園に預けた方の中には、待機児童にならないために早めに預ける方もいたり、大好きな仕事に早く復帰したくて預ける方、その事情はさまざまだと思います。

なんなのでしょうか、保育園に預けるときのあの罪悪感は。朝預ける時に子どもが泣くから?お母さんと一緒にいられなくて寂しい思いをさせてしまっているから?

それもあるかもしれませんが、やっぱり「赤ちゃんはお母さんとずっと一緒にいるべき」という固定観念からくる、「そんなに小さいのにもう預けるの?子どもが可哀想じゃない?」という周囲の何気ない一言なんですよね。

私も、10カ月の娘を保育園に預けた当初はなんとも言えない罪悪感でいっぱいでした。特に最初の1年は、朝のお別れのタイミングになるとこの世の終わりかというぐらい号泣。

「ママぁぁあ゛〜!!!」と手を伸ばしながら泣く姿に、何度胸がえぐられそうになったことか。

でも、お迎えの時に保育園の先生に「あのあとどうでしたか?」と聞くと、「あのあとお母さんが見えなくなるとすぐに切り替えてお友だちと楽しく遊んでいましたよ」とのお返事が。

そう、あれは子どもなりの演出だったりするんですよね(笑)。もちろん、その瞬間は本当に寂しくて泣いているのですが!

そんな娘も、今となっては「保育園に行きたい!」「お友だちと遊びたい!」と自分から言うほど保育園が大好きな場所になりました。

お家で家族と過ごすのもとても幸せな時間ですが、保育園で出会う友だちや、先生が工夫を凝らして提供してくれるお家ではできない遊び、保育園だからこそ学べる他者との関わりや社会を、早いうちから身につけることは子どもにとっても素晴らしい経験になると思うのです。

保育園に預ける=悪なんかでは全くありません。

仕事をしているお母さんも、仕事をしていないお母さんも、家族のために、毎日頑張っているのですから。自分の選択に胸を張っていきましょう!
No Image

吉田明世

吉田明世の記事一覧

1988年生まれ。2児の母。絵本専門士と保育士の資格を持つ。TBSのアナウンサーを経て2019年2月にフリーになり、現在はテレビ番組にとどまらず、ラジオ、イベント、講演会など、多彩に活躍。

Instagram(@akiyo0414)
今読みたい記事に出会える!!
▼▼▼今すぐアプリをダウンロード!▼▼▼

2021年05月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ