【吉田明世さんに相談】3歳娘の叱り方で夫婦喧嘩になります

【吉田明世さんに相談】3歳娘の叱り方で夫婦喧嘩になります

読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。第1回はフリーアナウンサーの吉田明世さんが、子育てのお悩みに答えます。

吉田明世

【お悩み】3歳娘のイヤイヤに厳しく叱る夫、私の叱り方が甘いのでしょうか?

3歳女子・0歳女子のママ
3歳娘の、保育園に行く時間になっても着替えない、お風呂に入りたがらない、ご飯を食べない、おもちゃを片付けないなどの行動について。

これらの日常のささいなことでも夫は厳しく叱りつけ、子どもが泣くこともあります。私はイヤイヤは3歳ならある程度仕方のないことかなと思うのですが、夫からは私の叱り方が甘いとよく怒られ、そのことで夫婦喧嘩になります。

まだ3歳なのに厳しく叱りつける必要はあるのか気になっています。また、子育てのスタンスが夫婦で異なる場合、どのようにすり合わせていくべきでしょうか。

吉田明世さんの回答

イヤイヤ期の育児、本当に大変ですよね。そのくらいの年齢になると、言葉も通じるからこそ、思い通りに動いてくれないことにモヤモヤしたり、どうして何度も言ってるのにわかってくれないの?と、イライラしてしまったり……。我が家も、娘のイヤイヤ攻撃で夫婦仲まで険悪になってしまったことが何度もあります!

まず、イヤイヤ期のお子さんを厳しく叱りつける必要があるのか、ということについて。

私自身は、そこまで厳しくする必要はないかなと思っています。もちろん、お友だちを傷つけてしまった時や、悪いことをした時などは、何がダメだったのか、ある程度厳しく伝える場面も必要かと思います。

でも、いつも厳しくしすぎてしまうと、子どもの自己肯定感が低くなってしまうのではという心配もあります。また、基本的にそのくらいの年齢の子どもは思い通りに行動してくれないことの方が多いので、その度に叱っていると何だかいつもピリピリしてばかりで、子育てを"楽しむ"余裕がなくなってしまいます。

イヤイヤ期の子どもって、その瞬間は途方に暮れてしまうほど大変ではあるのですが、振り返ればきっと一番可愛い時期でもあるはず。せっかくなら、叱ってばかりでなく、その可愛さも噛み締めながら、イヤイヤ言ってる子どもを笑い飛ばせるくらいの余裕があればいいなぁ、なんて思っています。それでも、どうしても言うことを聞いてくれず、困ってしまうこともありますよね。

そんな時、我が家では子どもが納得して次の行動に進めるように、"ワンクッション作戦"を実行。

なかなか遊びをやめてくれない時は「あと3分遊んだら、お片付けね。」、お風呂に入りたくない時は「(時間を決めて)時計の針がここまできたら、一緒にお風呂場まで競争しよう!」など、次の行動を促す前にワンクッション入れてあげると、心の準備が整い、気持ちもうまく切り替えられて納得して行動に移ってくれたりします。

大人だって、趣味に夢中になっている時に、突然、「今すぐお風呂に入りなさい!」と言われたら戸惑いますよね。それはきっと子どもも同じなのだと思います。

また、夫婦での子育てのスタンスが違う場合どうしたらいいのか、ということですが、我が家も夫婦喧嘩をする時、不思議と娘のイヤイヤもいつも以上に激しくなります。ひょっとしたら、私たちの険悪な空気を感じ取っているからこその娘のSOSなのではないか?と思うようになりました。

それからは、子どもがなかなか言うことを聞いてくれない時こそ連携をとるようにしています。2人で厳しく叱るのではなくて、どちらか一方が厳しく叱った後は、どちらか一方が、子どもの気持ちに寄り添って、フォローするという役割分担をするように心がけています。

その方が、子どもも冷静になって自分の行動を反省したり、気持ちを切り替えたりできるように思うのです。物事の善悪をひとつひとつ理解していく大切な時期だからこそ、家の中でしてはいけないことなど、具体的なルールを家族で話し合うということが大切なのかもしれません。

夫婦であっても、生まれた環境も育ってきた家庭も違うから、子育てのスタンスが異なるのは、きっと普通のこと。自分にとっての常識や当たり前と思うことが、相手にとってはそうではないことの方が多いんですよね。だからこそ、自分の思いや、子育てに関する考え方を言葉で伝えるってすごく大切なのではないでしょうか。
No Image

吉田明世

吉田明世の記事一覧

1988年生まれ。2児の母。絵本専門士と保育士の資格を持つ。TBSのアナウンサーを経て2019年2月にフリーになり、現在はテレビ番組にとどまらず、ラジオ、イベント、講演会など、多彩に活躍。

Instagram(@akiyo0414)

2021年04月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧