#02 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#02 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事を紹介。今週は11月30日〜12月3日のKIDSNAアプリでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

外育で子どもの能力が伸びる理由

【図解/前編】脳科学者に聞く「外育で子どもの能力が伸びる理由」
家庭学習の時間が増えている今、アウトドアでの自然体験を通して子どもが遊びながら学べる「外育」が注目を集めている。なんとなく外へ連れ出し、遊んでいる姿を見守るだけではなく、その効果を知り、よりよい学びにするためにはどうしたらよいのか、東北大学教授の瀧靖之先生に脳科学の視点から話を聞いた。

探究心を育成するアメリカの学校

【アメリカ留学】子どもの探究心を原動力にする「Brightworks School」
フリーランス教育コンサルタントの萩原麻友さんが、短期・長期で小学生から入学できる世界各国の学校をセレクトする「世界の学校ガイド」。子どもが朝ごはんを食べるのも忘れて真っ先に登校する。下校時間になっても帰りたくない。週末が終わるのを泣きながら待ち、月曜には学校に飛んでいく。テストも宿題も成績表もないのに、生徒たちが望めば名門大学に進学していく、というアメリカのBrightworks School(ブライトワークス・スクール)を紹介。

母乳の免疫とミルクの免疫

赤ちゃんを感染から守る母乳の免疫。ミルクで免疫力はつかないのか
母乳には赤ちゃんを感染症から守る免疫が含まれているといわれています。、母乳に含まれる免疫成分や、ミルクを与える場合の免疫について産婦人科医の笠井靖代先生(日本赤十字医療センター)監修のもと解説。

日本と海外の違い・「コミュ力」の本質

【廣津留真理】娘をハーバードに送った母が語る、親に必要な「編集力」
子どもには世界に通用する大人に育ってほしいと、幼児期からさまざまな教育法に触れさせる保護者は多いだろう。では実際に、世界トップの大学に通う生徒に共通するスキルとはどんなものか?一人娘の廣津留すみれさんを地元の公立高校からハーバード大学に送り、現役ハーバード大生を講師陣に迎えたサマースクールを主催する廣津留真理さんに聞いた。

子どものデリケートな歯や歯ぐきをやさしくケア

口に入れるものだからこそシンプルに。子ども向けオーラルケア6選
一生ものの歯を健康に保つため、小さいころから気にかけたいオーラルケア。毎日口に含むものだから、安全でなおかつ効果があるものを使いたい。ナチュラルな素材や無添加にこだわったオーガニックの製品など、子どものデリケートな歯や歯ぐきをやさしくケアしながらしっかり虫歯予防もできる、オーラルケア用品をピックアップ。

[PR]子どもの鼻水・鼻づまり「あるある」と対処法

保育士さんに聞いた!かぜの時の「子どもの鼻水・鼻づまり」あるある。その対処法とは?
日常的によくみられる子どもの鼻水・鼻づまり。なるべく早く解消してあげたいですよね。今回KIDSNAでは、現役保育士のママに「子どもの鼻水・鼻づまり」に関するアンケートを実施。保育園でのあるあるシーンや、保育士目線での対応方法を紹介。

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2020年12月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ