子どもの教育に関する記事を読むなら「KIDSNA」

教育

「教育」についての記事をまとめたページです。(15ページ)子どもの習い事、英語教育、お受験、食育、しつけなど、ママ、パパが今一番知りたい内容盛りだくさん。幼児期の子どもから小学生まで、いつ誰からどんなことを学べばよいのか、年齢別で詳しく解説。明日から使える情報満載、ぜひご覧ください。

  • 今すぐできる!元幼稚園教諭が実践した「子どもの好き嫌い」を克服する方法

    今すぐできる!元幼稚園教諭が実践した「子どもの好き嫌い」を克服する方法

    筆者が幼稚園教諭をしていたとき、子どもの好き嫌いが多くて困っているという悩みを抱えるママたちが多くいました。実際に好き嫌いを克服した子どもの例を取り上げながら、家庭でも明日から実践できる方法を紹介します。

  • 「子は親の鏡」。声かけのコツ、1歳から小学生まで年齢別の接し方

    「子は親の鏡」。声かけのコツ、1歳から小学生まで年齢別の接し方

    子どもに対して「もっとこうなってほしい」という理想はたくさんあると思いますが、実は親の接し方や姿が影響しているのかもしれません。大人の見方や言葉がけが変われば、子どもも変わってくるのではないでしょうか。ママたちが「これならできそう」と思える言葉がけや接し方のコツをご紹介します。

  • これからは英語が必須?バイリンガル教育と子育て、海外の英語教育事情など

    これからは英語が必須?バイリンガル教育と子育て、海外の英語教育事情など

    小学校の教育において英語が必修科目(予定)となる2020年まで数年。「グローバル」という意識がより強くなっている昨今、バイリンガル教育を考える両親も多いと思います。子育てや習い事の中で「英語」は最も頻繁に使われるキーワードではないでしょうか。実際のバイリンガル子育てを見て感じたこと、また海外での英語教育事情など、筆者の体験を交えて紹介していきます。

  • 子どもに「お手伝い力」をつけさせて、ママの時間を15分有効に

    子どもに「お手伝い力」をつけさせて、ママの時間を15分有効に

    子育てをしているとなにかと「時間が足りない」「自分の時間が欲しい」と感じることがありますよね。KIDSNA編集部でも出勤時に「洗濯物をたたむところまでやりたかったけれど時間が…」のような声をよく耳にします。 時間マネジメントコーチの山中真理子先生に「子どもの家事」を通してママの限られた時間を有効に使うにはどうしたらいいかを教えてもらいました。

  • 親が感情的になるとうまく伝わらない、子どものしつけ。効果的な叱り方とは

    親が感情的になるとうまく伝わらない、子どものしつけ。効果的な叱り方とは

    保育園や幼稚園で子どもがお友達とうまくやっていけるか、生活習慣はどこまで身に着けておけばいいのかに不安を感じているパパやママは多いと思います。子どものしつけにはつい多くのことを求めてしまいがちですが「最低限このことを身につけておけば大丈夫」ということを考えてみました。

  • new

    子どもの学費、いつからどうやって貯める?今どきの保険選びとは

    子どもの学費、いつからどうやって貯める?今どきの保険選びとは

    子どもの学費や教育費、準備方法はどう考えていますか?とりあえず学資保険に加入しようと考えているママも多いのではないでしょうか。加入するなら、家庭に合ったタイプを選びたいですよね。今回は正しい保険選びや家計運営など、ママたちの悩みにこたえてくれるサービスについてご紹介します。

    保険マンモス株式会社

    PR

  • 将来「伸びる子」になる第一歩。3歳からできる、親子アサガオ観察

    将来「伸びる子」になる第一歩。3歳からできる、親子アサガオ観察

    40年中学受験に関わる西村則康先生は、幼児期にたくさん「なんでだろう」を経験した子が将来伸びる、といいます。では、親がしてあげられることはどのようなことなのでしょうか。日常生活の中ですぐにできる、自然観察のポイントを教えていただきました。

    西村則康

  • 「子ども留学」はいつから?就学前に知っておくべき費用や注意点

    「子ども留学」はいつから?就学前に知っておくべき費用や注意点

    グローバル化する社会で、未来を担う子どもたちはさらに英語力が必要とされていくことでしょう。そのような社会で生きていくため「将来子どもを留学に行かせたい」と考えるママも多いのではないでしょうか?今回は生きた英語を学べる「留学」という選択肢について、留学の現状や費用などを調査してみました。

  • なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい

    なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい

    『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身につけさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴です。筆者は、長年欧米文化に触れてきて、文化の違いに驚き、考えることが多々ありました。そんな筆者に、今回はとても面白いテーマをいただきましたので、それについて書いてみたいと思います。「英語にはなぜ夫婦という単語がないのか」という疑問です。

    平川裕貴

  • 話題の男性保育士、てぃ先生が教える。朝、登園前の5分でできる子どもとのスキンシップ方法

    話題の男性保育士、てぃ先生が教える。朝、登園前の5分でできる子どもとのスキンシップ方法

    朝、子どもを園に預ける時は、できれば笑顔で気持ちよくお別れしたいですよね。そこで今回の記事では、子どもがうまく気持ちを切り替えられるスキンシップや言葉がけについて、てぃ先生に考えていただきました。

    てぃ先生

  • 5歳までのしつけや環境が人生を決める。ニュースでよく耳にする「教育格差」とは?

    5歳までのしつけや環境が人生を決める。ニュースでよく耳にする「教育格差」とは?

    今回は、ニュースなどでよく取りざたされている「教育格差」についての記事です。「どの親の元に生まれたかによって子どもの学力に大きな格差が生じる」といわれるこの社会問題を把握し、意識していくことが大切なのではないでしょうか。子どもの将来のために今してあげられることは何かを夫婦で話し合い、格差を感じない教育環境づくりをしてみませんか。

  • 容量気にせず写真を保存!簡単整理で子どもの思い出をフォトカレンダーに残そう

    容量気にせず写真を保存!簡単整理で子どもの思い出をフォトカレンダーに残そう

    手軽に撮影できるようになり、スマホの中が子どもの写真と動画でいっぱいのママは多いのではないでしょうか。一方、写真の整理やその後の活用方法に悩んでいるママが多い様子。今回、キズナ編集部ではママ達に子どもの写真整理についてのアンケートを実施しました。ママ達のリアルな悩みと、その解決策についてご紹介します。

    株式会社TIMERS

    PR

  • 子どもの本当の自立とは。「競争」よりも「協力」を大切にすること

    子どもの本当の自立とは。「競争」よりも「協力」を大切にすること

    子どもに自立してほしいという気持ちを持つのは、親として自然なこと。でも、本当の意味での自立とはどのようなことなのか、考えたことがあるでしょうか。「ひとりではできないことも、周りの人の助けや協力で何かを成し遂げることが、本当の自立」という《おへそ保育園園長の吉村直記さん》のコラムです。

    吉村直記

  • 【無料体験実施中】 3歳までに育む人間性と愛情の絆。子どもと学ぶ「ママのための親子教室」

    【無料体験実施中】 3歳までに育む人間性と愛情の絆。子どもと学ぶ「ママのための親子教室」

    3歳までの育児の重要性について、耳にしたママも多いのではないでしょうか?早い時期から教育に励みたくても、何をどのように進めればよいのか悩みますよね。そんなママに向けて、生後2カ月から通える子どもといっしょに学ぶ「ママのための親子教室」をご紹介します。

    株式会社TOEZ

    PR

  • 子どもの習字教室は根強い人気で海外でも注目の的!書道との違いとは?

    子どもの習字教室は根強い人気で海外でも注目の的!書道との違いとは?

    ママ世代が子どものころ定番だった「習字教室」の人気は今でも不動のようです。また、日本の文化である習字・書道は海外でも注目されています。子どものうちに習字を習うと、どのようなメリットがあるのか。「習字」と「書道」はどのような違いがあるのか、について考えてみました。

  • 週末が変わると、平日も変わる。子どもとの遊び方第2弾「家事をワクワクに変換する」

    週末が変わると、平日も変わる。子どもとの遊び方第2弾「家事をワクワクに変換する」

    日々のルーティンワークである家事ですが、子どもにとっては大好きなママやパパといっしょにできる「楽しいこと」かもしれません。でも、つい大人がやった方が早いと考えてしまいがちではないでしょうか。それをちょっとした心がけで「子どもといっしょにワクワクできること」に変換できると提案するのは、子育てに関する著書やメディア出演などで活躍中の久留島太郎さん。コラム第2弾です。

  • 中学受験の専門家が考える「6歳までにしておくべきこと」と、幼児期の英才教育について

    中学受験の専門家が考える「6歳までにしておくべきこと」と、幼児期の英才教育について

    子どもにとって中学受験はまだ先のこと、と考える方も多いと思いますが、本当にそうなのでしょうか。実は中学受験の準備として、幼児期にしかできないことがあるそうです。今回の記事は、40年中学受験に関わる西村則康先生に「6歳までにしておくべきこと」と、幼児期の英才教育についてご執筆していただきました。

    西村則康

  • 「ごめんね」を言えない子どもには、まずは親が素直に謝る姿を見せるべき

    「ごめんね」を言えない子どもには、まずは親が素直に謝る姿を見せるべき

    子どもが悪いことをするとつい謝りなさいと叱ってしまうことがありませんか。子どもが自分から「ごめんね」と言えるのが理想ですよね。そこで今回の記事では、子どもが謝れない理由や「ごめんね」を言いやすくするためのコツについて考えてみました。