出産後に使うブラジャーのサイズ。ママの体の変化にあわせた選び方

出産後に使うブラジャーのサイズ。ママの体の変化にあわせた選び方

ノンワイヤータイプやコットン素材など

出産準備などで産後用のブラジャーを用意するときに、サイズ選びなどで迷う妊婦さんもいるようです。今回は、出産後のブラジャーを選ぶときのポイントや意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

出産後のブラジャーについて知りたいとき

出産や入院の準備をしている妊婦さんのなかには、産後にどのようなブラジャーを用意しようか悩む方もいるのではないでしょうか。出産してからさまざまな体の変化を感じて、産後用のブラジャーを新しく用意したいと考えるママもいるかもしれません。

今回は、出産後につけるブラジャーを選ぶポイントなどについて、ママたちの体験談をもとにご紹介します。

ママたちが出産後に使ったブラジャー

実際に、ママたちは出産後にどのようなブラジャーをつけていたのでしょうか。出産後につけたブラジャーの種類について、出産してすぐの産褥期と産褥期を経過してからの期間にわけてママたちの声をご紹介します。

産褥期のブラジャー

新生児に授乳するママ
Zurijeta/Shutterstock.com
30代ママ
病院の助産師さんから、出産してすぐの期間は胸が張ることもあるので、きつくない下着をつけるように言われました。ノンワイヤーのブラジャーはきつく感じにくく、出産後の入院中や退院してからもすごしやすかったです。
産褥期にノンワイヤーのブラジャーをつけたママがいるようです。他にも、内側にカップがついたハーフトップやキャミソールなどを、ブラジャーの代わりに着ていたというママの声も聞かれました。

産褥期後のブラジャー

20代ママ
産後しばらくすると、人と会うことや赤ちゃんの予防接種などで外出する機会もあると思います。外出するときは、胸をきれいな形に整えてくれそうなソフトワイヤー入りのブラジャーを用意しました。
産褥期をすぎて体調が整ってきた時期に、胸の形を補正する機能などもついたブラジャーを用意したママがいるようです。ワイヤー入りのブラジャーは、授乳期の重たい胸をしっかり支えてくれたというママの声もありました。

自宅ですごすときと外出用で、ブラジャーを使いわけてもよいかもしれませんね。

出産後のブラジャー選びのポイント

出産後に使うブラジャーを用意するときは、どのようなことに気をつけて選ぶとよいのでしょうか。出産後のブラジャー選びのポイントについて、ママたちに聞いてみました。

サイズ

メジャー
gresei/Shutterstock.com
30代ママ
締めつけの少ないものがすごしやすそうだと思い、少しゆとりがあるLサイズの産後用ブラジャーを用意しました。目安の胸囲やアンダーバストのサイズが書いてあったので、事前に採寸しておくとよいと思います。
40代ママ
私の場合は、出産後に胸が張って大きくなった後、張りが落ち着いて少しサイズダウンしました。産後の体の変化にあわせて、サイズを調節できるブラジャーだと長く使うことができるかもしれません。
出産後に使うブラジャーには、通常のカップ数やアンダーサイズが表示されたもの以外に、S、M、Lなどでサイズわけされたものもあるようです。ブラジャーの締めつけが気になる場合は、ゆとりをもったサイズ選びをするとよいかもしれませんね。

また、サイズ選びに悩んだママのなかからは、4段階ホックでアンダーバストのサイズが調節できるブラジャーを選んだという声も聞かれました。

素材

20代ママ
柔らかい肌ざわりのオーガニックコットンのブラジャーを選びました。出産後に体質が変わることもあるので、肌に優しそうな素材のブラジャーを選ぶと安心して使えると思います。
出産後の体の変化を考えて、肌に優しそうな素材のブラジャーを選んだというママの声がありました。つけ心地を考えて、ブラジャーのストラップやアンダー部分に伸縮する素材が使われたものを選んだママもいるようです。

デザイン

20代ママ
出産後のブラジャー選びでは、授乳のしやすいデザインもポイントだと思います。私は、カップを下にずらすだけでサッと授乳できる「クロスオープンタイプ」のブラジャーを選びました。
30代ママ
私は、フロント部分についたスナップボタンで開閉するタイプのブラジャーを選びました。大きく開いてカップ部分を折りこむとブラジャーが赤ちゃんの顔に当たりにくく、横抱きでの授乳がしやすいです。
出産後につけるブラジャーには、カップ部分の生地がバストのフロントで重なるようなデザインのクロスオープンタイプや、前開きのフロントオープンタイプなど、授乳がしやすいように工夫されたものもあるようです。それぞれの授乳スタイルにあった、使いやすいデザインのブラジャーを選べるとよいですね。

出産後のブラジャーの使い方で意識したこと

出産後にブラジャーを使うときは、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。ママたちに聞いた、出産後のブラジャーの使い方で意識したことについてご紹介します。

母乳パッドを使う

20代ママ
出産後は母乳が自然にあふれてきてしまうことがあったので、母乳パッドを使いました。ブラジャーのカップの内側に母乳パッドをつけて、汚れたら取り替えます。
出産後、ブラジャーに母乳がしみてこないように母乳パッドをつけたママがいるようです。使い捨てタイプの母乳パッドが便利だったというママの声も聞かれました。

体調にあわせる

30代ママ
出産後に胸が張って、ブラジャーをつけると痛いと感じることがありました。体の調子がいつもと違うときは無理をしてブラジャーをつけず、すごしやすい下着を選ぶことも大切だと思います。
出産後は、ママの体調も変化しやすいかもしれません。胸の張り具合や肌の調子など、ママの体にあわせて心地よい下着を選べるとよいですね。

出産後の体にあったブラジャーを用意しよう

妊婦さん
leungchopan/Shutterstock.com

出産後のブラジャーについて、ママたちからは授乳しやすそうなデザインや、サイズにゆとりがあるものを用意したという声が聞かれました。ノンワイヤーやワイヤー入りなどいくつかのタイプのブラジャーを用意して、シーンにあわせて使いわけてもよいかもしれません。

ママの体調も考えながら下着を選び、産後を快適にすごせるとよいですね。

2020年03月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

準備の関連記事

カテゴリ一覧