ママに贈る出産祝いで喜ばれる品と選び方

ママに贈る出産祝いで喜ばれる品と選び方

お菓子や美容系など

赤ちゃんが誕生した出産祝いの贈り物として、アイシングクッキーやチョコレート、ドライフルーツなどお菓子やノンカフェインやデカフェ飲料といっしょに贈ることも多いかもしれません。また、ボディクリームやハンドクリーム、ベビーローションなども選ばれるようです。今回は実際に贈って喜ばれた品をご紹介します。

ママに贈る出産祝いの選び方とポイント

ママに喜ばれる出産祝いはどのような視点で選ぶとよいのでしょうか。

かわいい、おしゃれな出産祝い

見た目がかわいい、おしゃれなものはママに喜ばれるかもしれません。お出かけのときに役立つおしゃれな洋服やスタイ、デザイン性の高いおもちゃ、おしゃれなオムツケーキもうれしかったというママもいました。

実用的な出産祝い

出産祝いは子どものための品が多くなりがちですが、ママも使える実用的なものを贈ると喜ばれるかもしれませんね。例えば、ノンカフェイン、デカフェのコーヒーや紅茶を贈るとママのリラックスタイムに役立つようです。そのほかにも、親子で使えるボディクリームやローションを贈ったら喜ばれたという声もありました。

育児に役立つ出産祝い

子供服
© NOBU - Fotolia

使うのが少し先になるかもしれませんが、育児に役立つ品を贈るのもよいのではないでしょうか。離乳食セットやお食事用スタイ、大きくなってから使えるボールなどのおもちゃなどが喜ばれるようです。

メモリアルな出産祝い

写真立てや名前入りのリュックやタオルなど、記念になるものをもらうとうれしかったというママの声がありました。

赤ちゃんの身のまわりのもの

赤ちゃんの身のまわりのものだと、日常的に使うものなので役に立つかもしれませんね。選びやすいものをいくつか紹介致します。

バスポンチョ

お風呂上りにさっとかぶせるだけの、バスポンチョを選んでみてはいかがでしょうか。赤ちゃんが歩くようになってから役立ったというママの声がありました。

タオルセット

上質なタオルや、名前入りのタオルセットを贈るのもよいようです。自分ではなかなか赤ちゃん用のタオルを買わないので、もらうとうれしいというママもいました。

スタイ

スタイは洗い替えが必要なため、何枚あってもうれしいというママの声がありました。出産祝いとして贈るなら、お出かけや写真撮影のときに着用できるような特別なものやおしゃれなものがよいかもしれません。

出産祝いに贈る食べ物、お菓子

出産祝いに食べ物やお菓子を贈る場合のポイントをご紹介します。

ドライフルーツ

ドライフルーツ
iStock.com/bhofack2

母乳育児のママを気づかい、ドライフルーツを贈る人もいるようです。オーガニック製法のドライフルーツなど、喜んでもらえるかもしれません。

チョコレート

チョコレートが好きなママには、デカフェ飲料などといっしょに贈るとよいかもしれません。育児の合間にひと息ついてもらえたらうれしいですね。

クッキー

赤ちゃんの名前や体重を入れたアイシングクッキーを贈る人もいるようです。かわいいベビーグッズをモチーフにしたものとセットになったものをあげたら喜んでもらえたという声もありました。

出産祝いに贈るママが使えるもの

ママに向けた実用的な出産祝いをご紹介します。

ハンドクリーム

赤ちゃんが生まれると、洗濯や洗い物をする機会が多くなるママもいるようなので、ハンドクリームを出産祝いに贈る人もいるようです。好きな香りなら使うたびに癒されるというママの声がありました。

ボディクリーム

産後の体をいたわるためのボディクリームを贈ると、喜ばれたというママもいるようです。ママだけでなく、赤ちゃんもいっしょに使えるオーガニックなものなどを贈るとよいかもしれません。

ローション

ベビーローションも出産祝い品として選ばれているようです。ママと赤ちゃんがいっしょに使えるように、無添加、無香料のものを選んでみてはいかがでしょうか。自分で買うには少し高いと感じるものを選ぶと喜ばれた、という声がありました。

ママの趣味に合わせて出産祝いを選ぼう

赤ちゃんをあやすママ
iStock.com/Satoshi-K

育児の合間にひと息つきたいとき、お菓子やノンカフェイン、デカフェ飲料があるとうれしかったというママの声がありました。アイシングクッキーやチョコレート、ドライフルーツなどママの好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。また、実用的な品としてハンドクリーム、ボディクリーム、ベビーローションを贈るとよいかもしれません。ママや赤ちゃんのことを考えて、出産祝いを選んでみてくださいね。

2019年03月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

出産祝いの関連記事

カテゴリ一覧