子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

出産祝いのリクエストを聞かれたときの返事の仕方は?友だちへの答え方や相場など

出産祝いのリクエストを聞かれたときの返事の仕方は?友だちへの答え方や相場など

出産祝いのリクエストを友だちや同僚に聞かれたときに、聞き方によって具体的な品物を伝えてよいのかや、メールで返事をしてもよいのか悩むこともあるようです。今回の記事では、二人目などシーン別の答え方、リクエストするときの相場や、答え方のポイントについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

出産祝いのリクエストを聞かれた?

赤ちゃんが生まれたときに、友だちや職場の同僚から出産祝いは何がよいか聞かれたママもいるのではないでしょうか。実際に、出産祝いのリクエストを聞かれたのかママたちに聞きました。

聞かれた

「初めて出産したときに、職場の同僚に出産祝いのリクエストを聞かれました。必要なものを贈りたいからと言われたので、自分や赤ちゃんに必要なものを考えて返事をすることができました」(20代ママ)

「二人目の赤ちゃんが生まれたときに、親しい友だちに出産祝いのリクエストを聞かれました。『一人目が生まれたときにもらったベビー用品もあるだろうから必要なものを教えて』といった聞き方をされたので必要なものをリクエストしやすかったです」(30代ママ)

出産祝いのリクエストを友だちや同僚に聞かれることがあるようです。ママのなかには、赤ちゃんのお世話で連絡をとれる時間が不規則だったため、相手が気を使ってメールでリクエストを聞かれたという声もありました。

聞かれなかった

iStock.com/a_namenko

「初めて出産をしたときには、出産祝いのリクエストは聞かれませんでした。友だちが私と赤ちゃんに必要だと思うベビー用品を考えて選んでくれました」(20代ママ)

「出産祝いのリクエストは聞かれませんでしたが、職場の同僚に私が使いやすいものをお店のスタッフに相談して選んだと言われ、とても嬉しく思いました」(30代ママ)

出産祝いのリクエストは聞かれず、相手が赤ちゃんやママのことを考えて選んでくれることもあるようです。ママのなかには、友だちから出産祝いを選ぶことが楽しかったと言われて嬉しかったという声もありました。

出産祝いのリクエストの答え方

出産祝いのリクエストを聞かれたママたちはどのような答え方をしているのでしょう。

欲しいものがある場合

「友だちに出産祝いのリクエストを聞かれたときに、ちょうど欲しいものがあったのでネットショップなどで種類や値段を調べて具体的に伝えました」(20代ママ)

「妹に出産祝いのリクエストを聞かれたので、予算を聞いてから欲しいものを選んで返事をしました」(30代ママ)

出産祝いのリクエストを聞かれたときに、具体的に欲しいものを答えたというママがいました。せっかくの出産祝いなのでママや赤ちゃんに必要なものを贈りたいと考えてリクエストを聞いてくることから、品名やサイズ、色など具体的に返事をするとよいかもしれません。

欲しいものが思いつかない場合

iStock.com/Auseklis

「友だちに出産祝いのリクエストをメールで聞かれましたが、特に思いつかなかったので、おむつなどの消耗品をもらえたら嬉しいと返事をしました。後日、かわいいおむつケーキをもらいました」(20代ママ)

「姉から『出産祝いは何がよい?』という聞き方をされたのですが、初めての出産なので『何がよいかわからない』と返事をしました。そこで、姉は自分がもらって嬉しいと感じたものを私に選んでくれました」(20代ママ)

出産祝いのリクエストを聞かれたときに特に思いつかない場合は、相手が選びやすいような答え方をするとよいかもしれません。他には、友だちから『ベビー用品では何を持っている?』という聞き方をしてもらったことで、持っているものとかぶらず嬉しかったというママの声もありました。

二人目の子どもの場合

「二人目の子どもが生まれたときに、友だちに出産祝いのリクエストを聞かれました。一人目の出産祝いにもらって使えるものもあったので、手頃な値段で足りないものについてメールで詳しく返事をしました」(30代ママ)

二人目の子どもが生まれたときには、すでに持っているベビー用品もあるということから、友だちや親戚などから出産祝いのリクエストを聞かれることがあるかもしれません。ママのなかには、一人目のときに何枚も必要だと感じたスタイやガーゼをお願いしたという声もありました。

出産祝いをリクエストするときのポイント

出産祝いをリクエストするときのポイントをママたちに聞いてみました。

相場を考える

「親しい友だちに出産祝いのリクエストをメールで聞かれたので、3000円から5000円のものを選んで返事をしました。ネットショップで値段を確認してからメールをしました」(30代ママ)

「姉に出産祝いのリクエストを聞かれたので、10000円ほどのベビードレスをお願いしました。記念になる出産祝いになりました」(20代ママ)

出産祝いのリクエストを聞かれたら、相場を考えて返事をするとよさそうです。他には、親しい友だちには5000円くらいのものをお願いしたけれど、職場の同僚には3000円くらいのものをリクエストしたというママがいました。

具体的な品物を伝える

「友だちから、『すぐに使えるアイテムを出産祝いにしたいので教えてほしい』という聞き方をされたので、やわらかいタオルが欲しいと返事をしました。具体的な品物を伝えることで選びやすくてよかったと言われました」(30代ママ)

出産祝いのリクエストをする場合は、ある程度具体的な品物を伝えると、相手も選びやすいようです。また、欲しいものの候補をいくつか考えて伝えることで、相手も選びやすいかもしれません。

長く使えるアイテムを選ぶ

「妹に出産祝いのリクエストを聞かれたので、長く使える知育玩具が欲しいと返事をしました。子どもが5歳になった今でも喜んで使っているので、リクエストしてよかったです」(30代ママ)

親しい人に出産祝いをリクエストするときには、長く使えるものを選ぶママもいるようです。赤ちゃんが大きくなっても使っている様子を見れば、贈ってくれた相手も喜んでくれるかもしれませんね。

出産祝いのリクエストは相手が選びやすいものを

iStock.com/kohei_hara

友だちや親戚などから『出産祝いに欲しいものは?』と、出産祝いのリクエストを電話やメールで聞かれることがあるようです。二人目の場合や、相手の聞き方にあわせて具体的な品名を返事したり、相場考えたリクエストの答え方をするとよいかもしれません。

贈ってくれる相手が選びやすい出産祝いのリクエストができるとよいですね。

2018年08月11日

出産祝いの関連記事
カテゴリ一覧