子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

産後に服が似合わないと感じるとき。サイズや授乳などを考えた服選び

産後に服が似合わないと感じるとき。サイズや授乳などを考えた服選び

産後の服を選ぶときに、産前の服では似合わないと感じ、サイズ選び方のおすすめを知りたいと思うママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、産後の服選びのポイントや授乳を考えて選んだ服をママたちの体験談を交えながらご紹介します。

産後に服が似合わないと感じるとき

出産後しばらくして産前の服を取り入れたコーデをしようと考えたときに、ママたちは服が似合わないと感じることがあるようです。実際に、ママたちはどのようなときに、服が似合わないと感じたのか聞きました。

着られる服が産前の好みと違う

「産前はスカートを好んでよく履いていたのですが、産後は赤ちゃんのお世話のしやすさを考えてパンツをよく履くようになりました。今まではスカートと相性のよいトップスを選んでいたので手持ちの服とのバランスが悪なったと感じ、自分に似合わないなと思いました」(20代ママ)

「妊娠前は細身のワンピースが好きで着ることが多かったです。産後は、授乳のしやすさを考えた服を用意することが多く、シルエットが産前と違うことで自分には似合わないと感じています」(30代ママ)

産後は着られる服のデザインが産前の好みと違うことで、これまでの服が似合わなくなったと感じたママがいました。妊娠による体型の変化や、赤ちゃんへの授乳のしやすさを考えて服を選ぶ場合、どのように自分に似合う服を選べばよいか迷うことがあるのかもしれません。

サイズがあわない

「私は産後、お腹や腰のサイズが変化しました。産前に着ていた服を着ようとするときついと感じることがあるので、体型の面でも産前の服が似合わないのではないかと思うようになりました」(30代ママ)

産後はお腹や腰回りなどのサイズが変化することで服が似合わないと感じることもあるようです。ママのなかには、産後に胸のサイズも変わったことで今までの服が着にくいと感じたという声もありました。

産後の服の選ぶときのポイント

産後に服が似合わないと感じるようになると、お店に行っても服選びに迷ってしまうかもしれません。実際に、ママたちに産後の服を選ぶときに意識したポイントを聞いてみました。

サイズ

赤ちゃんを抱くママ
iStock.com/Masao

「産後は胸が急に大きくなったことで、これまで着ていたトップスが似合わないと感じました。そこで、産前よりも1サイズ大きめのトップスを選んだところ、胸が強調されずに自然な見た目になったと思います」(20代ママ)

「動きやすさを考えて、大きめサイズの服を選ぶことが多かったです。赤ちゃんのお世話をしたときに苦しくないよう、ウエストがゴムで伸び縮みするタイプのズボンを選ぶこともありました」(30代ママ)

産前よりも余裕のあるサイズの服を選ぶことがあるようです。ママたちのなかには、動きやすさを考えてサイズだけでなく、伸縮性のある素材を意識して選んだという声もありました。

装飾が少ない

「先に出産した友人から、『産後は赤ちゃんを抱っこしやすいようビジューやパールなどがついていない服がおすすめ』とアドバイスをもらったので、シンプルなトップスを選んで着ることが多かったです」(20代ママ)

「装飾の少ないトップスはお手入れしやすいのでよく着ていました。赤ちゃんのお世話で服が汚れることがあっても、洗濯ネットを使わずに洗えるので家事にも時間がかからず楽でした」(30代ママ)

赤ちゃんのお世話のときのことや、お手入れのしやすさを考えて装飾の少ない服を産後に選んだママもいました。シンプルな服に物足りなさを感じる場合は、花柄やボーダーなどの生地自体に柄のあるトップスを選んでみるとよいかもしれませんね。

授乳しやすい

「産後は赤ちゃんを母乳で育てていたので、授乳しやすい服を選んで着ることが多かったです。縦に大きく授乳口を開くことのできるタイプが簡単に授乳できるのて便利」(30代ママ)

授乳しやすい服というのも産後の服選びのポイントのようです。授乳口つきではないタイプを選ぶ場合でも、授乳しやすいかどうかを意識しながら選んだというママの声もありました。

ママたちが授乳しやすいと選んだ服

手持ちの授乳服が似合わないと感じたときや、気に入った授乳服が見つからないときなど、普通の服を授乳服のかわりに着たいと考えるママもいるかもしれません。実際に、ママたちはどのような服を授乳しやすいと感じたのでしょうか。

シャツ

シャツ
iStock.com/popovaphoto

「前開きのシャツは、ボタンを外すだけですぐに授乳できるので便利でした。産後、お腹まわりのサイズが気になるうちは、ゆったりめのシャツを着ることで体型カバーもできたのでおすすめです」(30代ママ)

「シャツはカラーやデザインが豊富で、授乳もしやすいと思ったのでよく着ていました。あわせる服を選ばないので、コーディネートがしやすくておすすめです」(20代ママ)

ボタンを外すだけで授乳できて、コーディネートもしやすいシャツを産後に選んだママもいました。授乳中もおしゃれも楽しみたかったので、シャツワンピースにレギンスをあわせたというママの声もありました。

カシュクール

「パッと胸元を開けると簡単に授乳できるカシュクールを、着る機会が多かったです。きれいめなアイテムなので、会社に子どもを連れて挨拶に行くときなどにも違和感なく着られました」(30代ママ)

胸元の布をずらすだけで簡単に授乳できるカシュクールを着ていたというママもいました。シルエットもきれいなので、授乳が終わった後も活躍の機会があるアイテムかもしれませんね。

パーカー

「パーカーは授乳しやすいと感じました。特に大きめのサイズで前開きのパーカーは、なかに授乳口つきのトップスを着ることで、授乳ケープがわりにも使えたのでよかったです」(20代ママ)

パーカーも授乳するときに便利なアイテムのひとつのようです。ママのなかには、パーカーは授乳しやすいだけでなく、ニットキャップなどの小物を簡単にあわせるだけでおしゃれを楽しめるで重宝したという声もありました。

産後は服選びを工夫しておしゃれを楽しもう

ママと赤ちゃん
© kokouu - Fotolia

ママたちのなかには、これまで着ていた服が似合わないと感じたときなどに、産後の服の選び方のおすすめが知りたいと思うことがあるようです。産後は赤ちゃんのお世話をする機会も多いので、動きやすい大きめサイズの服や、授乳しやすい服などを選ぶとよいかもしれません。

授乳服がわりに使えるアイテムなども取り入れながら、産後のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2018年11月10日

産後の関連記事
カテゴリ一覧